天地有情

[LaTeX] screenplay-pkg --- 脚本を作る

screenplay-pkg --- 脚本を作る

§1 はじめに

screenplay-pkgは,脚本のドキュメントクラスのパッケージ版です.
正しくフォーマットされた脚本の原稿を生成するように設計されています.

脚本は,
A.場所と時間を指定する『柱』
B.人物の動作などを示す『ト書き』
C.人物が話す『セリフ』

この3つのパートで構成されますが,本編では dialogue(セリフ)部分をメインにしています.

1.1 インストール

TeXLive(2015) では標準でインストールされていますので,インストール作業は必要ありません.
W32TeX では CTAN ( http://www.ctan.org/pkg/screenplay-pkg )より入手の上,適切にインストールしてください.

1.2 マニュアル

コマンドラインから texdoc screenplay-pkg を実行してください.
あるいは,同梱の screenplay-pkg.pdf を参照ください.

§2 使い方

(1)プリアンブルに
   \usepackage {screenplay-pkg} を記述します.

(2)書式例

■■■■■■■■■■■■■■■■■■
\documentclass{jsarticle}
\usepackage[dvipdfmx]{graphicx}
\usepackage{screenplay-pkg}
%
\begin{document}
\begin{screenplay}
\begin{dialogue}{<name>}
== ここに『セリフ1』を記述する ==
\end{dialogue}
%
\begin{dialogue}{<name>}
== ここに『セリフ2』を記述する ==
\end{dialogue}


\end{screenplay}
\end{document}
■■■■■■■■■■■■■■■■■■

§3 サンプル

(1)ソースファイル

screen01.png



(2)結果

screen02.png



(EOF)

スポンサーサイト
  1. 2016/04/20(水) 09:48:26|
  2. LaTeX Tools