天地有情

pdflatex(日本語対応)備忘録

pdflatex(日本語対応)備忘録

インストールなど
日本語対応の pdf(la)tex はW32TeX で配布されています.インストールなどの説明は
$TEXMF/doc/pdftex/base/PDFTEX-w32.txt を参照してください.

§1.pdf(la)tex(日本語対応) とは

W32TeX において,角藤先生が日本語も利用できるようにチューニングされたパッケージです.
欧米においては pdf(la)tex が標準的に使われています.特徴は DVIファイルを介さず直接PDFを出力することです.

現在は,pdf(la)tex の後継である lua(la)tex に移行しつつあります.日本語対応も LuaTeX-ja として
開発(進行中)されており,今後は,これが主流になるものと思われます.

本稿では,pdflatex(日本語対応)に限定して記述してあります.

§2.いくつかの注意事項

ソースファイルを作成する上で,いくつかの注意事項を記しておきます.

● クラスファイル:欧文クラスを適用します.(article, book, report など)
          和文クラスは使えません.(j(s)article, j(s)book など)

● styファイル:スタイルファイルは欧文用を使います.

● 必須パッケージ:ums.sty

● ソースファイル:文字コードは Shift JIS で記述します.

● verbatim環境 :verbatim環境や\verbの内側では日本語は使えません.

● 画像の取り扱い:PNG(.png), JPEG(.jpg), EPDF(.pdf), EPSF(.mps) の画像を扱います.


§3.ソースファイルの書き方

テンプレートを示します.

01:  \documentclass{article}     %欧文クラスを指定する
02:  \usepackage[pdftex]{graphicx}  %[pdftex]オプションを指定
03:  \usepackage{ums}         %必須のパッケージ
04:  % \pdfoutput=0          %DVIファイルを出力したいときのみ指定
05:  %
06:  \pdfmapline{=msmin@Unicode@ <ipam.ttf}
07:  \pdfmapline{=msgoth@Unicode@ <ipag.ttf}
08:  %
09:  \begin{document}
10:  
11:  ===== ここに日本語を含む文章などを記述する ======
12:  
13:  \end{document}

説明:
01行目
   必ず,欧文クラスを指定します.
02行目
   graphicxパッケージにはオプション [pdftex] を指定します.
03行目
   umsパッケージを指定します.(必須)
04行目
   DVIファイルを出力したいときに指定.PDFファイル出力の場合には指定不要です.
06~07行目
   フォントの設定を記述 .この場合,出来上がったPDF から日本語文字の検索はできません.
   代わりに
   06: \input jpdftextounicode   
   07: \pdfgentounicode=1   
と記述すれば日本語文字の検索ができます.
   (注)$TEXMF/fonts/type1/public/omegaj/maket1 を実行して,あらかじめType1フォントを作る必要があります.


§4.コンパイルの仕方

上記のテンプレートで示したソースファイル(source.tex)をコンパイルする手順を以下に示します.

■ コンパイル手順

(1)topdftex source.tex new.tex
    ※ 1回だけ実行する.
    ※ 拡張子 .tex は必ず付ける.

(2)pdflatex new[.tex]
    ※ 目次や相互参照があれば,複数回繰り返す.
    ※ PDFファイルが出来上がりますが,この場合は[しおり]無しです.
     [しおり]有りのコンパイルについては後述(§6.[しおり]有りのサンプル)します.


§5.簡単なサンプル

% ファイル名称:source.tex
% 文字コード :Shift JIS
%
\documentclass{article}
\usepackage[pdftex]{graphicx}
\usepackage{ums}
%
\pdfmapline{=msmin@Unicode@ <ipam.ttf}
\pdfmapline{=msgoth@Unicode@ <ipag.ttf}
%
\begin{document}
\section{画像を出力する}
吾輩は猫である.名前はまだ無い.
どこで生れたかとんと見当がつかぬ.

\centerline{\includegraphics[width=3cm]{cat.png}}

\section{数式を書いてみる}

\[ \left( \int_0^\infty \frac{\sin x}{\sqrt{x}} dx \right)^2=
\sum_{k=0}^\infty \frac{(2k)!}{2^{2k}(k!)^2} \frac{1}{2k+1}=
\prod_{k=1}^\infty \frac{4k^2}{4k^2 -1}= \frac{\pi}{2} \]

\section{表を作る}
\centerline{%
\begin{tabular}{lrr}
\hline 品名 & 単価(円) & 個数
\\ \hline りんご & 100 & 5
\\ みかん & 50 & 10
\\ マンゴ & 300 & 8
\\ \hline
\end{tabular}}
\end{document}

■ コンパイル:
(1) topdftex source.tex new.tex
(2) pdflatex new.tex

■ 結果:

pdflatex01



§6.[しおり]有りのサンプル

上記(§5.簡単なサンプル)のプリアンブル部に \input shiori.tex を追加します.
shiori.tex は次の様になります.

■ shiori.tex
-------------------------------------------------------
\usepackage[pdftex]{hyperref}
\hypersetup{colorlinks=true,bookmarksnumbered=true,
pdftitle=TEST,
pdfauthor=Konoyonohana,
pdfsubject=pdflatex,
pdfkeywords=pdftex pdflatex test}
-------------------------------------------------------

■ source.tex のプレアンブル部

\documentclass{article}
\usepackage[pdftex]{graphicx}
\usepackage{ums}
%
\pdfmapline{=msmin@Unicode@ <ipam.ttf}

\pdfmapline{=msgoth@Unicode@ <ipag.ttf}
%
\input siori.tex %-------> これを追加する


■ コンパイル:
(1) topdftex source.tex new.tex
(2) pdflatex new.tex
(3) out2uni new.out %------> この操作を追加する
(4) pdflatex new.tex

■ 結果:

pdflatex02


■ PDFの[プロパティ](欧文)
Adobe Reader の[ファイル]→[プロパティ]→[概要]を開いて次を確認します.

pdflatex03

(以下は2013/04/12 追加)

■ PDFファイルの[プロパティ]を和文にするには面倒ですが次のようにします.

(1)最初に,docinfo.txt というテキストファイルを作成します.

----------------------------------------------------------------
\catcode`\@=0
@catcode`@\=12
@def@PDFTITLE{pdfLaTeX 日本語対応}
@def@PDFSUBJECT{pdfLaTeX と日本語}
@def@PDFAUTHOR{この世の花}
@def@PDFKEYWORDS{TeX, PDF, pdfLaTeX, ポストスクリプト, ums }
@catcode`@\=0
\catcode`\@=12
----------------------------------------------------------------

(2)次に,shioriJP.tex を作成します.

----------------------------------------------------------------
\input{docinfo.out}
\usepackage[pdftex]{hyperref}
\hypersetup{colorlinks=true,bookmarksnumbered=true,%
pdftitle=\PDFTITLE,%
pdfsubject=\PDFSUBJECT,%
pdfauthor=\PDFAUTHOR,%
pdfkeywords=\PDFKEYWORDS}
----------------------------------------------------------------

(3)プレアンブル部に
\input shioriJP.tex
を記述します.

(4)コンパイル:
--------------------------------------
(1) copy docinfo.txt docinfo.out
(2) out2uni docinfo[.out]
(3) topdftex org.tex new.tex
(4) pdflatex new[.tex]
(5) pdflatex new[.tex]
(6) out2uni new[.out]
(7) pdflatex new[.tex]
--------------------------------------

Adobe Reader の[ファイル]→[プロパティ]→[概要]を開いて次を確認します.

pdflatex04

§7.いくつかの注意事項

■外部ファイルの読み込み
日本語を含む外部ファイル(origin.tex)を \input で読み込む場合は,一旦,ユニコードファイル
(newfile.tex)に変換してから \input{newfile} として読み込みます.
(1) topdftex origin.tex newfile.tex --- コマンドライン操作
(2) \input{newfile.tex}

■\includegraphics[option]{IMAGE}の option 指定について
\usepackage[pdftex]{graphicx}を指定した場合には[option]にBounding Box bb= の
指定はできません.指定した場合には Warning が出ます.
代わりに viewport= が指定できます.
例: \includegraphics[width=3cm,viewport=0 0 378 284]{cat.png}

通常は \includegraphics[width=3cm]{cat.png}のように width= の指定で十分です.
スポンサーサイト
  1. 2013/04/08(月) 10:42:12|
  2. pdflatex
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<動画をLaTeX文書に埋め込む(1) | ホーム | PostScript でEPSを作ろう>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://konoyonohana.blog.fc2.com/tb.php/19-0c99eb3f
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)