天地有情

[LaTeX] GlossTeX --- 用語リストの自動作成ツール

§1 はじめに

更新版: 2017/04/21

GlossTeX は"スタイルファイル" と "データベースファイル" を適用して
用語集を自動的に作成するツールです.

【注意】
本編では, W32TeX に収録されている GlossTeX ついて記述してあります.

1.1 インストール

W32TeX には標準でインストールされています.
W32TeX 以外は下記マニュアルの第2節(Building and Installation)を参照ください.

1.2 マニュアル

コマンドラインから texdoc glosstex を実行してください.


§2 使い方

2.1 プリアンブルに
  \usepackage {glosstex}
  を記述します.

2.2 スタイルファイル の所在について

C:\w32tex\share\texmf-dist\makeindex に glosstex.ist が存在することを確認してください.

2.3 データベースファイル の所在について

C:\w32tex\share\texmf-dist\tex\glosstex が存在することを確認してください.
このディレクトリ内にユーザが "*.gdf"ファイル を作成し配置します.
(初めて glosstex を使う場合は空の状態になっているはず)
書式は次の通りです.

  @entry{<label>[,<item>[,<long-form>]]}[<text>]
  
  ・<label> \gls{label}(用語),\ac{label}(略語)の引数に使う.
  ・<item> printout される.
  ・<long-form> 略語の正規文字列を記述する.
  ・<text> 一般的なテキストを記述する.

§3 サンプル

【注意】
W32TeX が提供する GlossTeX の文字コードは Shift_JIS 対応であることに注意してください.
 
3.1 データベースの作成

■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■
% file name: sample.gdf
% encoding : Shift_JIS
%
@entry{安定,安定,stable} 制御系の安定
@entry{不安定,不安定,unstable} 制御系の不安定
@entry{安限,安定限界,stability~limit} 制御系の安定限界
@entry{安判,安定判別,stability~criterion} 制御系の安定判別
■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■

この sample.gdf は
C:\w32tex\share\texmf-dist\tex\glosstex 下に配置します.
または,
C:\w32tex\shar\texmf-local\tex\glosstex 下に配置し,mktexlsr を実行します.

【補足】
glosstex.exe は kpathsearch 対応です.*.gdf ファイルは TeX input files として
search されます.必ず,上記ディレクトリに保存してください.
 
 
gloss01.png


3.2 コンパイル

次のようなバッチファイルを作成して実行した方が便利です.

file name : gls-exec.cmd
encoding : Shift_JIS

〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓
@echo off
platex %1
glosstex %1 %1.gdf
makeindex -s glosstex.ist %1.gxs -o %1.glx
platex %1
dvipdfmx %1
del *.log *.aux *.gxs *.gxg *.ilg *.glx *.dvi
〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓

実行: gls-exec sample


(EOF)
スポンサーサイト
  1. 2016/05/06(金) 08:34:39|
  2. LaTeX Tools