天地有情

[LaTeX] multido --- 汎用TeX用のループマクロ

multido --- 汎用TeX用のループマクロ

§1 はじめに

このマクロは,図形を描くために有用です.元々,pstricksのパッケージのために開発されています.
しかし,演算など他の目的のためにそれを使用することもできます.特別な機能として,固定小数点加算を
サポートしています.

1.1 インストール

TeXLive/W32TeX などには標準でインストールされています.

1.2 マニュアル

コマンドラインから texdoc multido を実行してください.

§2 使い方

2.1 プリアンブルに
   \usepackage{multido} を記述します

2.2 主コマンド

  \multido{variables}{repetitions}{stuff}

variables は,変数宣言をカンマで区切ったリストです.各変数宣言の形式は次のとおりです.

variable = initial value + increment

variable は、stuff を使用することができるコマンドシーケンスです.

最初に、initial に初期値が設定され,反復で増分だけ increment されます.

2.3 変数名

variableの最初の文字は変数の型を決定します.以下の4つのタイプがあります.(大文字,小文字が利用できます.)
なお,変数名には英数のサフィクス(接尾語)を付加することができます.

● Dimension (\d or \D)
初期値と増分は"寸法"でなければなりません.置換テキストは,SP単位での寸法です.
E.g., \dx=4cm+5pt

● Number (\n or \N)
初期値と増分は小数点以下の桁数が同じ整数または数値でなければなりません.初期値が整数の場合は,例外です.
整数部と小数部で最大で8桁の場合もあります.置換テキストはnumberで,固定小数点加算をサポートします.
E.g.,\n=3+7.05, \Nx=5.30+-1.25

● Integer (\i or \I)
初期値と増分は、整数でなければなりません.
これは、Number変数を使用した場合と同じ結果を与えますが,高速版です.
E.g.,\I=2+-1

● Real (\r or \R)
初期値と増分は、小数点の両側に高々4桁の整数でなければなりません.置換テキストはnumberです。
これは、number変数を使用するよりも満足のいく結果が得られ,高速版です.
E.g., \ry=4.2+1.05

2.4 いくつかの変数の使用例

multido01.png


§3 サンプル

(1)例ー1

multido02.png


(2)例ー2

multido03.png

(注) eepic.sty 登録要

(3)例ー3

multido04.png


(4)例ー4

multido05.png


(EOF)
スポンサーサイト
  1. 2016/01/28(木) 13:01:09|
  2. LaTeX Tools