天地有情

[LaTeX] floatflt --- 文章を図表の周りに流し込む

floatflt --- 文章を図表の周りに流し込む

§1 はじめに

floatflt.sty はページの全幅に及ばない図表の周りにテキストを流し込みます.
図表の挿入位置はデフォルトでは固定されており,奇数ページの場合には右側に,偶数ページの場合には左側に
挿入されます.ただし,オプション指定で挿入位置は変更できます.本パッケージは floatfig.sty の上位互換
の拡張パッケージとなっています.

floatflt.sty には floatingfigure環境(図) と floatingtable環境(表) の 2つ の環境が定義されています.

1.1 インストール

CTAN (http://www.ctan.org/pkg/floatflt) からダウンロードの上,インストールしてください.

こちらでは, C:\w32tex\share\texmf-local\tex\latex にインストールしました.
インストール後は必要に応じて mktexlsr (あるいは texhash) を実行します.

1.2 マニュアル

コマンドラインから texdoc floatflt を実行してください.

§2 書式と使い方

2.1 LaTeX2e 文書での指定方法

プリアンブルに
  \usepackage[option-A]{floatflt} を記述します.

  [option-A]には,文書全体に対して,図表配置の "一括指定" ができ,次のいずれかが設定できます.

  ● rflt : 図表は各ページの right 側に配置します.
  ● lflt : 図表は各ページの left 側に配置します.
  ● vflt : 図表は奇数ページなら right 側,偶数ページなら left 側に配置します.(default)

2.2 floatingfigure環境

  \begin{floatingfigure}[option-B]{width} ~ \end{floatingfigure}

  [option-B]には,文書全体に対して,図表配置の "個別指定" ができ,次のいずれかが設定できます.
  このオプションは上述のパッケージオプション [option-A] よりも優先します.

  ● r : 図は各ページの right 側に配置します.
  ● l : 図は各ページの left 側に配置します.
  ● p : 図は奇数ページなら right 側,偶数ページなら left 側に配置します.
  ● v : 図は奇数ページなら right 側,偶数ページなら left 側に配置します.(default)

2.3 floatingtable環境

  \begin{floatingtable}[option-C] ~ \end{floatingtable}

  [option-C]には,文書全体に対して,図表配置の "個別指定" ができ,次のいずれかが設定できます.
  このオプションは上述のパッケージオプション [option-A] よりも優先します.

  ● r : 表は各ページの right 側に配置します.
  ● l : 表は各ページの left 側に配置します.
  ● v : 表は奇数ページなら right 側,偶数ページなら left 側に配置します.(default)

§3.サンプル

floatflt01.png

floatflt02.png

(EOF)
スポンサーサイト
  1. 2015/07/03(金) 07:53:54|
  2. LaTeX Tools