天地有情

[LaTeX] scalerel --- 数学シンボルなどの伸縮操作を行う

scalerel --- 数学シンボルなどの伸縮操作を行う

§1 はじめに

scalerelパッケージはオブジェクトのスケールを垂直に延伸すために使用されます.コマンド類は数式モードまたは
テキストモードのいずれかで呼び出すことができまが,デフォルトは、数式モードで処理されます.

本パッケージでは,オブジェクト(object)とリファレンス(reference)という用語が使われており簡単に言えば,
オブジェクト(object)とは数学記号,リファレンス(reference)は数式と考えられます.
リファレンス(reference)の垂直高さに応じて,オブジェクト(object)が垂直方向に延伸します.
すべての場合において,オブジェクトが縮小または伸縮することを目的とします.

sr00.png

1.1 インストール

TeXLive/W32TeX などには標準でインストールされていますので,インストール作業は必要ありません.
すぐに利用できる状態にあると思われます.

1.2 マニュアル

コマンドラインから texdoc scalerel を実行してください.

§2.LaTeX2e 文書での指定方法

プリアンブルに
  \usepackage{scalerel} を記述します.

2.1 基本的なコマンド

   4つの基本的なコマンドがあり,そのうちの2つ星[*]の変種があります.

   \scalerel[*][max_width]{object}{reference}
   \stretchrel[*][min_aspect]{object}{reference}
   \scaleto[max_width]{object}{height}
   \stretchto[min_aspect]{object}{height}

オプションのアスタリスク( * )を付すとリファレンス(reference)部分が抑制(非表示)されます.

2.2 複合的なコマンド
   
   上記に加えて4つの基本的なコマンドの複合体として以下の追加されたコマンドがあります.

   \scaleleftright[max_width]{left-obj.}{reference}{right-obj.}
   \stretchleftright[min_aspect]{left-obj.}{reference}{right-obj.}
   \hstretch{scale}{object}
   \vstretch{scale}{object}
   \scaleobj{scale}{object}

object は数学のオブジェクト(数学記号など)であると仮定され現在の math mode で処理されます.
一方,reference は現在のモード(テキストまたは数式)にかかります.

§3.代表的な書式例

3.1 書式のサンプル

  以下にサンプルの書式を示します.
  foo.tex
sr-prog.png

  4,5行目:stackengine.sty は必要に応じて利用します.(\shortstack の代わりに使えます)
  ただし,新たに CTAN からダウンロードしたてください.

  ★クラスファイルは ltjsarticle を使っていますが, article などでも構いません.
  ★文字コードは UTF-8 とします.

3.2 コンパイルの仕方
(クラスファイルが ltjsarticle の場合)

  luajitlatex foo.tex
  または
  lualatex foo.tex

3.3 コンパイルの結果
  正しくコンパイルできたら foo.pdf が生成されます.


§4.コマンドの使い方

4.1 \scalerel[*][max_width]{object}{reference}

Example01:
sr01.png

この例では[stackengine]をダウンロードし,プリアンブルに次を追加します.
  --------------------------------------
  \usepackage[usestackEOL]{stackengine}
  \stackMath
  --------------------------------------

Example02:
sr02.png

オプション[max_width]=6ex を指定しています.
[max_width] はオブジェクトのための最大幅の許容として指定され,幅がこの制限を超えてしまう場合は縮小されます.

Example03:
sr03.png

リファレンスには文字列を指定しています.\shortstack の代わりに stackengine.sty も利用できます.

4.2 \stretchrel[*][min_aspect]{object}{reference}

オブジェクトの縦横比が [min_aspect] 値を下回る場合は,オブジェクトの幅は、この最小しきい値を満たすために
増加されます.[min_aspect] の値は整数でなければなりません.

Example04:
sr04.png


4.3 \scaleto[max_width]{object}{height}

Example05:
sr05.png


4.4 \stretchto[min_aspect]{object}{height}

Example06:
sr06.png


4.5 \scaleleftright[max_width]{left-obj.}{reference}{right-obj.}

Example07:
sr07.png


この例では[stackengine]をダウンロードし,プリアンブルに次を追加します.
  --------------------------------------
  \usepackage[usestackEOL]{stackengine}
  \stackMath
  --------------------------------------

Example08:
sr08.png

この例では[stackengine]をダウンロードし,プリアンブルに次を追加します.
  --------------------------------------
  \usepackage[usestackEOL]{stackengine}
  \stackMath
  --------------------------------------

4.6 \stretchleftright[min_aspect]{left-obj.}{reference}{right-obj.}

Example09:
sr09.png

4.7 \hstretch{scale}{object}

Example10:
sr10.png

4.8 \vstretch{scale}{object}

Example11:
sr11.png

4.9 \scaleobj{scale}{object}

Example12:
sr12.png



スポンサーサイト
  1. 2015/02/28(土) 14:00:20|
  2. LaTeX Tools