天地有情

[LuaLaTeX] LuaLaTeX で『源ノ角ゴシック』を使ってみた

LuaLaTeX で『源ノ角ゴシック』を使ってみた

§1 はじめに

GoogleとAdobeの共同開発で日本語・中国語・韓国語に使えるオープンソースのフォント
「Noto Sans CJK」 あるいは 「源ノ角ゴシック」が公開されています.
共同開発と言うことで,それぞれ呼び名が違いまが,ざっくり見た感じは同じもののようです.

hans01.png

名称がややこしいのですが、「Noto Sans」=「Source Han Sans」=「源ノ角ゴシック」です.

ウェイト名が一部異なります.デフォルトのウェイトは Noto が Regular,源ノ角ゴシック が Normal となっており、
源ノ角ゴシックの方が若干細くなっています.

hans02.png

1.1 インストール
   「Noto Sans」あるいは「Source Han Sans」で検索すれば簡単にヒットします.
   ダウンロードしたら, C:\Windows\Fonts にインストールします.

§2 サンプル

ここでは,LuaLaTeX で『源ノ角ゴシック』を使ったサンプルを示します.

2.1 ソースファイル

■ sample.tex(UTF-8)

select03.png

【説明概要】
 3行目:optinalパッケージを登録します.
 4行目:\ExplainOptions を定義し,内容はフォントのウエイトを1~7に分類します.
 5行目:\AskOptions でコンパイル時に1~7のいずれかを入力するよう催促されます.
 6行目:和文フォントは\setmainjfont{...},欧文フォントは\setmainfont{...}で設定します.

2.2 コンパイルの仕方
  (クラスファイルが ltjsarticle の場合)

  luajitlatex sample.tex
  または
  lualatex sample.tex

【注意】コンパイル途中において,次のようにフォントを選択する必要があります.
    \UseOption= に 1~7のいずれか一つの番号を入力してリターンキーを押してください.

console.png

2.3 コンパイルの結果
  正しくコンパイルできたら sample.pdf が生成されます.

  ここでは,1~7 を個々に実行し,それを一つにまとめ挙げたものを示します.

select04.png



スポンサーサイト
  1. 2015/04/25(土) 12:42:53|
  2. lualatex