天地有情

[LaTeX] multienum --- 演習問題の解答番号などを数値配列で作成する

multienum --- 演習問題の解答番号などを数値配列で作成する

§1 はじめに

multienumパッケージは,複数の列の数値配列を生成することができ,オプションとして配列項目は偶数または奇数
のみの番号付けも指定できます.

演習問題などを組版すると,頻繁に多くの短い解答を含む列挙リストを作成する必要があります.
このようなとき,multienumパッケージが一助になります.

1.1 インストール

TeXLive/W32TeX などには標準でインストールされていますので,インストール作業は必要ありません.
すぐに利用できる状態にあると思われます.

1.2 マニュアル

コマンドラインから texdoc multienum を実行してください.

§2 簡単なサンプル

下表は,典型的な数値配列を示しています.

演習問題などの解答を列挙配列(日本語にも対応しています)

menum01.png


■ 簡単な説明

1行目:4つの項目を配置.
2行目:3番目の項目が長いため4番目まで拡張されている.4番目の項目はブランク.
3行目:1,3番目の項目が長いため,2,4番目の項目はブランク.
4行目:1番目の項目が長いため,2,3,4番目の項目はブランク.

列挙番号は 1,2,3,...の昇順がデフォルトですが,オプションで1,3,5,...の奇数 あるいは 2,4,6,...の
偶数配列も可能です.

上に示した数値配列を生成するために入力は次のようになります.

2.1 書式

プリアンブルに
  \usepackage{multienume}  を記述します.

■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■
% FileName: foo.tex
% encoding: utf-8

\documentclass{ltjsarticle}
\usepackage{multienum}
%
\begin{document}
\begin{multienumerate}
\mitemxxxx{Not}{Linear}{Not}{Quadratic}
\mitemxxxo{Not}{Linear}{Not}
\mitemxx{$(x_1,x_2)=(2+\frac{1}{3}t,t)$ or
$(s,3s-6)$}{$(x_1,x_2,x_3)=(2+\frac{5}{2}s-3t,s,t)$}
\mitemx{$(x_1,x_2,x_3,x_4)=
(\frac{1}{4}+\frac{5}{4}s+\frac{3}{4}t-u,s,t,u)$
or $(s,t,u,\frac{1}{4}-s+\frac{5}{4}t+\frac{3}{4}u)$}
\mitemxxxx{$(2,-1,3)$}{None}{$(2,1,0,1)$}{$(0,0,0,0)$}
\end{multienumerate}
\end{document}
■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■

2.2 コンパイルの仕方(クラスファイルが ltjsarticle の場合)

  luajitlatex foo.tex
  または
  lualatex foo.tex

2.3 コンパイルの結果

  正しくコンパイルできたら foo.pdf が生成されます.

§3 コマンド

3.1 multienumerate環境

● \begin{multienumerate} ... \end{multienumerate}
  連続して数値配列を生成します.

● \begin{multienumerate}[evenlist] ...\end{multienumerate}
  偶数のみを使用して列挙配列を生成します.

● \begin{multienumerate}[oddlist] ...\end{multienumerate}
  奇数のみを使用して,数値配列を生成します.

3.2 コマンド

数値配列は9つのいずれかのコマンドを使用して設定されます.

menum02.png


\mitemx{}      行中に1つの項目.
\mitemxx{}{}     行中に2つの項目.
\mitemxxx{}{}{}   行中に3つの項目.
\mitemxox{}{}    行中に3つの項目の内,その最初の項目は,次の第2の項目空間に拡張できる.
\mitemxxo{}{}    行中に3つの項目の内,第2の項目は,次の第3の項目空間に拡張できる.
\mitemxxxx{}{}{}{}  行中に4つの項目.
\mitemxoxx{}{}{}   行中に4つの項目の内,その最初の項目は,次の第2の項目空間に拡張できる.
\mitemxxox{}{}{}   行中に4つの項目の内,第2の項目は,次の第3の項目空間に拡張できる.
\mitemxxxo{}{}{}   行中に4つの項目の内,第3の項目は,次の第4の項目空間に拡張できる.

(EOF)
スポンサーサイト
  1. 2015/06/20(土) 13:53:47|
  2. LaTeX Tools