天地有情

[LaTeX] linguex --- 簡潔なリスト環境を生成

linguex --- 簡潔なリスト環境を生成

§1 はじめに

LaTeX標準のリスト環境は,例えば

\begin{itemize}
 \item ....
 \item ....
\end{itemize}

のように記述しますが,少しばかり煩わしいです.このような書き方を簡素化したものが
linguex パッケージです.itemize環境,enumerate環境,description環境などに拘らなければ
リスト作成は本パッケージで十分に対応できます.

1.1 インストール

TeXLive/W32TeX などには標準でインストールされています.

1.2 マニュアル

コマンドラインから texdoc linguex を実行してください.

§2 使い方

● プリアンブルに
   \usepackage{linguex} を記述します

● リストの階層
   第1~第3レベルまで用意されています.
   項目ラベルは次の順に付けられます.
   (1), (2), (3), ... → (a), (b), (c), ... → (i), (ii), (iii), ...

● 主なコマンド
   第1レベル用  -- \ex.
   第2レベル用  -- \a. , \b. , \c. , \d. , \e. , \f. , 以降は \f. を継続させる.
   第3レベル用  -- \a. , \b. , \c. , \d. , \e. , \f. , 以降は \f. を継続させる.
   第3から第2レベルへの戻り用  -- \z.

● 簡単な書式例

■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■
\documentclass{jsarticle}
\usepackage{linguex}
\begin{document}
\ex. ここは第一レベル  (1)
 \a. ここは第二レベル    (a)
 \b. 同上            (b)
 \c. 同上            (c)
  \a. ここは第三レベル      (i)
  \b. 同上              (ii)
  \c. 同上              (iii)
  \z. 第二レベルに戻る
 \d. ここは第二レベル    (d)
 \e. 同上            (e)
←空行とする(または \par)
\ex. ここは第一レベル  (2)
 \a. ここは第二レベル    (a)
 \b. 同上            (b)
 \c. 同上            (c)
←空行とする(または \par)
\end{document}
■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■

2.1 サンプル

● 使用例ー1

linguex01A.png


● 使用例ー2

linguex02A.png


● 使用例ー3

  各層のラベルの文字列指定 --- description風

linguex03A.png

● 使用例ー4

  アイテムシンボルの継続 --- itemize風

  (第1階層ではアイテムシンボルを継続させることができます.)


linguex04A.png

● 使用例ー5

  ラベルを enumerate風 に変更

philex05A.png


● 使用例ー6

  カウンタ(\ExNo)の設定

☆ \ex. による項目番号は1からの一貫番号となります.(デフォルト)
☆ これをリセットして再度,任意番号からの一貫番号とするには次を指示します.
\setcounter{ExNo}{n} (項目番号はn+1 から始まります.)

philex06A.png

(EOF)


スポンサーサイト
  1. 2016/01/20(水) 08:48:21|
  2. LaTeX Tools