天地有情

[LaTeX] kvmacros --- カルノー図を描く

kvmacros --- カルノー図を描く

§1 はじめに

カルノー図は、論理式(論理代数,ブール代数)を簡略化するために使用されます.
最大10個までの変数とカルノー図を組版することができます。実際には 3~4個の変数が実用的です.

1.1 インストール

http://www.ctan.org/pkg/karnaugh からダウンロードの上,インストールしてください.

(注)TeXLive/W32TeX などには標準配布されている karnaughmap.sty があります.
   本編では(個人的に)使い易い kvmacros を利用しています.

1.2 マニュアル

 上記の karnaugh.zip を解凍し kvdoc.pdf をお読みください.

§2 LaTeX2e 文書での指定方法

2.1 書式

プリアンブルに
   \input kvmacros[.tex] を記述しますが,
    リネームして kvmacros[.sty] でも構いません.その場合には,
   \usepackage{kvmacros} を記述します.本編では,こちらの方を使っています.

2.2 マクロの説明

  ■ \karnaughmap{#1}{#2}{#3}{#4}{#5}

    #1: 変数の数
    #2: 関数の識別子
    #3: 変数の識別子リスト
    #4: 関数の値のリスト
    #5: 汎用(関数の値のグルーピングなどに使われる:後述)(空白可)

    例:\karnaughmap{4}{f(a,b,c,d):}{abcd}{1110011001100110}{}

kvmap01.png


  ■ \kvunitlength=<length> length default=8mm
    マス目を大きくするには,
    \kvunitlength=15mm などのように指定します.

  ■ \kvindex
    マス目の(番号)インディクスを表示します.(default)

  ■ \kvnoindex
    マス目の(番号)インディクスを非表示にします.

2.3 グルーピングの説明

カルノー図の内側に何かを描きたい場合は,すでに言及した5番目(#5)のパラメータを使用することができます.
例えば,これは論理機能を簡素化する方法を表示したい場合に便利です.

kvmap02.png



§3 例題演習

カルノー図の例題演習は ここに あります.

(EOF)
スポンサーサイト
  1. 2015/11/15(日) 09:54:46|
  2. LaTeX Tools