天地有情

[LaTeX] grffile.sty --- マルチドットの画像ファイル名をサポートする

grffile.sty --- マルチドットの画像ファイル名をサポートする

§1 はじめに

本パッケージは,ファイル名の広い範囲をサポートするためにグラフィックファイル名の処理を拡張します.
ファイル名は,いくつかのドットを含むことができます.または pdfTeX(またはLuaTeX)の例では,
ファイル名にスペースを含むことができます

画像ファイル名の例: Hello.World.pdf(multi-dot) あるいは Hello World.pdf など(multi-space)

1.1 インストール

TeXLive/W32TeX などには標準でインストールされていますので,インストール作業は必要ありません.
すぐに利用できる状態にあると思われます.
格納場所は コマンドラインから kpsewhich grffile.sty を実行してください.

1.2 マニュアル

コマンドラインから texdoc grffile を実行してください.

§2 LaTeX2e 文書での指定方法

2.1 書式

プリアンブルに
  \usepackage[<options>]{grffile}  を記述します.


2.2 <options>の Default settings

grffile01.png

2.3 書式のサンプル

  書式のサンプルを示します.
  
  sample.tex
  ■■■■■■■■■■■■■■■■■■■
  %% 文字コード:UTF-8
  \documentclass{ltjsarticle}
  \usepackage{graphicx}
  \usepackage{grffile}
  \begin{document}
   \includegraphics[width=3cm]{A.Hello.World.pdf}  \end{document}
  ■■■■■■■■■■■■■■■■■■■

  ★クラスファイルは ltjsarticle を使っていますが,scrartcl や article でも構いません.
  ★文字コードは UTF-8 とします.

■ コンパイルの仕方
(クラスファイルが ltjsarticle の場合)

  luajitlatex sample.tex
  または
  lualatex sample.tex

■ コンパイルの結果
  正しくコンパイルできたら sample.pdf が生成されます.

2.4 一般的な用法

オプションは,多くの場所で与えることができます.

■ As package options:
   \usepackage[<options>]{grffile}

■ Setup command of package grffile:
   \grffilesetup{<options>}

■ パッケージgraphicx用のオプションとして使用できる.
   \setkeys{Gin}{<options>}

■ パッケージgraphicxがロードされている場合は,単一の画像に適用することができる.
   \includegraphics[<options>]{...}

§3 簡単なサンプル

有名な”虎の絵”tiger.pdf を マルチドット A.Hello.World.pdf にリネームして実行してみます.

grffile03.png

結果:

grffile02.png

(注)マルチスペース A Hello World.pdf でも同様の結果となります.

(EOF)

スポンサーサイト
  1. 2015/04/11(土) 09:57:42|
  2. LaTeX Tools