天地有情

[LaTeX] plain2 --- べた書き入力による図表の作成

plain2 --- べた書き入力による図表の作成

§1 はじめに

文書清書システムとして plain2 は「べた書き」された文書を解析して,自動的に LaTeX のコマンドを
埋め込んだ文書に変換して出力するコマンドです.(p)LaTeX に準拠した機能をもちますが,特に便利と
思われる図や表の作成について説明します.

1.1 インストール

w32tex では C:w32texshareplain2 に標準でインストールされています.(plain2-2.54-w32.tar.xz)
また,C:w32texshareplain2doc にある README.Win32 をお読みください.
日本語コードは Shift_JIS に設定してあることに注意してください.

 ※ w32tex 以外では Vector などを検索すれば,ソースファイルとマニュアルが得られます.

1.2 マニュアル

詳細については C:w32texshareplain2doc にある ユーザガイド plain2.ps をお読み下さい.


§2 使い方

2.1 ソースファイル作成の要点

(1)ファイルの拡張子は慣例で .pln とします.
(2)線画(picture環境),表(tabular環境),画像(figure環境)も扱えます.
(3)特に,本ツールは線画の作成に有効です.線画は全角の「記号・JIS罫線」を用いて作画します.

2.2 コンパイル方法

コンパイルは plain2.exe を使います.ソースファイル名を FILE.pln とすると,


(1) plain2 [option] FILE.pln ------ この操作により、FILE.tex が生成される.

  [option]:
     -tex  --- LaTeX形式に変換する.

     -f   --- カスタマイズされたクラスファイルを読み込む.

   (今回は,標準がNTTのjtexのた,(p)LaTeX形式 (jsbook) にカスタマイズします.)

(2) 一般的には(1)を踏まえて,次のようにする.

     plain2 -tex -f jsbook.p2 FILE.pln > FILE.tex

     option は環境変数 PLAIN2_INIT にも登録できる.

(3) 毎回,上記のコマンド入力は面倒なので バッチファイル を作成して利用する.

(4) バッチファイル plain2exec.cmd

■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■
@echo off
set PLAIN2_INIT= -tex -f jsbook.p2  (※ jsbook.p2 の作成は §3を参照してください.)
if (%1)==() goto HELP
plain2 %1.pln > %1.tex
platex %1.tex && dvipdfmx -q %1.dvi
goto QUIT
:HELP
echo usage: 第一引数にファイル名(拡張子なし)を指定する.
:QUIT
del *.aux *.log *.dvi
■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■

2.3 plain2exec.cmd の使い方

コマンドラインで plain2exec FILE とすると FILE.tex と FILE.pdf が得られます.


§3 jsbook.p2 を用意する

plain2をインストールすると,C:w32texshareplain2 に jbook.p2 があります.これをコピーして,
jsbook.p2 を作成します.

(1) 7行目から10行目を削除して,以下の朱記部分を書き込みます.

■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■
# jsbookスタイルを使う
#
#
#
DOC_BEGIN "
\documentclass[a4paper,10pt]{jsbook}n
\usepackage[margin=1in,truedimen]{geometry}n
\usepackage{amsmath,amssymb}n
\usepackage[dvipdfmx]{graphicx}n

\setcounter{secnumdepth}{6}n
\setcounter{tocdepth}{6}n
\topsep=0.1cmn
\parsep=0.1cmn
\itemsep=0.0cmn
\begin{document}n",
SECTION_1 "n\chapter{@1}n",
SECTION_2 "n\section{@1}n",
SECTION_3 "n\subsection{@1}n",
SECTION_4 "n\subsubsection{@1}n",
SECTION_5 "n\paragraph{@1}~\\n",
SETSEC_2 "n\setcounter{section}{#1}n",
SETSEC_3 "n\setcounter{subsection}{#1}n",
SETSEC_4 "n\setcounter{subsubsection}{#1}n",
SETSEC_5 "n\setcounter{paragraph}{#1}n",
TITLE "\title{n&2}n\author{n&6\\n&3}n\date{n&5}n\maketitlen",
■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■

(2) documentclass のオプションは適宜,追加,修正する.
(3) usepackage は適宜,追加する.

§4 作業用ディレクトリ [example] 作成し,ファイルなどを配置する

C:w32texshareplain2 下に
  [example] ディレクトリを作成し,この中に,
  jsboo.p2, plain2exec.cmd および,cmd.exe のショートカット ,これから作成する *.pln を配置します.

plain2-tree.png


§5 サンプル

(1)線画の作成

   [[P ~ ]]P の間に線画を描きます.

ファイル名: ex01.pln
文字コード: Shift_JIS

■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■

plainXX.png


(罫線がズレています.ご了承ください)
■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■

操作: plain2exec ex01

結果: ex01.tex が作成され,続いて下図に示す ex01.pdf が生成されます.

plain2-01.png





(2)表の作成

   [[T ~ ]]T の間に表を描きます.

ファイル名: ex02.pln
文字コード: Shift_JIS
■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■

plainYY.png


(罫線がズレています.ご了承ください)
■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■

操作: plain2exec ex02 

結果: ex02.tex が作成され,続いて下図に示す ex02.pdf が生成されます.

plain2-02.png





(3)画像を貼りつけ

   [[R ~ ]]R の間に画像を挿入します.

ファイル名: ex03.pln
文字コード: Shift_JIS

■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■

[[R
begin{figure}[h]
centering
includegraphics[width=5cm,clip]{tiger.pdf}
caption{虎の絵}
end{figure}
]]R

■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■

操作: plain2exec ex03

結果: ex03.tex が作成され,続いて下図に示す ex03.pdf が生成されます.

plain2-03.png




(EOF)
スポンサーサイト
  1. 2016/03/02(水) 09:46:58|
  2. LaTeX Tools