天地有情

PSTricksでEPS作成

■ PSTricks による EPSファイルの作成

PSTricksパッケージは,dvips等を用いて PostScript にする場合,有効なグラフィックス環境を提供するパッケージです.

このパッケージを用いた図形は,そのまま dviout などの DVIware で閲覧するとエラーとなるため,図だけ PSTricks を
使って TeX ソースを書き,その図を EPS ファイルとして抽出します.
そのEPS ファイルを実際に使う 本体のTeXソース に \includegraphics コマンド で取り込みます.

PSTricks文法はユーザーズガイドに譲ることとし,プリミティブなコマンドだけでも知っていると
図はかけるようになります.

用途としてはペイント系やドロー系ソフトで描くには座標など,細かい調整が必要な図は簡単に PSTricks で描画できます.

■ 全体の標準的な書き方

\documentclass{jsarticle}
\usepackage{pst-all}
\begin{document}
\begin{TeXtoEPS}
\begin{pspicture}(左下の座標)(右上の座標)
%-------------------------------------------
% ここに PSTrick オブジェクト描写コマンド を記述
%-------------------------------------------
\end{pspicture}
\end{TeXtoEPS}
\end{document}

● プリアンブル部は,PSTricksのパッケージ類を目的に応じて読み込みます. 曲線,座標軸,テキストや矢印を描くなら,
次のパッケージで十分ですが,不明の場合には \usepackage{pst-all}だけでよいです.

\usepackage{pstricks}
\usepackage{pst-eps}
\usepackage{pst-plot}
\usepackage{pst-node}

● 環境部分は,まず \begin{pspicture} ~ \end{pspicture} で囲み,左下の座標(x1,y1)と右上の座標(x2,y2)を
指定すると図の領域が確保されます.

● 次に\begin{TeXtoEPS} ~ \end{TeXtoEPS} で囲むことにより後で EPS ファイルを抽出できるようになります.
コマンド \psset{unit=10mm} を使うと 1 単位を 10mm のように任意に設定できます.
デフォルトの基本単位は[cm]です.

■ コンパイル方法

ソースファイル(fig.tex)を作成したら,次の順序でコンパイルします.
EPS ファイル fig.eps が得られます.

1) platex fig.tex
2) dvips -D600 -E -o fig.eps fig.dvi
3) gsview32 fig.eps (あるいは 「GSview」アイコン にドラッグ)




■ サンプル1:Parametric(パラメトリック図)

※ ネットから拾ってきたものを参考にしています.

\documentclass{jsarticle}
\usepackage{graphicx}
\usepackage{pst-all}
\pagestyle{empty}
\begin{document}
\begin{TeXtoEPS}
\begin{pspicture}(-3.7,-3.7)(3.7,3.7)
\parametricplot[plotpoints=1000]{0}{3600}%
{t dup cos 1000 div mul t dup sin 1000 div mul}
\end{pspicture}
\end{TeXtoEPS}
\end{document}

parametric



■ サンプル2:Triangle(三角形)

※ http://www.mlb.co.jp/linux/science/pstricks/index.html を参考

\documentclass{jsarticle}
\usepackage{graphicx}
\usepackage{pst-all}
\pagestyle{empty}
\begin{document}
\begin{TeXtoEPS}
\begin{pspicture}(0,0)(5,4)
\pspolygon(0,0)(5,4)(5,0)
\pcline(0,0)(5,4)\lput*{:U}{斜辺}
\end{pspicture}
\end{TeXtoEPS}
\end{document}

triangle









スポンサーサイト
  1. 2013/04/02(火) 12:59:56|
  2. PSTricks
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<PostScript でEPSを作ろう | ホーム | Markdownで遊ぼう>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://konoyonohana.blog.fc2.com/tb.php/17-8a0eedaa
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)