天地有情

ConTeXt 雑記(10) -- Contents

ConTeXt では4種類の目次が作成できます.

● 本文目次 \section命令などによって部・章・節などを宣言したものの目次
● 付録目次 \startappendices命令などによって付録の章・節などを宣言したものの目次
● 図 目次 \caption命令などによって図の標題を宣言したものの目次
● 表 目次 \caption命令などによって表の標題を宣言したものの目次

さらに \placelistコマンドを利用すると数式リストなどの作成ができます.

基本的な目次の出力方法について説明します.

(1)\placecontent コマンドを使う
標準的に使用されます.『目次』などのタイトルは \title{目次} のようにしてユーザが定義します.
以下はサンプルです.(手持ちの書籍から目次の部分を転写しました)

例1:
---------------------------------------------
\title{目次}
\placecontent[width=1.5cm]
\chapter{数式処理システム Mathematica}
\section{Mathematica の概要}
\section{Mathematica における式と数}
\subsection{数式と数値の入力}
\subsection{リストとベクトル}
\subsection{論理計算}
\section{数式処理機能をつかてみる}
\subsection{多項式と有理式}
\subsection{方程式の解}
\subsection{ベクトルと行列}
\subsection{微積分}
\subsection{級数と数列}
\subsection{微分方程式の解法}
---------------------------------------------

結果を次に示します.

content

出力結果から次の事柄に注目します.

※ セクションの番号とタイトル間のスペースはオプション[width=1.5cm] のように調整ができる.
※ リーダー(タイトルとページを結ぶ点線)は標準では付かないがオプション[alternative=c]
のように指定してリーダーを付けることができる.
※ オプションの詳細は \setuplist を参照してください.

(2)\completecontent コマンドを使う
\placecontentと同様ですが,タイトルが予め用意されています.出力の際は改ページされます.
試してください.

例2:
---------------------------------------------
\setupheadtext[content=目次] %% 標準は ”Contents” で出力されます.
\completecontent[width=1.5cm]
\chapter{数式処理システム Mathematica}
\section{Mathematica の概要}
\section{Mathematica における式と数}
\subsection{数式と数値の入力}
\subsection{リストとベクトル}
\subsection{論理計算}
\section{数式処理機能をつかてみる}
\subsection{多項式と有理式}
\subsection{方程式の解}
\subsection{ベクトルと行列}
\subsection{微積分}
\subsection{級数と数列}
\subsection{微分方程式の解法}
---------------------------------------------

(3)\placelist コマンドを使う
\placecontentと同様の結果となります.

例3:
---------------------------------------------
\title{目次}
\placelist[chapter,section,subsection][alternative=c,width=2cm]
\chapter{数式処理システム Mathematica}
\section{Mathematica の概要}
\section{Mathematica における式と数}
\subsection{数式と数値の入力}
\subsection{リストとベクトル}
\subsection{論理計算}
\section{数式処理機能をつかてみる}
\subsection{多項式と有理式}
\subsection{方程式の解}
\subsection{ベクトルと行列}
\subsection{微積分}
\subsection{級数と数列}
\subsection{微分方程式の解法}
---------------------------------------------

(4)付録の目次
付録の目次は \startappendices ~ \stopappendices で\chapter や\section などを囲みます.
付録番号はA,B,...から始まり順次A.1, A.2, ... B.1, B.2, ...となります.

例4:
---------------------------------------------
\title{付録}
\placecontent
\startappendices
\chapter{付録A}
\section{その1}
\section{その2}
%
\chapter{付録B}
\section{その1}
\section{その2}
\stopappendices
---------------------------------------------

結果を次に示します.

append

(5)図の目次
使用した画像の一覧目次にはキャプション名が使われ \placelist[figure] で出力されます.

例5:
---------------------------------------------
\title{図目次}
\placelist[figure][alternative=c,width=1cm]
\placefigure[force][fig:001]{愛猫}
{\externalfigure[cat][width=3cm,type=png]}
\placefigure[force][fig:002]{愛犬}
{\externalfigure[dog][width=3cm,type=png]}
\placefigure[force][fig:003]{森と湖}
{\externalfigure[pic][width=3cm,type=png]}
---------------------------------------------

結果を次に示します.

figure

(6)表の目次
使用した表の一覧目次にはキャプション名が使われ \placelist[table] で出力されます.

例6:
---------------------------------------------
\title{表目次}
\placelist[table][alternative=c,width=1cm]
\placetable[force][tab:001]{定価表}
\starttable[|l|r|r|] ~省略~ \stoptable
\placetable[force][tab:002]{景気動向}
\starttable[|l|r|r|] ~省略~ \stoptable
\placetable[force][tab:003]{人口密度}
\starttable[|l|r|r|] ~省略~ \stoptable
---------------------------------------------

結果を次に示します.

table

(7)数式の目次
数式の目次は \placelist および \placenamedformula 命令で作成されます.

例6:
---------------------------------------------
\title{数式目次}
\placelist[formula][alternative=c]
\placenamedformula{根の公式}
\startformula
x=\frac{-b\pm\sqrt{b^2-4ac}}{2a}
\stopformula

\placeformula $$ a = 2 $$

\placenamedformula{積分の式}
$$ f(x)=\int_0^\infty xdx +C $$
---------------------------------------------

結果を次に示します.

formula






スポンサーサイト
  1. 2013/03/23(土) 09:51:08|
  2. ConTeXt
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<ConTeXt 雑記(11) -- Definitions | ホーム | ConTeXt 雑記(9) --- Index>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://konoyonohana.blog.fc2.com/tb.php/10-0ed3d565
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)