天地有情

[LaTeX] coordsys --- picture環境での座標システム

coordsys --- picture環境での座標システム

§1 はじめに

coordsys パッケージは,一次元および二次元の座標軸を取り扱い, LaTeX2e の picture環境 で動作します.
二次元の関数データ(x,yの対)は数式ソフト(ここでは gnuplot を利用)などから簡単に得ることができます.
また,対数のグリッド座標が提供されており,パッケージを拡張ができます.

今回は 二次元座標軸(XーY 直交形)のシステムに的を絞り説明します.

1.1 インストール

CTAN ( http://www.ctan.org/pkg/coordsys ) からダウンロードの上,インストールしてください.

1.2 マニュアル

同梱の coordsys.pdf を参照ください.

§2 使い方

2.1 書式

プリアンブルに
  \usepackage {coordsys,logsys,epic,eepic} を記述します.
  一般的なフォーマットを次に示します.

■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■
\documentclass{jsarticle}
\usepackage{coordsys,logsys,epic,eepic}
\begin{document}
\setlength{\unitlength}{■■pt} % 図形の拡大・縮小
\begin{picture}(x,y)(dx,dy)
\coordsys[1][1](x0,y0)(x1,y1) % "2.2 主なコマンド" を参照
\begin{drawjoin}
\let\put=\jput
\coordgrid[1](x0,y0)(x1,y1)
\putfile{■■■.put}{\picsquare} % .put は図形データファイル
\end{drawjoin}
\end{picture}
\end{document}
■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■

2.2 主なコマンド

  \coordsys[<h-spacing>][<v-spacing>](<ll>)(<ur>)

  \coordgrid[<h-spacing>][<v-spacing>](<ll>)(<ur>)

● <ll>は左下隅で、<ur>が右上隅である座標系

● <h-spacing> は横軸の目盛りの間隔を指定(default is 10 units)

● <v-spacing> は縦軸の目盛りの間隔を指定(default is 10 units)

§3 簡単な例 --- sinカーブを描く

3.1 事前準備
(1)次の手順で sin.put ファイルを用意します.
   [1] gnuplot を起動します.
   [2] 次の操作を行い,sin.put データファイルを得ます.
     (a) gnuplot> set table "sin.put"
     (b) gnuplot> plot [-pi:pi] sin(x)
   [3] sin.put データファイル をエディタで修正します.(下図参照)

coord01.png


   [3] 修正の要点
     (a) 空白行があれば取り除く.特に先頭行・最後尾行に留意する(空白行があればエラーとなる)
     (b) #行があれば,その行は削除するか,#を%に置換する.(#行があればエラーとなる)
     (c) 指数形式があれば実数形式に変更する.(指数形式があればエラーとなる)
     (d) 最右端に表示される "i" (または "o" , "u")はすべて空白(削除)する.

(2)ソースファイルの作成(sin.tex)とコンパイル

coord02.png


【簡単な説明】
・ 3~10行目:picture 環境の中に coordsys 関係のプログラムを記述する.

・ 4行目:\coordsys は実際の図形を描くエリアを指定する.

・ 5~9行目:drawjoin 環境の中に \putfile で sin.put を取り込む.
       必要に応じてグリッド線( \coordgrid )が利用できる.

【コンパイル】
次のいずれかでコンパイルできる.

・ platex sin.tex && dvipdfmx sin.dvi
   または,
・ ptex2pdf -l sin.tex

§4 サンプル

4.1 パラメトリック図形(その1

(1)cyclon.put の作成
  操作:
  ---------------------------------------------
  gnuplot> set table "cyclon.put"
  gnuplot> set parametric
  gnuplot> set samples 300
  gnuplot> plot [0:2*pi] cos(3*t),sin(5*t)
  ---------------------------------------------

(2)ソースファイルの作成(cyclon.tex)と実行結果

coord03.png


4.2 パラメトリック図形(その2)

(1)paramet.put の作成
  操作:
  ---------------------------------------------
  gnuplot> set table "paramet.put"
  gnuplot> set parametric
  gnuplot> set samples 300
  gnuplot> plot [0:2*pi] sin(7*t)cos(t),sin(5*t)*sin(t)
  ---------------------------------------------

(2)ソースファイルの作成(paramet.tex)と実行結果

coord04.png


4.3 極座標図形(その1)

(1)polor.put の作成
  操作:
  ---------------------------------------------
  gnuplot> set table "polar.put"
  gnuplot> set polar
  gnuplot> set samples 300
  gnuplot> plot t,t**1.1,t**1.2,t**1.3
  ---------------------------------------------

(2)ソースファイルの作成(polar.tex)と実行結果

coord05.png



4.4 極座標図形(その2)

(1)polor2.put の作成
  操作:
  ---------------------------------------------
  gnuplot> set table "polar2.put"
  gnuplot> set polar
  gnuplot> set samples 300
  gnuplot> set xrange [-3:3]
  gnuplot> set yrange [-3:3]
  gnuplot> set trange [-2*pi:2*pi]
  gnuplot> plot t*sin(t)
  ---------------------------------------------

(2)ソースファイルの作成(polar2.tex)と実行結果

coord06.png


(EOF)
スポンサーサイト
  1. 2016/03/05(土) 08:48:44|
  2. LaTeX Tools