天地有情

[LaTeX] xsavebox --- 標準LaTeXの savebox の強化版

xsavebox --- 標準LaTeXの savebox の強化版

§1はじめに

xsavebox パッケージは,コンテンツを保存し再利用するするための コマンド・環境 を提供します.
標準LaTeXコマンドではユーザマクロとして \savebox,\sbox,\usebox, lrbox環境がありますが,
本パッケージでも後述の コマンド・環境 が強化され,用意されています.特長として

(1)最終的なPDFファイルの小型化,
(2)特定のPDFビューアで表示を高速化するための改善されたコンテンツのキャッシング
   などを可能にします.

一般的なTeXエンジンとバックエンドがサポートされています.

• pdfLaTeX, LuaLaTeX,
• LaTeX → dvips → ps2pdf/Distiller
• (Xe)LaTeX → (x)dvipdfmx

なお,dvipdfmxを有効にするには,ドキュメントクラスのオプションとして渡します.


1.1 インストール

TeXLive/W32TeX などには標準でインストールされています.

1.2 マニュアル

コマンドラインから texdoc xsavebox をを実行するか,
上記に同梱の xsavebox.pdf をお読み下さい.

§2 使い方

(1)プリアンブルに
  \usepackage {xsavebox}
  を記述します.

(2) コマンドと環境

● \xsbox{<xsbox name>}{<content>}

● \xsavebox{<xsbox name>}[<width>][<position>]{<content>}

● \xsavebox*{<xsbox name>}[<width>][<position>]{<content>}

● \begin{xlrbox}{<xsbox name>} <content> \end{xlrbox}

● \begin{xlrbox*}{<xsbox name>} <content> \end{xlrbox*}

先頭の 'x'以外に,標準LaTeXと比較して,これらのコマンドの主な違いは,ボックスに名前を付ける方法です.
ラベル<xsbox name>は,スペースと数字を含む任意の非アクティブな文字で構成することができます.

[<width>] and [<position>]オプションは,\saveboxと\makeboxと同じ意味を持ちます.

<position>は‘l’, ‘r’, ‘c’ or ‘s’です.(デフォルトは,'c')

<content>はLRモードで植字されます.段落モードでタイプセットする長いテキストは,
\parboxまたは 'minipage'に入れる必要があります.

コマンドの星付き('*')のバージョンは,そボックスに後でカラー化を可能にします.
ボックス構築時にアクティブである色はコンテンツと一緒に保存されません.この機能は,pdflatexとlualatexで動作します.

(3)保存されたコンテンツの参照

以前に保存されたコンテンツは,次のコマンドで参照し,挿入することができます.

● \xusebox{<xsbox name>}
  または,
● \the<xsbox name>

<xsbox name>は文字('A'~'Z','a'~'z')で独占的に構成されている場合は,2番目の、短縮形を使用することができます.

参照コマンドは再びボックスの保存コマンドの <content> 本体の内部に配置することができ
\xusebox{<xsbox name>} または \the<xsbox name> とします.入れ子のレベルの上限はありません.

\xusebox{<xsbox name>} と \the<xsbox name>は,'graphicx'パッケージから対応するコマンドを使用し
rotated と resized ができます.

§3 いくつかのサンプル

クラスファイルとして,LuaLaTeX を利用しています.

(1)

xsavebox01.png

(2)

xsavebox02.png

(3)

xsavebox03.png

(EOF)
スポンサーサイト
  1. 2016/04/07(木) 07:01:30|
  2. LaTeX Tools