天地有情

[LaTeX] bchart --- 単純な水平型の棒グラフを描画する

bchart --- 単純な水平型の棒グラフを描画する

§1 はじめに

bchart パッケージは 水平型の棒グラフを描画するための LaTeXパッケージ です.
このドキュメントでは,bchart パッケージ の使用法を提示します.

1.1 インストール

TeXLive/W32TeX などには標準でインストールされています.
インストール作業は必要ありませんが W32TeX では現時点では
収録されていませんので,CTANからダウンロード して下さい.


1.2 マニュアル

コマンドラインから texdoc bchart を実行してください.あるいは,同梱の bchart.pdf を参照して下さい.

§2 LaTeX2e 文書での指定方法

2.1 書式

プリアンブルに
\usepackage{bchart} を記述します.

2.2 ひな形

■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■
\documentclass{article} %または {ltjsarticle}など
\usepackage{bchart}
\begin{document}
\begin{bcart}[<optionA>]
\bcbar[<optionB>]{...}
\end{bchart}
\end{document}
■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■

2.3 構文

● 環境:
  \begin{bcart}[<optionA>] ~ \end{bchart}

    optionA: min=, max=, step=, plain, unit=, width=, scale=, などがあります.

● コマンド:
  \bcbar[<optionB>]{<value>}

    optionB: text=, color=, value=, label=, plain, などがあります.

● オプションなどの代表的な使い方は "§3 サンプル" を参考にして下さい.

§3 サンプル

3.1 [optionA], [optionB] 不付きの例

bchart01.png


【簡単な説明】
(1)X軸の min=0, max=100 はデフォルト値である.
(2)棒グラフ内の色は blue!20 がデフォルト値である.
(3)棒グラフの右端には数値が表示される.
(4)棒グラフの間隙は0である.


3.2 [optionA] 付きの例

bchart02.png


【簡単な説明】
(1)X軸の min=0, max=100 を指定(デフォルト)してある.
(2)目盛りは step=10 の指定により,間隔が10毎に表示される.
(3)数値表示は unit=\% の指定により,「%」が付加される.
   この他,「Kg」「m」など任意に指定できる.
(4)棒グラフの間隙はコマンド \bcskip で指定できる.


3.3 [optionB] 付きの例

bchart03.png


【簡単な説明】
(1)\bcbar のオプションとして text=, color=, を指定.
(2)Y軸にラベルを付ける場合には label=, を使う.


(参考)

円グラフを描きたい場合には, pgf-pieがあります.

(EOF)
スポンサーサイト
  1. 2015/12/05(土) 10:20:16|
  2. LaTeX Tools