天地有情

ConTeXt 雑記(2) --- Color

ConTeXt におけるカラーメカニズムの起動は\setupcolors[state=start]
指定しなければなりません.(デフォルトは[state=stop])

サポートされているカラーは RGB系とCMYK系です.デフォルトはRGB系となります.

使い方は次のようになります.

(1)新しいカラーを定義して使う場合.
\setupcolors[state=start]
\definecolor[mycolor] [r=0.0,g=0.5,b=0.0]

■短文にカラーを施す場合には
\color[mycolor]{....} あるいは, \colored[r=0.0,g=0.5,b=0.0]{...}
または,
{\mycolor ....} として利用できます.

■長文にカラーを施す場合には
\startcolor[mycolor]~\stopcolor
として利用できます.

例1:
\startcolor[mycolor]
山路を登りながら、こう考えた。
\color[red]{智に働けば角が立つ。}情に棹させば流される。
\stopcolor

例2:
\color[mycolor]{草枕} あるいは, \colored[r=0.0,g=0.5,b=0.0]{草枕}

一旦,\definecolorで定義されたカラーは,
そのままコマンドとして利用できます.

例3:
\color[mycolor]{草枕} → {\mycolor 草枕}

(2)定義済みのカラー
ConTeXt では次の定義済みのカラーが用意されています.

----------------------------------------
red green blue
middlered midlegreen middleblue
darkred darkgreen darkblue
----------------------------------------
yellow magenta cyan
middleyellow middlemagenta middlecyan
darkyellow darkmagenta darkcyan
----------------------------------------
lightgray darkgray black
----------------------------------------

したがって,\definecolor を宣言しなくても

(1) \coror[red]{...}
(2) {\red ...}
(3) \startcolor[red] ~ \stopcolor

のようにして使うことができます.

(3)色名から配色比率を知るには
\colorvalue{カラー名称} あるいは,\grayvalue{グレー名}とします.

(4)\definecolor[gray][s=0.6] のように宣言します.
s(shade)=0.0 ~ 1.0 を指定します.
以後の使い方は前述の通りです.



スポンサーサイト
  1. 2013/03/10(日) 16:06:34|
  2. ConTeXt
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<ConTeXt 雑記(3) --- Framed | ホーム | ConTeXt 雑記(1) --- Horizontal line>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://konoyonohana.blog.fc2.com/tb.php/2-351b40f7
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)