天地有情

Markdownで遊ぼう

Markdown とは
Markdown は、文書を記述するための軽量マークアップ言語のひとつです。
「書きやすくて読みやすいプレーンテキストとして記述した文書を、妥当なXHTML(もしくはHTML)文書へと変換できる
フォーマット」として、ジョン・グル―バー(John Gruber)により作成されました。


Markdownエディタ
Markdown記法で書かれた文章と,その結果を見るには専用のエディタがあれば便利です.また,修正なども簡単に行えれば
大変助かります.
そこで次の2つのエディタを紹介しておきます.いずれかをダウンロードしてください.

(1) MarkdownPad
http://markdownpad.com/

(2) ResophNotes
http://www.resoph.com/ResophNotes/Welcome.html

どちらも同じような機能です.勿論,日本語もOKです.

Markdown文法
文法は難しいことはありません.簡単です!
【Markdown文法の全訳】を参考にしてください.
http://blog.2310.net/archives/6

例題:GIMPという画像処理のフリーソフトの概要についての能書きをサンプルにします.

md


MarkdownPadエディタを使ったもので,左側が入力エリアで書き込んだ内容は右側に反映され,
出来具合を確認することができます.
入力エリアにある 「#」や「*」がMarkdown記法です.

ソースファイルの拡張子は .md となります.

PDF に変換する
Markdownで作成された内容をPDFに変換することができます.
日本語が含まれていても,勿論かまいません.
やり方は【pandoc】と【lualatex】の力を借りて変換します.
(従って,pandoc と lualatex がインストールされていることが前提となります)

上記の例題で作成したMarkdownファイルを GIMP.md とし,GIMP.pdfを作ります.

(1) 日本語を処理するための補助ファイル【preamble.tex】を作成します.

────────────────────────────────────────
\paperwidth148mm
\paperheight210mm
\usepackage{luatexja}
\usepackage[ipa]{luatexja-preset}
\usepackage{amsmath}
\usepackage{graphicx,color}
\usepackage[margin=2cm,truedimen]{geometry}
\def\baselinestretch{1.1}
\parindent=0pt
────────────────────────────────────────
※ A5サイズ用紙にしました.フォントはIPAです.

(2) コンパイル
コマンドラインから次を打ち込みます.

pandoc GIMP.md -o GIMP.pdf -V documentclass=ltjltxdoc -H preamble.tex --latex-engine=lualatex

目次が欲しければ末尾にオプション --toc を付加します.

コンパイルには少し時間がかかりますがゆっくり待ちましょう.

(3) GIMP.pdf のできあがりは次の通りです.(部分表示)

GIMP


スポンサーサイト
  1. 2013/03/31(日) 13:30:58|
  2. Markdpwn
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<PSTricksでEPS作成 | ホーム | Omega 備忘録>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://konoyonohana.blog.fc2.com/tb.php/16-eeefd9e8
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)