天地有情

ConTeXt 雑記(1) --- Horizontal line

ConTeXtでは水平線(横線)を引くコマンドが幾つか用意されています.
\thinrules について調べてみます.指定方法は
\thinrules[parameter = value] の形式です.
代表的なパラメータに次のものがあります.

======================================
n=整数(水平線の本数)
color=線の色(red,green,blue,yellow,..など)
rulethicness=線の太さ(単位は pt,mm,..など)
======================================

例1:赤線で太さ2ptの2本線を引く.

\setupcolors[state=start] %カラーを使うときに宣言する.
\thinrules[n=2,color=red,rulethicness=2pt]

例2:\hairline あるいは \thinrule も水平線を引くコマンドです.
これらは以下と同等となります.

\thinrules[n=1]

ちょっと,趣が変わりますがラベル付きの水平線があります.

\fillinrules[parameter = value] の形式です.

例3:\fillinrules[n=2,width=2cm, separator=:]{住所}

試してみてください.
スポンサーサイト
  1. 2013/03/09(土) 13:25:22|
  2. ConTeXt
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<ConTeXt 雑記(2) --- Color | ホーム |

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://konoyonohana.blog.fc2.com/tb.php/1-f310fca7
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)