天地有情

ConTeXt 雑記(13) -- References


(1)参考文献のリストの簡単例
最後のページに本文で引用した参考文献のリストを出力させるためには,まずはじめに,
”文献データベースファイル”を作成します.そのファイルの拡張子は .bib とします.
例えばそれを myref.bib とします.

------------------------myref.bib---------------------------
@book{ITOK.01,
author ="伊藤和人",
title ="『{\tf\LaTeX} トータルガイド』",
publisher ="株式会社秀和システム",
year ="1992"}

@book{LAMP.01,
author ="Lamport,Leslie",
title ="{\tf\LaTeX :} A Document Preparation System",
publisher ="Adison-Wesly Publishing Company,Inc.",
year ="1986"}

@book{KNUT.01,
author ="Knuth,Donald E.",
title ="The {\tf\TeX} book",
publisher ="Adison-Wesly Publishing Company,Inc.",
year ="1984",
note ="(邦訳:『\TeX ブック (改訂新版)』斎藤信男 監訳, アスキー,1992)"}

------------------------------------------------------------

(2)次に,例えば foo.tex という文書ファイルを作成し,上記の myref.bib を取り込んで
コンパイルします.

------------------------foo.tex---------------------------
\setupbibtex[database=myref]
\setuppublications[numbering=yes,alternative=num]

\starttext
Lamport~\cite[LAMP.01]は\LaTeX の聖書と言うべき本を書いた.
\cite[extras= {,邦訳: p.184--186}][LAMP.01]におけるtabbing環境の解説は
初心者にはほとんど「般若心経」である.これの理解には伊藤の
書~\cite[extras= {,7-4節: p192--202}][ITOK.01]が助けとなろう.

\subject{参考文献}
\placepublications
\stoptext
------------------------------------------------------------

(3)結果は次の通りです.

ref01


(4)以上の事柄を纏めてみます.

● 文献データベースファイル myref.bib における @book{ の次にある ITOK.01, LAMP.01, KNUT.01 は
文献引用キーと呼ばれるもので文書ファイルでこのキーを \cite{} の引数として入力すると,そこに
文献ラベル[1],[2],...[3] が出力されます.
● 上の例から判るように参考文献リストの作成とは将来引用するであろう文献を集めた「文献データベースファイル」
を事前に作成しておき,そこから必要な参考文献を本文に引用し,かつ本文の最終ページに本文で引用された
参考文献のリストを自動的に出力させることを言います.
● 文献出力は \placepublications で行われます.このとき,タイトル(参考文献)の
出力はユーザが指定します.通常,\subject あるいは \title などで指定されます.
● もう一つの方法として\completepublications が使われます.
タイトルは \setupheadtext[pubs=References] で設定されます.
この方法では改ページの上,参考文献のリストが出力されます.

(5)文献データベースファイルのもう一つの方法
前例では文献データベースファイル myref.bib を別ファイルとし,このファイルを指定することにより,
参考文献リストを生成しています.

ConTeXt では次の命令を使って本文中に文献データベースを作成することができます.
\startpublication ~ \stoppublication

以下にサンプルを示します.結果は上記と同じです.

------------------------sample.tex---------------------------
\setuppublications[numbering=yes,alternative=num]
\starttext
Lamport~\cite[LAMP01]は\LaTeX の聖書と言うべき本を書いた.
\cite[extras= {,邦訳: p.184--186}][LAMP01]におけるtabbing環境の解説は
初心者にはほとんど「般若心経」である.これの理解には伊藤の
書~\cite[extras= {,7-4節: p192--202}][ITOK01]が助けとなろう.

\startpublication[k=ITOK01,
t=book,
a=伊藤,
n=1,
y=1992]
\title{『{\tf\LaTeX} トータルガイド』}
\author{伊藤}[]{和人}{}
\pubyear{1992}
\pubname{株式会社秀和システム}
\stoppublication

\startpublication[k=LAMP01,
t=book,
a=Lamport,
n=1,
y=1986]
\title{{\tf\LaTeX :} A Document Preparation System}
\author{Lamport}[]{Leslie}{}
\pubyear{1986}
\pubname{Adison-Wesly Publishing Company,Inc.}
\stoppublication

%\completepublications
\subject{参考文献}
\placepublications
\stoptext
-------------------------------------------------------------

(6)文献スタイル
文献スタイルの指定は
\setuppublications[numbering=yes,alternative=■]
を使います.

■部には次の末尾の3文字を指定します.
bibl-ams , bibl-apa, bibl-aps, bibl-num, bibl-ssa

どのような形式になるかは試してみてください.

スポンサーサイト
  1. 2013/03/25(月) 17:30:45|
  2. ConTeXt
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<ConTeXt 超入門 | ホーム | ConTeXt 雑記(12) -- Footnotes>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://konoyonohana.blog.fc2.com/tb.php/13-11fa6e5f
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)