天地有情

dpic --- 図形作成プログラミング言語

dpic --- 図形作成プログラミング言語

§1 はじめに

pic とは,簡単なフローチャートのような図を作成するためのプログラミング言語
(A Graphics Language for Typesetting) です. troff 用図形プリプロセッサとして実装されています.
dpic は Dwight Aplevichによって作成された LaTeX文書や Webファイルの図を生成するために用いられます.

pic または gpic プロセッサ同様に pic言語の基本的な知識が必要とされます.
しかし、後述の dpic言語マニュアルの付録A,Bに記載されています.

dpic は,ほとんどの部分は gpicの入力を受け入れますが,若干の違いがあることに注意が必要です.

1.1 インストール

https://ece.uwaterloo.ca/~aplevich/dpic/ から 以下をダウンロードの上,インストールしてください.

   (1)dpic.zip  -- doc や examples などが含まれる
   (2)PC executable -- コンパイラ dpic.exe
   (3)dpic manual -- マニュアル(PDF)

1.2 マニュアル

同上の(3)dpic manual を参照してください.

   p-30 -- Appendix A: dpic man page
   p-43 -- Appendix B: dpic grammar

§2 基本的な事柄

(1)図形primitive

   planar objects: box, circle, ellipse
   linear objects: line, arrow, move, spline, arc

   また,上記を修飾するコマンドが多数 用意されています.(マニュアル Appendix B: dpic grammar を参照)

(2)長さの単位は "インチ" となります.

   (参考)
   【インチをmmに変換】(1/0.04) × [inch]

   【mmをインチに変換】(0.04) × [mm]

(3)dpic コンパイラ

   dpic言語入力をLaTeXや他の形式に変換します.
   
   書式:
   dpic [ -defghmprstvxz ] [ infile ] [> outfile ]
   一般的に、infileのフォーム名[.PIC]であり,outfileのフォーム名[.tex|.EPS| PDF |.fig|.mp|.SVG]です.

   Options:
   (none) LaTeX drawing output (very limited font-based drawing capability)
   -d PDF output, basic strings
   -e pict2e output
   -f Postscript output, strings in psfrag format
   -g TikZ-pgf output
   -h write help message and quit
   -m mfpic output (see mfpic documentation)
   -p PSTricks output
   -r raw Postscript output, no automatic string formatting
   -s MetaPost output
   -t eepicemu output (slightly less limited than LaTeX drawing output)
   -v svg output
   -x xfig 3.2 output
   -z safe mode (access to external files disabled)

§3 代表的なコンパイル方法

  (1)dpic foo.pic > foo.tex
  
     foo.tex を \input{foo} として LaTeX ファイルに取り込みます.

      foo.pic
      ==============================
      .PS
       box dashed "Hello" "World"
      .PE
      ==============================

  (2)dpic -d foo.pic > foo.pdf

      画像サイズの foo.pdf を生成します.

      foo.pic
      ==============================
      .PS
       box dashed "Hello" "World"
      .PE
      ==============================

  (3)dpic -g foo.pic > foo.tex && lualatex foo.tex

      TikZ-pgf の出力とし,\input{foo.tex} として,lualatex(または luajitlatex) で処理します.
      LaTeX 文書例は下記.この場合,日本語も使えます.
      なお,クラスファイルを article とした場合は,pdflatex を使います.日本語は使えません.

      foo.pic
      ======================================
      \documentclass{ltjarticle}
      \usepackage{tikz}
      \begin{document}
       .PS
        box dashed "Hello" "ようこそ"
       .PE
      \end{document}
      ======================================


§4 簡単なサンプル集

【注】コンパイル方法は上記の(3)形式で行っています.

(1)Source File Name : dpic01.pic

dpic01.png




(2)Source File Name : dpic02.pic

dpic02.png




(3)Source File Name : dpic03.pic

dpic03.png




(4)Source File Name : dpic04.pic

dpic04.png




(5)Source File Name : dpic05.pic

dpic05.png




(6)Source File Name : dpic06.pic

dpic06.png




(7)Source File Name : dpic07.pic

dpic07.png




(8)Source File Name : dpic08.pic

dpic08.png




(9)Source File Name : dpic09.pic

dpic09.png




(10)Source File Name : dpic10.pic

dpic10.png




(11)Source File Name : dpic11.pic

dpic11.png




(12)Source File Name : dpic12.pic

dpic12.png




(13)Source File Name : dpic13.pic

dpic13.png




(14)Source File Name : dpic14.pic

dpic14.png

(EOF)
スポンサーサイト
  1. 2015/07/12(日) 10:09:12|
  2. LaTeX Tools