天地有情

[LaTeX] xtab --- supertabularの後継(長いテーブルの自動的なページ分割)

§1.はじめに

xtab パッケージは,長いテーブルが自動的にページ境界で分割されることを可能にします.
それは supertabularドキュメントに記載の弱点のいくつかを軽減し,追加機能を提供します.

マニュアルには次のようなことが記述されています.

1)ときには supertabular のトップキャプションは1ページに印刷されており,本体は次のページ(複数可)に
  印刷されています.すなわち,孤独なキャプションがあります.
2)ときには supertabular の最後のページには,空のテーブルで構成されています.
  すなわち,テーブルのちょうど頭と足が印刷されます.
3)表の最初のヘッダ行の数は,後続のヘッダの行数と異なる場合,表の連続ページが長すぎたり,短すぎたりします.

これらの弱点は,TEXが改ページを置く場所を推測しようとすることで引き起こされます.
本パッケージは,独自の改ページを置きます.

1.1 インストール

TeXLive/W32TeX などには標準でインストールされています.

1.2 マニュアル

コマンドラインから texdoc xtab を実行するか,
上記に同梱の xtab.pdf をお読み下さい.

§2.使い方

プリアンブルに
  \usepackage{xtab} を記述します.

本体は \begin{xtabular} ~ \end{xtabular}で囲みます.

■ 主なコマンド

● \topcaption{...}
  コマンドは,テーブルのキャプションを提供します.キャプションは表の一番上に配置されます.

● \bottomcaption{...}
  コマンドは,テーブルのキャプションを提供します.キャプションは表の下部に配置されます.

● \tablecaption{...}
  コマンドは,テーブルのキャプションを提供します.キャプションは表の一番上にあるデフォルトの位置に配置されます.

● \tablefirsthead{...}
  表形式のヘッドの最初に現れる内容を定義します.このコマンドはオプションです.

● \tablehead{...}
  次ページ以降の表ヘッドの内容を定義します。

● \tablelasthead{...}
  表の最後のページの表ヘッドの内容を定義します。

● \tabletail{...}
  このコマンドの内容はテーブルの最後のページを除いて各ページの(内部)\end{tabular}の前に挿入されます.

● \tablelasttail{...}
  このコマンドの内容は,テーブルの最後の(内部)\end{tabular}の前に挿入されます.

§3.代表的な書式例

  foo.tex
xtab01.png
  ★ クラスファイルは ltjsarticle を使っていますが,scrartcl や article などでも構いません.
  ★ 文字コードは UTF-8 とします.

3.1 コンパイルの仕方 (クラスファイル ltjsarticle の場合)

  luajitlatex foo.tex
  または
  lualatex foo.tex

3.2 コンパイルの結果

  正しくコンパイルできたら foo.pdf が生成されます.


§4.簡単なサンプル

歴代天皇の一覧表を例題とします.

xtab02.png

(注)歴代天皇一覧表(emperor.tex)は掲載割愛します.

xtab03-1.png
1ページ目
------------------------------------
tab03-2.png
2ページ目
------------------------------------
xtab03-3.png
3ページ目
------------------------------------

(EOF)
スポンサーサイト
  1. 2015/02/09(月) 07:44:55|
  2. LaTeX Tools