天地有情

[MetaPost] mpgraphics による "MetaPost Examples"集

mpgraphics による "MetaPost Examples"集

§1 はじめに

MetaPost による図形の作成は,次のようなクラシックな手法で生成していました.

(1) MetaPost ソースファイル foo.mp を作成.
(2) foo.mp をコマンド mpost foo.mp で処理.foo.n(n=1,2,...n)が生成される.
(3) foo.n を LaTeX ソースファイル中の \includegraphics で foo.tex に取り込む.
(4) latex foo.tex で処理.(foo.dvi を生成)
(5) dvips foo.dvi で処理.(foo.ps を生成)
(6) ps2pdf foo.ps foo.pdf (PDF を生成)

さて,今回紹介する "mpgraphicsパッケージ" を使うと,上記の一連の流れを自動化したものと考えられ,
pdflatex foo とすると,1回のコンパイルで PDF が生成されます.

mpgraphics パッケージに関しては "mpgraphics --- LaTeX文書中に MetaPostコード を埋め込み実行する"

で,概要が説明されています.ご一読の程,お願いします.

今回,mpgraphicsパッケージ で利用する (.mp)ソースファイル はネットで検索した "MetaPost:Examples" です.

ダウンロードの上,examples.mp を利用するものとします.

§2 mpgraphics の基本的な構成

mpgraphics-style.png

説明:
● mpdefs環境はオプションです.必要なければ省略できます.
● ltxpreamble環境はオプションです.必要なければ省略できます.
● mpdisplay環境は必須です.ここに,MetaPostコードを記述します.

§3 ソースファイルの例

■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■
\documentclass{article}
\usepackage{mpgraphics}
\usepackage{color}
\begin{document}
\begin{mpdisplay}
pair A, B, C;
A:=(0,0); B:=(1cm,0); C:=(0,1cm);
draw A--B--C;
\end{mpdisplay}
\end{document}
■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■

(注)
● クラスファイルは欧文用を使います.この場合は article を指定しています.
● ダウンロードで得られた examples.mp において beginfig(1) と endfig; を除いた部分をコピーし,
  \begin{mpdisplay}~\end{mpdisplay} の間にペーストしてください.
● コンパイルは pdflatex foo.tex です.

● クラスファイルが和文用の場合には "日本語 MetaPost --- uplatex , platex で使ってみる"
  をご覧ください.

§4 実行結果

次の Example01.pdf ~ Example04.pdf (4分割)をクリックの上,ご覧ください.

(1) Example01.pdf
(2) Example02.pdf
(3) Example03.pdf
(4) Example04.pdf

(EOF)
スポンサーサイト
  1. 2015/09/01(火) 08:54:50|
  2. MetaPost