天地有情

[LaTeX] 改訂版4:公開済みパッケージ一覧表(目的別順)

[LaTeX] 改訂版4:公開済みパッケージ一覧表(目的別順)


「公開済みパッケージ一覧表(目的別順)」の(改訂版)です.(2018/1/20までの収録分を掲載)



パッケージ名 概要タイトル
【箇条書】
asciilist 簡潔な箇条書き
cjwoutl enumerateのようなアウトライン環境
easylist もう一つの『箇条書き』パッケージ
enumitem 使い方 備忘録
enumspec リスト項番の先頭に文字を付加する
expdlist description環境の拡張(項目ラベルのプロパティ)
hlist 列数が指定できる水平リスト
iitem 箇条書き環境を簡素化する
linguex 簡潔なリスト環境を生成
philex linguexリスト作成のエンハンス版
lstlinebgrd リストの行に背景色を付加する
shortlst 短いアイテムのリスト
tablists 短い項目の一覧表
   
【表】
bigtabular ページ境界で分割可能(tabular)
booktabs テーブルに横罫線を引く
blkarray 拡張された array & tabular 環境
cellspace 表のセルの最小間隔を確保する
collcell 表のセル内容をマクロの引数として収集する
colortbl 表の指定された行や列に背景色を付ける
csvsimple CSVで表作成 ~初歩の初歩~
ctable もう一歩進んだテーブル環境
diagbox 斜線で表ヘッダを生成
easytable セルサイズや罫線太さを自由にアレンジ
keyvaltable 再利用可能なコンテンツとプレゼンテーションを分離するテーブル
listliketab 表形式のリストをタイプセット
makecell 表の要素の配置
pas-tableur スプレッドシートの作成 ~初歩の初歩~
spreadtab スプレッドシート機能をもつtabular環境
tablestyles テーブルにテキストとスタイルの分離を導入
tabularcalc 表形式の環境で式を計算する
tabulary セル幅列がバランスのとれた表形式
threeparttable 表の直下に脚注をつける
widetable 指定された幅の表を生成する環境
xtab supertabularの後継(長いテーブルの自動的なページ分割)
   
【画像】
callouts 画像・写真の中に簡単な注釈やメモを入れる
captdef/capt-of 非フロート環境で図表にキャプションを付ける
caption キャプション・パッケージ  いろいろ
dpfloat ダブルページへの画像配置サポート
easyfig figure環境を簡素化する
endfloat 図表を エンド・ページ に配置する
eso-pic 画像のコマンドを追加する
figsize グラフィックスを自動サイズ設定する
flafter 図表を文章末尾に配置
float フロートのための環境改善
floatflt 文章を図表の周りに流し込む
gincltex 外部のグラフィックファイルを取り込む
gradientframe オブジェクトの周りの単純なグラデーションフレーム
graphbox graphicxオプションを拡張してグラフィックの配置を改善する
graphicxbox 背景としてグラフィックイメージを挿入する
grffile マルチドットの画像ファイル名をサポートする
hvfloat floatのキャプションとオブジェクトを独立して回転させる
image-gallery 画像の概要を作成する
incgraph 1つまたは複数の画像を独立したページのPDF文書に変換
keyfloat floatを生成するためのkey/valueインタフェースを提供する
KLatexFormula LaTeX の数式を画像ファイルに出力するアプリケーション
labelfig EPSの図にラベル(文字列など)を付加する
longfigure ページを分割する図形環境
lscape 図や表などを回転させる
nonfloat 図・表を強制的に現在の位置に配置する
overpic EPS画像の上にLaTeXのコマンドを組み合わせる
picins 文章中に枠を空け図表を挿入
plain2 べた書き入力による図表の作成
psfrag EPSの図に文字列を置換する
pstoedit ps/pdf ファイルをベクター形式に変換
reflectgraphics ぼやけた鏡像を作る
rviewport グラフィックインクルード用の相対ビューポート
sam2p sam2p 覚え書き(ビットマップ → PDF/EPS/PS)に変換する)
scalebar 地図,図,写真のスケールバーを作成する
sprite ビットマップでタイプアウト
standalone スタンドアロン ~初歩の初歩~
subfig 複数の図表を並置する  いろいろ
svg LaTeX文書にSVG画像を含める方法
titlepic タイトルページに画像を配置する
wrap-all 図表の周囲にテキストを回し込む いろいろ
   
【数学】
autobreak 長い数式を自動改行する
autonum リファレンスをつけられた 数式 の 番号付け を実行
bnumexpr 任意に大きな整数を生成する
calc 算術計算 ~Review~
calculator 関数電卓としてLaTeXを使用
cancel 数式にスラシュ,バックスラシュなどを引く
cases 場合分け
conteq 複数行の等式のタイプセット
covington 文中数式 & ディスプレイ数式に数式番号を付与
delimseasy サイズ変更可能なデリミタコマンド
dotseqn 数式と数式番号を点線で結ぶ
eclarith 数値演算など
empheq amsmathに視覚的なマークアップを施す
eqname 数式番号を名称で扱う
fp 固定小数点数演算
formula 単位を組版
hf-tikz 数式と数式部分を簡単にハイライトする方法
longdivision 割り算を実行し,表示する
mathcomp 数式モードのテキストシンボル
onlyamsmath amsmath使用時の非amsmathの数学マークアップを禁止
oubraces overbraces & underbraces の数式
phfparen 括弧で囲まれた数式表現のより簡単な方法を提供
sepnum 数値のカンマの種類と位置を指定
scalerel 数学シンボルなどの伸縮操作を行う
spalign 行列や配列の簡素な記述方法
subsupscripts 下付き添字と上付き添字のコマンド
systeme 連立方程式のフォーマットシステム
tkz-fct tkz-fct入門 -- 数式をグラフ化する
trfsigns ラプラス変換・フーリエ変換などの変換記号をタイプセット
trig 三角関数を演算する
units.sty nicefrac.sty -インライン分数のタイプセット
witharrows コメントのための矢印付きの数学環境
yhmath 数式用 括弧,アクセント記号,根号 などのフォント
   
【フォント】
anyfontsize 任意のフォントサイズが選択できる
btt 行分割可能なタイプライタ体
ceo century old style フォントを使う(UTF8版)
cocrete concreteによるテキストと数学フォント
epsdice スケーラブルなサイコロ "フォント"
fontconfig FontConfig パッケージ中の fcコマンド 備忘録
fixmath ギリシャ文字のボールド・イタリック体
gtftex pLaTeX 用 GT フォントマクロパッケージ
iwona サンセリフ・フォント
manfnt manfnt シンボル
mbboard 黒板の太字フォント
pifont ZapfDingbats のフォントを使う
pmbb poor man's blackboard symbols
specialFont 『こんなフォント』も使ってみる
textgreek ギリシャ文字のテキストシンボル
wasysym wasyフォントへのアクセスを容易にするインタフェース
「Web Equation」 手書きの数式を自動認識してLaTeXやMathMLにする
   
【テキスト】
addlines そのページの高さ(行数)を増減させる
afterpage ページの終わりで特定のコマンドやマクロを実行させたい
alnumsec 英数字セクション番号
anonchap 章をセクションのようなタイプセットにする
at 任意の位置にテキストを配置する
background 文書のページ上の背景素材の配置
bxascmac アスキー環境
changebar テキストの余白に垂直バーを置く
changepage 奇数/偶数ページのマージン調整(テキスト幅の伸縮)
changes 文書の変更(追加,訂正,置換)のマークアップ
chappg 「章」のページ番号
continue 奇数(右)ページに「継続」マーク
coseoul 文脈依存型のアウトライン要素
copyrightbox ドキュメント内の画像に著作権表示
cutwin パラグラフ内に窓を開け,その中に素材をタイプセット
docmute 他のTeXファイルのプリアンブルを無視して読み込み
doctools LaTeXコードのドキュメント用ツール
download LaTeX 文書の中から URL で指定されたファイルをダウンロード
draftwatermark ドキュメントページに灰色の文字透かしを入れる
eclbkbox 文章を枠で囲む
eledmac 使い方 備忘録/コラムごと,あるいは見開きページで対訳を作る
endnotesj もう一つのエンドノート(その2) /endnotes.sty と類似のノート
environ environ.sty を使ってみる
epigraph 章や節の題辞(碑文)のリストをタイプセットする
fancybox 文章を影枠や楕円枠などで囲む
fancypar 個々の段落の装飾
fancyvrb 洗練されたverbatim拡張機能の提供
fgruler ページの前景またはテキストにルーラーを描画
filecontents LaTeX標準の強化版
filecontentsdef filecontents.styの拡張版
hh パラグラフをマークアップする
import より安全に外部ファイルを取り込む
jalipsum jalipsum.sty を使ってみる
latexdiff LaTeXファイルの重要な違いを特定してマークアップする
leading テキスト行間の距離(改行幅)を定義する
lettrine 段落の先頭文字の大きさと配置を制御
linenumber テキスト「行番号」 いろいろ
lipsum lipsum, kantlipsum, blindtext --- ダミーテキストの生成
listlbls ドキュメント全体で使用されるすべてのラベルのリストを作成する
markdown Markdown記述をLaTeX文書に書き込む
minitoc 章ごとに小目次を作る(日本語対応):備忘録
mpgraphics LaTeX文書中に MetaPostコード を埋め込み実行する
ncccropbox Cropマーク付きボックス
needspace スペースを予約する.無い場合は改ページを挿入
ofpage ofpage, nofm --- 文書ページ番号 いろいろ
pagenote もう一つのエンドノート(その1)
parnotes 段落の後にノートを配置する
path 改行可能なパスをタイプセットする
pdfdrfatcopy "透かし文字"をページに置く
pdfpages LaTeXの中にPDFドキュメントを include する
pgfornament PGF/TikZによるベクトル装飾の描画
quotchap 章見出しを装飾する
ruby ruby関連 いろいろ
seqsplit 長い文字列をそのまま表示する
setspace 文書内の行間隔を設定
scalefnt 文字の縮小・拡大
shadowtext 陰影のあるテキストを生成
shapepar 特定の形状の段落をタイプセットする
showlabels ラベルを余白に表示する
smartdiagram 文書やプレゼンで使用できるダイアグラム
snapshot LaTeXドキュメントの外部依存関係を一覧表示する
subfiles マルチファイルプロジェクト用
syntonly LaTeX文書の構文チェックを実行する
typehtml HTML ソースコードを解釈して表示する
2in1(twoinone) A4サイズに2ページ分を配置する
tabto 「タブ」の移動制御
tagging タグとドキュメントの設定
termlist 任意の種類の項目に連続番号を付ける
texi-like cover TeXinfoのようなカバーページ作成
texlabel ドキュメントの一部に "ラベル" を付ける
textpath MetaPostのフリーパスに沿ってテキストを植字する
textpos テキストブロックを任意の場所に配置
thumbs "親指インデックス"の作成
textUTL 「テキスト整形」パッケージ
tracking 文字列の間のスペースを調整する
tram トラムボックスをタイプセット
underline 下線,中線,波線など いろいろ
vertbars テキストの余白に垂直線マーク
vmargin vmargin.sty の備忘録(用紙余白の設定)
wordlike ワードプロセッサのレイアウトをシミュレートする
xcomment コメント環境中の一部を表示する
xhfill 罫線(水平線)を引く
yax yax.sty を使ってみる
   
【参考文献・相互参照 ・索引】
amsrefs 参考文献をシンプルに生成する ~初歩の初歩~
biblatex もう一つの[参考文献]生成ツール
reference 相互参照 のいろいろ
showtags 参考文献項目のタグを印刷
usebib bibファイルのエントリ項目 の ”任意の要素”を表示する
xindy もう一つの日本語[索引]ツール
   
【脚注】
dblfnote 脚注を2段組とする
fn2end footnote を endnote に変換する
footnote 「脚注」関係パッケージ
footmisc 脚注表示形式のバリエーション
marginfix 標準の \marginpar を拡充する
mini-margin minipage box に対応する欄外脚注を生成
mnotes ドキュメントの余白にコメントを追加する
tablefootnote テーブルの脚注を許可する
   
【多段組】
paracol 柔軟な多段組みパッケージ(並列に同期的にタイプセットできる)
vwcol 段幅を指定した多段組.multicol.styの拡張
1in2(oneintwo) 2段組において概要とキーワードと脚注を1段組にする
多段組(tadangumi) 多段組み いろいろ
   
【警告標識】
alert 「警告」などの標識 いろいろ
alertmessage 警告メッセージを表示する
awesomebox ドキュメントに警告ブロックを描画
bclogo 「警告」などの標識 いろいろ
notes 「警告」などの標識 いろいろ
tcolorbox 「警告」などの標識 いろいろ
   
【ミニページ】
fullminipage ページスタイルが空の新しいミニページを生成
genmpage LaTeXのミニページの一般化
   
【版面】
geometry geometryパッケージ 再訪
plate 日本語文書の版面を設定
   
【ツリー】
dirtree 簡潔なディレクトリツリー図を生成する
schemata 区分図を描く
tree-package ツリー図パッケージ いろいろ
xytree XY-Picを使った構文木マクロ
   
【用語作成】
glossTeX 用語リストの自動作成ツール
lexikon 用語辞書の作成
listofsymbols シンボルのリストの作成と操作
nomencl 専門用語リストの作成
nomentbl longtable型の表に命名法をタイプする用語リストの作成
   
【定理】
theorem theorem 定理環境 いろいろ
thmbox 定理のステートメントを飾る
   
【操作】
QuickType 迅速な組版のためのLaTeX命令のエリアス
shdoc コマンドライン操作を文書化する
optional コンパイル時にオプションの選択と実行
qpdf PDFのパスワードの設定と解除
   
【Example】
latexdemo もう一つの example系
showexpl LaTeXコードとフォーマットされた出力の対照を表示する
   
【バージョン番号管理】
rcsinfo リビジョン管理システムのサポート
vrsion LaTeXソースファイルのバージョン番号を管理
mVersion ドキュメントのバージョンを管理する
   
【ソースリスト】
cprog Cプログラムをタイプセット
embedall 生成されたPDFに各種のソースファイルを埋め込む
lgrind LaTeXでソースコードの美しいリストを生成
listings プログラミング言語やソースリストなどの取り込み
minted プログラムソースコードのハイライト表示
verbments プログラムソースコードのハイライト表示
   
【ボックス】
adjustbox Graphics package を補完する汎用ボックス
boites 改ページを許可するボックス環境
boxedminipage2e 新しい boxedminipage2e を調べてみた
crbox 角(カド)が交差するボックス
efbox \fbox の拡張バージョン
foldbox 耳折れ(dog ear)のあるボックス
frame-box フレーム(ボックス)パッケージ いろいろ
framed 改ページ可能なフレームの生成
fzframes niceframe の拡張
longfbox 標準的なCSS属性を使用して"枠付きボックス"を作成する
mdframed mdframed 入門 ~初歩の初歩~(カラフルなフレーム環境を提供)
miscbox ダッシュボックスとオーバルボックス
niceframe 装飾付きフレーム(fancy frames)
tboxit タイトル付きのボックス
xsavebox 標準LaTeXの savebox の強化版
   
【グラフ】
bar 棒グラフを生成
bardiag 棒グラフを描画するためのLaTeXパッケージ
bchart 単純な水平型の棒グラフを描画する
pgfpie pieチャート(円グラフ) を描画する
pgfplots Examples集:簡単にプロットとラベルされた軸を生成するためのツールを提供
signchart 数直線グラフ上にサインを置く
   
【カラー】
coloring 名前によって自動的に色を定義する(\definecolorは不要)
colorweb カラーパッケージの色空間を拡張する
css-colors 色空間(Web 色見本)
spotcolor スポットカラーを使う
xcolor xcolor 使い方
   
【問題と解答】
exsheets exsheets入門 ~初歩の初歩~
multienum 演習問題の解答番号などを数値配列で作成する
problem 「問題」と「解答」の記述
uassign 質問と解答 および 例題などの割り当て
   
【キートップ・ロゴ】
keytop keytop いろいろ
menukeys メニューシーケンス,キーストロークなどのビルダー
metalogo mflogo と metalogo -- TeX ロゴマーク
   
【工学】
bitpattern ビットパターンダイアグラムをタイプセット
blox ブロック線図を作成する
bodegraph ボード線図,ナイキスト線図(ベクトル軌跡)を描く
circ 回路図作成のためのツール
grafcet SFCシーケンス図を作る ~入門~
karnaugh-map カルノーマップを最大6変数まで描画する
kvmacros カルノー図を描く
ladder TikZを使って簡単なラダーダイアグラムの作成
sfg シグナルフローグラフの描画
timing デジタル回路用のタイムチャート作成
venn Venn図で遊ぼう!
   
【verbatim】
cprotect マクロ引数に verbatimテキスト などを許可する
jverb 日本語文字と英字が2:1の幅になるverbatimライクな環境
spverbatim \verbとverbatim環境の出力で改行を許可する
verbatimbox verbatimテキストをLaTeXのボックスに格納し再利用する
verbatim関連 疑似タイプ入力(verbatim) いろいろ
   
【データ操作】
arrayjob 配列データ構造を操作する
arraysort 配列をソートする
coollist カンマで区切られたリストを操作する
dataref データへの参照を管理する
datatool CSVデータからグラフやテーブルを作成
forarray リストと配列構造を処理
listofitems リストデータからの読み取り
lmake 繰返し的な動作をするリストを処理する
PDFencrypt PDFの暗号化 ~3つの暗号化コマンドの紹介 ~
   
【図形作成】
coordsys picture環境での座標システム
dpic 図形作成プログラミング言語
fast-diagram FASTダイアグラムを簡単に作成する
flow-exe LaTeXの picture環境 のフローチャートを生成する
pbdiagram 複雑な可換図式(commutative diagram)を生成
tpic 線画を描く4つの方法
tikzinclude TikZイメージをインポートする
tikzpeople TikZで人型ノードを描画する
   
【PDF関連】
bookmark PDF「日本語しおり」の作り方 ~備忘録~
pageNum PDFの結合や挿入などによるページ番号の再設定方法
pdfcrop PDFの余白を削除するコマンド
pdfcomment ソースレベルでPDFにコメントなど追加
pdfreview 余白を付けたPDFファイルに注釈を付ける
xpdf XPDFパッケージの使い方(PDFを表示するプログラム)
   
【コマンド】
convbkmk convbkmkコマンドの使い方 覚え書き
dvi2dvi NTT jTeX で生成された DIV ファイルを ASCII pTeX の 形式に変換/逆変換
dvipdfmx dvipdfmx,dvipdfm,dvipdfmo コマンド 備忘録
keycommand key-valueの引数をもつコマンドの簡単な作成
ps4pdf ps4pdf コマンドの使い方
pst2pdf pst2pdf コマンドの使い方
ptex2pdf latexmk と ptex2pdf
   
【ドキュメント】
authoraftertitle \maketitle発行後に\authorなどが再利用できる
childdoc \includeされた子ドキュメントも直接コンパイルする
clipboard ドキュメントにコピーして貼り付ける
documentation C,Java および アセンブラコードのドキュメントサポート
foiltex オーバーヘッド用のLaTeX2εクラス
getmap ドキュメントで使用する 地図画像 をダウンロードする
jlreq もう一つの日本語ドキュメントクラス
memo メモ・ドキュメントスタイル
minidocument 他ドキュメント内にミニドキュメントを作成
phfnote article系の \maketitle による書式設定をよりコンパクトにする
productbox 3次元プロダクトボックスのタイプセット
progressbar 進捗状況の視覚化
savetrees LaTeXドキュメントの各ページの使用を最適化する
screenplay-pkg 脚本を作る
slides スライド作成クラスファイル
   
【マクロ】
multidef いくつかの類似したマクロの定義
multido 汎用TeX用のループマクロ
   
【原稿】
genkotex TeX用原稿用紙整形ツール
genkou 原稿用紙パッケージ
   
【バーコード】
barcode kix, bc128 --- バーコードの出力
qrcode QRコードを作る
   
【カレンダー】
calprog カレンダー作成
eclcalen メモ付きカレンダーの作成
   
【その他】
chronology 年表を作成する
clock TeXおよびLaTeX用のグラフィックおよびテキスト・クロック
lengthconvert "長さ"の変換
lcd LCD英数字スタイルのディスプレイ
mwe minimal working examples (MWE)
pigpen フリーメイソンの「ピッグペン暗号」
pst-lens レンズの描画と効果
pst-poker ポーカーカードを描く
tex4ebook TeX4ebook で「日本語epub」を作ろう
xprintlen TeXの長さをさまざまな単位で表示する
おもしろSTY pgfsoroban / randomwalk --- 面白いパッケージ
   

スポンサーサイト
  1. 2017/06/28(水) 09:00:05|
  2. LaTeX Tools

[LaTeX] 改訂版4:公開済みパッケージ一覧表(アルファベット順)

[LaTeX] 改訂版4:公開済みパッケージ一覧表(アルファベット順)

「公開済みパッケージ一覧表(アルファベット順)」の(改訂版)です.(2018/1/20までの収録分を掲載)


パッケージ名 概要タイトル
【A】
addlines そのページの高さ(行数)を増減させる
adjustbox Graphics package を補完する汎用ボックス
afterpage ページの終わりで特定のコマンドやマクロを実行させたい
alert 「警告」などの標識 いろいろ
alertmessage 警告メッセージを表示する
alnumsec 英数字セクション番号
amsrefs 参考文献をシンプルに生成する ~初歩の初歩~
anonchap 章をセクションのようなタイプセットにする
anyfontsize 任意のフォントサイズが選択できる
arrayjob 配列データ構造を操作する
arraysort 配列をソートする
asciilist 簡潔な箇条書き
at 任意の位置にテキストを配置する
authoraftertitle \maketitle発行後に\authorなどが再利用できる
autobreak 長い数式を自動改行する
autonum リファレンスをつけられた 数式 の 番号付け を実行
awesomebox ドキュメントに警告ブロックを描画
   
【B】
background 文書のページ上の背景素材の配置
bar 棒グラフを生成
barcode kix, bc128 --- バーコードの出力
bardiag 棒グラフを描画するためのLaTeXパッケージ
bchart 単純な水平型の棒グラフを描画する
bclogo 「警告」などの標識 いろいろ
biblatex もう一つの[参考文献]生成ツール
bigtabular ページ境界で分割可能(tabular)
bitpattern ビットパターンダイアグラムをタイプセット
blkarray 拡張された array & tabular 環境
blox ブロック線図を作成する
bnumexpr 任意に大きな整数を生成する
bodegraph ボード線図,ナイキスト線図(ベクトル軌跡)を描く
boites 改ページを許可するボックス環境
bookmark PDF「日本語しおり」の作り方 ~備忘録~
booktabs テーブルに横罫線を引く
boxedminipage2e 新しい boxedminipage2e を調べてみた
btt 行分割可能なタイプライタ体
bxascmac アスキー環境
   
【C】
calc 算術計算 ~Review~
calculator 関数電卓としてLaTeXを使用
callouts 画像・写真の中に簡単な注釈やメモを入れる
calprog カレンダー作成
cancel 数式にスラシュ,バックスラシュなどを引く
captdef/capt-of 非フロート環境で図表にキャプションを付ける
caption キャプション・パッケージ  いろいろ
cases 場合分け
cellspace 表のセルの最小間隔を確保する
ceo century old style フォントを使う(UTF8版)
changebar テキストの余白に垂直バーを置く
changepage 奇数/偶数ページのマージン調整(テキスト幅の伸縮)
changes 文書の変更(追加,訂正,置換)のマークアップ
chappg 「章」のページ番号
childdoc \includeされた子ドキュメントも直接コンパイルする
chronology 年表を作成する
circ 回路図作成のためのツール
cjwoutl enumerateのようなアウトライン環境
clipboard ドキュメントにコピーして貼り付ける
clock TeXおよびLaTeX用のグラフィックおよびテキスト・クロック
cocrete concreteによるテキストと数学フォント
conteq 複数行の等式のタイプセット
coloring 名前によって自動的に色を定義する(\definecolorは不要)
colortbl 表の指定された行や列に背景色を付ける
colorweb カラーパッケージの色空間を拡張する
collcell 表のセル内容をマクロの引数として収集する
convbkmk convbkmkコマンドの使い方 覚え書き
continue 奇数(右)ページに「継続」マーク
coollist カンマで区切られたリストを操作する
coordsys picture環境での座標システム
copyrightbox ドキュメント内の画像に著作権表示
coseoul 文脈依存型のアウトライン要素
covington 文中数式 & ディスプレイ数式に数式番号を付与
cprotect マクロ引数に verbatimテキスト などを許可する
crbox 角(カド)が交差するボックス
cprog Cプログラムをタイプセット
css-colors 色空間(Web 色見本)
csvsimple CSVで表作成 ~初歩の初歩~
ctable もう一歩進んだテーブル環境
cutwin パラグラフ内に窓を開け,その中に素材をタイプセット
   
【D】
dataref データへの参照を管理する
datatool CSVデータからグラフやテーブルを作成
dblfnote 脚注を2段組とする
delimseasy サイズ変更可能なデリミタコマンド
diagbox 斜線で表ヘッダを生成
dirtree 簡潔なディレクトリツリー図を生成する
docmute 他のTeXファイルのプリアンブルを無視して読み込み
doctools LaTeXコードのドキュメント用ツール
documentation C,Java および アセンブラコードのドキュメントサポート
dotseqn 数式と数式番号を点線で結ぶ
download LaTeX 文書の中から URL で指定されたファイルをダウンロード
dpfloat ダブルページへの画像配置サポート
dpic 図形作成プログラミング言語
draftwatermark ドキュメントページに灰色の文字透かしを入れる
dvi2dvi NTT jTeX で生成された DIV ファイルを ASCII pTeX の 形式に変換/逆変換
dvipdfmx dvipdfmx,dvipdfm,dvipdfmo コマンド 備忘録
   
【E】
easyfig figure環境を簡素化する
easylist もう一つの『箇条書き』パッケージ
easytable セルサイズや罫線太さを自由にアレンジ
eclarith 数値演算など
eclbkbox 文章を枠で囲む
eclcalen メモ付きカレンダーの作成
efbox \fbox の拡張バージョン
eledmac 使い方 備忘録/コラムごと,あるいは見開きページで対訳を作る
embedall 生成されたPDFに各種のソースファイルを埋め込む
empheq amsmathに視覚的なマークアップを施す
endfloat 図表を エンド・ページ に配置する
endnotesj もう一つのエンドノート(その2) /endnotes.sty と類似のノート
enumitem 使い方 備忘録
enumspec リスト項番の先頭に文字を付加する
environ environ.sty を使ってみる
epigraph 章や節の題辞(碑文)のリストをタイプセットする
epsdice スケーラブルなサイコロ "フォント"
eqname 数式番号を名称で扱う
eso-pic 画像のコマンドを追加する
expdlist description環境の拡張(項目ラベルのプロパティ)
exsheets exsheets入門 ~初歩の初歩~
   
【F】
fancybox 文章を影枠や楕円枠などで囲む
fancypar 個々の段落の装飾
fancyvrb 洗練されたverbatim拡張機能の提供
fast-diagram FASTダイアグラムを簡単に作成する
fgruler ページの前景またはテキストにルーラーを描画
figsize グラフィックスを自動サイズ設定する
filecontents LaTeX標準の強化版
filecontentsdef filecontents.styの拡張版
fixmath ギリシャ文字のボールド・イタリック体
flafter 図表を文章末尾に配置
float フロートのための環境改善
floatflt 文章を図表の周りに流し込む
flow-exe LaTeXの picture環境 のフローチャートを生成する
fn2end footnote を endnote に変換する
foiltex オーバーヘッド用のLaTeX2εクラス
foldbox 耳折れ(dog ear)のあるボックス
fontconfig FontConfig パッケージ中の fcコマンド 備忘録
footnote 「脚注」関係パッケージ
footmisc 脚注表示形式のバリエーション
forarray リストと配列構造を処理
formula 単位を組版
fp 固定小数点数演算
frame-box フレーム(ボックス)パッケージ いろいろ
framed 改ページ可能なフレームの生成
fullminipage ページスタイルが空の新しいミニページを生成
fzframes niceframe の拡張
   
【G】
genkotex TeX用原稿用紙整形ツール
genkou 原稿用紙パッケージ
genmpage LaTeXのミニページの一般化
geometry geometryパッケージ 再訪
getmap ドキュメントで使用する 地図画像 をダウンロードする
gincltex 外部のグラフィックファイルを取り込む
glossTeX 用語リストの自動作成ツール
grafcet SFCシーケンス図を作る ~入門~
gradientframe オブジェクトの周りの単純なグラデーションフレーム
graphbox graphicxオプションを拡張してグラフィックの配置を改善する
graphicxbox 背景としてグラフィックイメージを挿入する
grffile マルチドットの画像ファイル名をサポートする
gtftex pLaTeX 用 GT フォントマクロパッケージ
   
【H】
hf-tikz 数式と数式部分を簡単にハイライトする方法
hh パラグラフをマークアップする
hlist 列数が指定できる水平リスト
hvfloat floatのキャプションとオブジェクトを独立して回転させる
   
【I】
iitem 箇条書き環境を簡素化する
image-gallery 画像の概要を作成する
import より安全に外部ファイルを取り込む
incgraph 1つまたは複数の画像を独立したページのPDF文書に変換
iwona サンセリフ・フォント
   
【J】
jalipsum alipsum.sty を使ってみる
jlreq もう一つの日本語ドキュメントクラス
jverb 日本語文字と英字が2:1の幅になるverbatimライクな環境
   
【K】
karnaugh-map カルノーマップを最大6変数まで描画する
keycommand key-valueの引数をもつコマンドの簡単な作成
keyfloat floatを生成するためのkey/valueインタフェースを提供する
kvmacros カルノー図を描く
keytop keytop いろいろ
keyvaltable 再利用可能なコンテンツとプレゼンテーションを分離するテーブル
KLatexFormula LaTeX の数式を画像ファイルに出力するアプリケーション
   
【L】
labelfig EPSの図にラベル(文字列など)を付加する
ladder TikZを使って簡単なラダーダイアグラムの作成
latexdemo もう一つの example系
latexdiff LaTeXファイルの重要な違いを特定してマークアップする
leading テキスト行間の距離(改行幅)を定義する
lengthconvert "長さ"の変換
lettrine 段落の先頭文字の大きさと配置を制御
lexikon 用語辞書の作成
lcd LCD英数字スタイルのディスプレイ
lgrind LaTeXでソースコードの美しいリストを生成
linenumber テキスト「行番号」 いろいろ
linguex 簡潔なリスト環境を生成
lipsum lipsum, kantlipsum, blindtext --- ダミーテキストの生成
listings プログラミング言語やソースリストなどの取り込み
listlbls ドキュメント全体で使用されるすべてのラベルのリストを作成する
listliketab 表形式のリストをタイプセット
listofitems リストデータからの読み取り
listofsymbols シンボルのリストの作成と操作
lmake 繰返し的な動作をするリストを処理する
longdivision 割り算を実行し,表示する
longfbox 標準的なCSS属性を使用して"枠付きボックス"を作成する
longfigure ページを分割する図形環境
lscape 図や表などを回転させる
lstlinebgrd リストの行に背景色を付加する
   
【M】
makecell 表の要素の配置
manfnt manfnt シンボル
mathcomp 数式モードのテキストシンボル
marginfix 標準の \marginpar を拡充する
markdown Markdown記述をLaTeX文書に書き込む
mbboard 黒板の太字フォント
mdframed mdframed 入門 ~初歩の初歩~(カラフルなフレーム環境を提供)
memo メモ・ドキュメントスタイル
menukeys メニューシーケンス,キーストロークなどのビルダー
metalogo mflogo と metalogo -- TeX ロゴマーク
minidocument 他ドキュメント内にミニドキュメントを作成
mini-margin minipage box に対応する欄外脚注を生成
minitoc 章ごとに小目次を作る(日本語対応):備忘録
minted プログラムソースコードのハイライト表示
miscbox ダッシュボックスとオーバルボックス
mnotes ドキュメントの余白にコメントを追加する
mpgraphics LaTeX文書中に MetaPostコード を埋め込み実行する
multidef いくつかの類似したマクロの定義
multido 汎用TeX用のループマクロ
multienum 演習問題の解答番号などを数値配列で作成する
mVersion ドキュメントのバージョンを管理する
mwe minimal working examples (MWE)
   
【N】
ncccropbox Cropマーク付きボックス
needspace スペースを予約する.無い場合は改ページを挿入
niceframe 装飾付きフレーム(fancy frames)
nomencl 専門用語リストの作成
nomentbl longtable型の表に命名法をタイプする用語リストの作成
nonfloat 図・表を強制的に現在の位置に配置する
notes 「警告」などの標識 いろいろ
   
【O】
ofpage ofpage, nofm --- 文書ページ番号 いろいろ
1in2(oneintwo) 2段組において概要とキーワードと脚注を1段組にする
onlyamsmath amsmath使用時の非amsmathの数学マークアップを禁止
optional コンパイル時にオプションの選択と実行
oubraces overbraces & underbraces の数式
overpic EPS画像の上にLaTeXのコマンドを組み合わせる
   
【P】
pagenote もう一つのエンドノート(その1)
pageNum PDFの結合や挿入などによるページ番号の再設定方法
paracol 柔軟な多段組みパッケージ(並列に同期的にタイプセットできる)
parnotes 段落の後にノートを配置する
pas-tableur スプレッドシートの作成 ~初歩の初歩~
path 改行可能なパスをタイプセットする
pb-diagram 複雑な可換図式(commutative diagram)を生成
PDF-encrypt PDFの暗号化 ~2つの暗号化コマンドの紹介 ~
pdfcomment ソースレベルでPDFにコメントなど追加
pdfcrop PDFの余白を削除するコマンド
pdfdrfatcopy "透かし文字"をページに置く
pdfreview 余白を付けたPDFファイルに注釈を付ける
pgfornament PGF/TikZによるベクトル装飾の描画
pdfpages LaTeXの中にPDFドキュメントを include する
pgfpie pieチャート(円グラフ) を描画する
pgfplots Examples集:簡単にプロットとラベルされた軸を生成するためのツールを提供
phfnote article系の \maketitle による書式設定をよりコンパクトにする
phfparen 括弧で囲まれた数式表現のより簡単な方法を提供
philex linguexリスト作成のエンハンス版
picins 文章中に枠を空け図表を挿入
pifont ZapfDingbats のフォントを使う
pigpen フリーメイソンの「ピッグペン暗号」
plain2 べた書き入力による図表の作成
plate 日本語文書の版面を設定
pmbb poor man's blackboard symbols
problem 「問題」と「解答」の記述
productbox 3次元プロダクトボックスのタイプセット
progressbar 進捗状況の視覚化
psfrag EPSの図に文字列を置換する
ps4pdf ps4pdf コマンドの使い方
pst-lens レンズの描画と効果
pst-poker ポーカーカードを描く
pst2pdf pst2pdf コマンドの使い方
pstoedit ps/pdf ファイルをベクター形式に変換
ptex2pdf latexmk と ptex2pdf
   
【Q】
qpdf PDFのパスワードの設定と解除
qrcode QRコードを作る
QuickType 迅速な組版のためのLaTeX命令のエリアス
quotchap 章見出しを装飾する
   
【R】
rcsinfo リビジョン管理システムのサポート
reference 相互参照 のいろいろ
reflectgraphics ぼやけた鏡像を作る
ruby ruby関連 いろいろ
rviewport グラフィックインクルード用の相対ビューポート
   
【S】
sam2p sam2p 覚え書き(ビットマップ → PDF/EPS/PS)に変換する)
savetrees LaTeXドキュメントの各ページの使用を最適化する
sepnum 数値のカンマの種類と位置を指定
scalebar 地図,図,写真のスケールバーを作成する
scalefnt 文字の縮小・拡大
scalerel 数学シンボルなどの伸縮操作を行う
screenplay-pkg 脚本を作る
schemata 区分図を描く
seqsplit 長い文字列をそのまま表示する
setspace 文書内の行間隔を設定
sfg シグナルフローグラフの描画
shadowtext 陰影のあるテキストを生成
shapepar 特定の形状の段落をタイプセットする
shdoc コマンドライン操作を文書化する
shortlst 短いアイテムのリスト
showexpl LaTeXコードとフォーマットされた出力の対照を表示する
showlabels ラベルを余白に表示する
showtags 参考文献項目のタグを印刷
signchart 数直線グラフ上にサインを置く
slides スライド作成クラスファイル
smartdiagram 文書やプレゼンで使用できるダイアグラム
snapshot LaTeXドキュメントの外部依存関係を一覧表示する
spalign 行列や配列の簡素な記述方法
specialFont 『こんなフォント』も使ってみる
spotcolor スポットカラーを使う
spreadtab スプレッドシート機能をもつtabular環境
sprite ビットマップでタイプアウト
spverbatim \verbとverbatim環境の出力で改行を許可する
standalone スタンドアロン ~初歩の初歩~
subfig 複数の図表を並置する  いろいろ
subfiles マルチファイルプロジェクト用
subsupscripts 下付き添字と上付き添字のコマンド
svg LaTeX文書にSVG画像を含める方法
syntonly LaTeX文書の構文チェックを実行する
systeme 連立方程式のフォーマットシステム
   
【T】
tablefootnote テーブルの脚注を許可する
tablestyles テーブルにテキストとスタイルの分離を導入
tablists 短い項目の一覧表
tabto 「タブ」の移動制御
tabularcalc 表形式の環境で式を計算する
tabulary セル幅列がバランスのとれた表形式
多段組(tadangumi) 多段組み いろいろ
tagging タグとドキュメントの設定
tboxit タイトル付きのボックス
tcolorbox 「警告」などの標識 いろいろ
termlist 任意の種類の項目に連続番号を付ける
tex-label ドキュメントの一部に "ラベル" を付ける
texi-like cover TeXinfoのようなカバーページ作成
tex4ebook TeX4ebook で「日本語epub」を作ろう
textgreek ギリシャ文字のテキストシンボル
textpath MetaPostのフリーパスに沿ってテキストを植字する
textpos テキストブロックを任意の場所に配置
textUTL 「テキスト整形」パッケージ
theorem theorem 定理環境 いろいろ
thmbox 定理のステートメントを飾る
threeparttable 表の直下に脚注をつける
thumbs "親指インデックス"の作成
tikzinclude TikZイメージをインポートする
tikzpeople TikZで人型ノードを描画する
timing デジタル回路用のタイムチャート作成
titlepic タイトルページに画像を配置する
tkz-fct tkz-fct入門 -- 数式をグラフ化する
tpic 線画を描く4つの方法
tracking 文字列の間のスペースを調整する
tram トラムボックスをタイプセット
tree-package ツリー図パッケージ いろいろ
trfsigns ラプラス変換・フーリエ変換などの変換記号をタイプセット
trig 三角関数を演算する
2in1(twoinone) A4サイズに2ページ分を配置する
typehtml HTML ソースコードを解釈して表示する
   
【U】
uassign 質問と解答 および 例題などの割り当て
underline 下線,中線,波線など いろいろ
units.sty nicefrac.sty -インライン分数のタイプセット
usebib bibファイルのエントリ項目 の ”任意の要素”を表示する
   
【V】
venn Venn図で遊ぼう!
verbatimbox verbatimテキストをLaTeXのボックスに格納し再利用する
verbatim関連 疑似タイプ入力(verbatim) いろいろ
verbments プログラムソースコードのハイライト表示
vertbars テキストの余白に垂直線マーク
vmargin vmargin.sty の備忘録(用紙余白の設定)
vrsion LaTeXソースファイルのバージョン番号を管理
vwcol 段幅を指定した多段組.multicol.styの拡張
   
【W】
wasysym wasyフォントへのアクセスを容易にするインタフェース
「Web Equation」 手書きの数式を自動認識してLaTeXやMathMLにする
widetable 指定された幅の表を生成する環境
witharrows コメントのための矢印付きの数学環境
wordlike ワードプロセッサのレイアウトをシミュレートする
wrap-all 図表の周囲にテキストを回し込む いろいろ
   
【X】
xcolor xcolor 使い方
xcomment コメント環境中の一部を表示する
xhfill 罫線(水平線)を引く
xindy もう一つの日本語[索引]ツール
xpdf XPDFパッケージの使い方(PDFを表示するプログラム)
xprintlen TeXの長さをさまざまな単位で表示する
xsavebox 標準LaTeXの savebox の強化版
xtab supertabularの後継(長いテーブルの自動的なページ分割)
xytree XY-Picを使った構文木マクロ
   
【Y】
yax yax.sty を使ってみる
yhmath 数式用 括弧,アクセント記号,根号 などのフォント
   
【その他】
1in2(oneintwo) 2段組において概要とキーワードと脚注を1段組にする
2in1(twoinone) A4サイズに2ページ分を配置する
おもしろSTY pgf-soroban / randomwalk --- 面白いパッケージ

  1. 2017/06/28(水) 08:55:39|
  2. LaTeX Tools

[便利ツール] 「ヘルプましん」(HTML Help Designer) --- HTML Help 作成支援ツール

§1 はじめに

「ヘルプましん」は Microsoft HTML Help 形式のヘルプファイル (*.CHM) の作成をサポートする
フリーソフトです.

HTML Help にしたいHTMLファイルがある場合や、HTMLファイルを作成する事が出来るなら
簡単にHTML Help ファイルを作成する事が可能です.

1.1 インストール

http://www.vector.co.jp/download/file/win95/prog/fh382800.html から
ダウンロードしてください.

(こちらでは,Windows 10 にインストールしました)

1.2 マニュアル

以下のサイトをお読みください.全体を把握できると思います.

(1)手元のHTMLファイルをHTMLヘルプ形式に変換「ヘルプましん」
   http://forest.watch.impress.co.jp/article/2002/03/04/helpmachine.html

(2)複数のHTMLファイルからCHM形式のヘルプファイル作成
   http://forest.watch.impress.co.jp/library/software/helpmachine/

なお,HTML Help Workshop はマイクロソフト社のホームページ MSDN Online Library より入手できます.
   https://msdn.microsoft.com/ja-jp/library/windows/desktop/ms669985(v=vs.85).aspx
   
   (Htmlhelp.exe, Htmlhelpj.exe)

§2 使い方

インストール後は次のような手順で作業すればよいはずです.

(1) HTMLソースファイルと収納ホルダを準備
(2) "ヘルプましん"アイコンをクリックして起動する
(3) 「プロジェクト名」を設定
(4) 「ホルダの取り込み」---(1)を読み込む
(5) 画面左側にツリーが表示される
(6) 最後に,「コンパイル」を実行する.

§3 サンプル

私は,「天地有情」というブログを書いています.内容は "LaTeX関連" のパッケージに関する
情報を発信しています.ブログの原稿を整理するつもりで「ヘルプましん」の利用を思い立ちました.
以下は,"[LaTeX] 公開済みパッケージ一覧表(目的別順)"
http://konoyonohana.blog.fc2.com/blog-entry-415.html
を「ヘルプましん」化したものです.アイコンを Desktop 上におき,不明点があればクリックして活用して
います.以下はそのサンプルです.有用な一面をご覧頂ければと思います.

詳しくは説明しませんが,ブログ原稿(テキスト)のHTML化はドキュメントツール Sphinx を使いました.
(TeX Wiki / Sphinx : https://texwiki.texjp.org/?Sphinx )もご覧ください.

helpmachine01.png



(EOF)
  1. 2017/06/27(火) 09:21:40|
  2. 便利ツール

[LaTeX] tablists --- 短い項目の一覧表

§1 はじめに

tablistsパッケージは,1レベルおよび2レベルの短い項目のリストのための
環境とコマンドを提供します.

環境は,enumerateパッケージまたはparalistパッケージと同様の項目番号付けの
オプション引数をサポートしています.

1.1 インストール

必要に応じて,CTAN( http://www.ctan.org/pkg/tablists )から
ダウンロードしてください.

1.2 マニュアル

コマンドラインから texdoc tablists を実行するか,
上記に同梱の tablists.pdf をお読み下さい.

§2 使い方

2.1プリアンブルに
  \usepackage {tablists}
  を記述します.

2.2 コマンド

tablists00.png


§3 サンプル

いくつかのサンプルを示します.

(1)

tablists01.png


(2)

tablists02.png


(3)

tablists03.png


(EOF)
  1. 2017/06/26(月) 12:01:40|
  2. LaTeX Tools

[LaTeX] foiltex --- オーバーヘッド用のLaTeX2εクラス

§1 はじめに

IBMで開発された,古くからあるプレゼンテーションツールです.
いくつかのバージョンアップがあり,現在は ver2.1.4bです.

その機能には,使いやすさ,LaTeX2εとの融和性,デフォルトでの大きなサンセリフフォント,
太字の見出しをもちます.
foilsを開始する特別なマクロ,フッターとヘッダーを制御する特別なメカニズムが含まれます.

また,foiltex は Beamar へのトランスレートが簡単に実行できます.
拙著ブログ:
"foiltex を beamer にエミュレートする" もご一読ください.

1.1 インストール

必要に応じて,CTAN( http://www.ctan.org/pkg/foiltex )から
ダウンロードしてください.

TeXLive/W32TeX などには標準でインストールされています.

1.2 マニュアル

コマンドラインから texdoc foiltex を実行するか,
上記に同梱の foiltex.pdf をお読み下さい.

§2 使い方

2.1プリアンブルに
  \usepackage {foils}
  を記述します.

2.2 環境・コマンド

(1)クラスオプション


foiltex00A.png


(2)環境名

foiltex00B.png


(3)コマンド

foiltex00C.png



§3 サンプル

(1)ソースファイル

■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■
\documentclass[landscape]{foils}
%%%\ExecuteOptions{a4paper,20pt,final,headrule,footrule,dvips}
\usepackage[T1]{fontenc}
\usepackage{graphicx,color}
\usepackage{amsmath}
\parindent=0pt
%-------------------------------------------
\title{\FoilTeX 事始め}
\author{天地有情}
\date{\today}
%-------------------------------------------
\begin{document}
\maketitle
\pagecolor[named]{SkyBlue}
\MyLogo{天地有情}
\leftheader{サンプル}
%
\foilhead{はじめに}
\FoilTeX{}は,オーバーヘッド用のLaTeX2εクラスであり,
これは多くの崇拝者がいた昔ながらのパッケージです. \\
fancyboxと共に使用して,スライドの周囲にさまざまな境界線を配置できます.

コンパイルの手順は次の通りです.

\begin{enumerate}
\item platex filename.tex
\item dvips filename.dvi
\item ps2pdf filename.ps
\end{enumerate}

\foilhead{ボールド体の数式}
\begin{boldequation}
\left( \int_0^\infty \frac{\sin x}{\sqrt{x}} dx \right)^2=
\sum_{k=0}^\infty \frac{(2k)!}{2^{2k}(k!)^2} \frac{1}{2k+1}=
\prod_{k=1}^\infty \frac{4k^2}{4k^2 -1}= \frac{\pi}{2}
\end{boldequation}

\begin{boldequation}
b_0 + \cfrac{c_1}{b_1 +
\cfrac{c_2}{b_2 +
\cfrac{c_3}{b_3 +
\cfrac{c_4}{b_4 + \cdots}}}}
\end{boldequation}

\foilhead{画像とテーブル}
\centering{%
\includegraphics[width=5cm,clip]{cat.eps}

\begin{tabular}{lrr}
\hline 品名 & 単価(円) & 個数
\\ \hline りんご & 100 & 5
\\ みかん & 50 & 10
\\ マンゴ & 300 & 8
\\ \hline
\end{tabular}
}
\end{document}
■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■

(2)コンパイル

a) platex xxx[.tex]
b) dvips xxx[.dvi]
c) ps2pdf xxx.ps


(3)結果

foiltex01.png



(EOF)
  1. 2017/06/25(日) 08:52:45|
  2. LaTeX Tools

[LaTeX] graphbox --- graphicxオプションを拡張してグラフィックの配置を改善する

§1 はじめに

Graphboxパッケージは,標準グラフィックスLaTeX2εパッケージの拡張で,
\includegraphicsに追加のオプション引数を付加して"現在の位置"に対する
グラフィックスの配置を改善します.

1.1 インストール

必要に応じて,CTAN( http://www.ctan.org/pkg/graphbox )から
ダウンロードしてください.

1.2 マニュアル

コマンドラインから texdoc graphbox を実行するか,
上記に同梱の graphbox.pdf をお読み下さい.

§2 使い方

2.1プリアンブルに
  \usepackage {graphbox}
  を記述します.

2.2 コマンド

graphbox00.png


§3 サンプル

graphbox01.png


(EOF)
  1. 2017/06/23(金) 09:52:27|
  2. LaTeX Tools

[LaTeX] keyfloat --- floatを生成するためのkey/valueインタフェースを提供する

§1 はじめに

keyfloatパッケージは,image,figures,任意の内容の文章などを作成するための
key/value形式のユーザーインターフェイスを提供します.

なお,LaTeX標準のfigure環境,table環境 を簡素化したもので,多くの修飾パラメータ
が用意されています.

1.1 インストール

必要に応じて,CTAN( http://www.ctan.org/pkg/keyfloat )から
ダウンロードしてください.

TeXLive/W32TeX などには標準でインストールされています.

1.2 マニュアル

コマンドラインから texdoc keyfloat を実行するか,
上記に同梱の keyfloat.pdf をお読み下さい.

§2 使い方

2.1プリアンブルに
  \usepackage {keyfloat}
  を記述します.

2.2 環境・コマンド

keyfloat00.png


§3 サンプル

(1)\keyfig---(1)

keyfloat01.png


(2)\keyfigbox

keyfloat02.png


(3)\keytab

keyfloat03.png


(4)keyfigure環境

keyfloat04.png


(5)keytable環境

keyfloat05.png


(6)\keyfig---(2)

keyfloat06.png


(7)keyflots環境

keyfloat07.png


(EOF)

  1. 2017/06/22(木) 08:48:59|
  2. LaTeX Tools

[LaTeX] bardiag --- 棒グラフを描画するためのLaTeXパッケージ

§1 はじめに

bardiagパッケージの主な目的,LaTeX で棒グラフの描画を可能にし,簡単にすることです.
bardiagパッケージは PSTricks に基づいています.

1.1 インストール

必要に応じて,CTAN( http://www.ctan.org/pkg/bardiag )から
ダウンロードしてください.

1.2 マニュアル

コマンドラインから texdoc bardiag を実行するか,
上記に同梱の bardiag.pdf をお読み下さい.

§2 使い方

2.1プリアンブルに
  \usepackage {bardiag}
  を記述します.

2.2 コマンド

bardiag00.png


§3 サンプル

サンプルのコンパイルは,以下の手順で実行してください.

(a) platex xxx[.tex]
(b) dvips xxx[.dvi]
(c) ps2pdf xxx[.ps] xxx[.pdf]


(1)標準的な棒グラフ

bardiag01.png


  \bardiagrambegin{diagwidth}{diagheight}{bottomheight}{dbar}{dx}{xunit}{yunit}
  
  diagwidth,diagheight,dbar,dx は長さではなく,実数です.
  それらは xunit と yunit を使って自動的に長さに変換されます.(図の拡大縮小が可能となる)
  bottomheight は長さを指定します.
  \bardigramend{xラベル}{yラベル}
  \baritem{caption}{value}{color} 色を使って高さの値のバーを描画し,
  その下にキャプションを表示します.
  \bitweenticks{value} 目盛り間隔を指定します.

  横向きのバーグラフにするには,
  \renewcommand{\bdorientation}{\bdhor} を付加します.
  
  カラーは bardaig.cfg で定義済みのものも利用できます.

(2)凡例を付加した棒グラフ

bardiag02.png


  凡例は
  \diagLegendbegin ~ \diagLegendend の間に \diagLegenditem を利用します.
  Legend の位置は \diagLegendbegin{Xupleft}{Yupleft}{width} の引数で決められます.

(3)項目をグループ化した棒グラフ

bardiag03.png


  グループ化は
  \subbaritem{caption}{value}{color}を使用して行われます.

(4)棒グラフの積み上げ

bardiag04A.png


bardiag04B.png


  \subtopbaritem を利用します.

(5)3Dフレームを作る

bardiag05.png


  フレームは,\frameTD を使用して3次元で行うことができます. ただし、デフォルト値は0ですが,
  \renewcommand{\frameTD}{1}
  で3Dフレームを強制することができます.

(6)棒グラフの3D
bardiag06.png


  \renewcommand{\ ActiveBarPrimitive}{\barTDRect}
  で 棒グラフの3D ができます.


(EOF)

  1. 2017/06/20(火) 09:51:22|
  2. LaTeX Tools

[LaTeX] longfbox --- 標準的なCSS属性を使用して"枠付きボックス"を作成する

§1 はじめに

longfboxパッケージには,標準のCSS属性を使用してカスタマイズできるフレーム付きボックスが
用意されています.

1.1 インストール

必要に応じて,CTAN( http://www.ctan.org/pkg/longfbox )から
ダウンロードしてください.

TeXLive/W32TeX などには標準でインストールされています.

1.2 マニュアル

コマンドラインから texdoc longfbox を実行するか,
上記に同梱の longfbox.pdf をお読み下さい.

§2 使い方

2.1プリアンブルに
  \usepackage {longfbox}
  を記述します.

2.2 コマンド・環境

 ● \lfbox[<options>]{<content>}
 
 ● \begin{longfbox}[<options>]]<content> ~ \end{longfbox}
 
 ● \newfboxstyle{<name>}{<options>}
   使用されるオプションを指定するために使用できる新しいスタイルを定義.
 
 ● \fboxset{<options>}
   現在のスコープに対してオプションを設定できる.
  
 ● <options>] は CSS属性(CSS 2.0対応) を指定する.
  (例)
  border-width=2pt,
  border-radius=15pt,
  border-top-left-radius=30pt,
  border-left-width=8pt,
  border-left-color=teal,
  border-right-style=double,
  border-style=dotted,
  margin-right=6em,
  padding=1.5em,
  background-color=floralwhite,
  background-clip=padding-box,
  

§3 サンプル

以下のサンプルは,次の手順でコンパイルします.

  a) platex filename.tex
  b) dvips filename.dvi
  c) ps2pdf filename.ps filename.pdf


(1)\lfbox の例

longfbox01.png


(2)longfbox環境 の例

longfbox02A.png



(3)CSS属性を利用した例

longfbox02B.png


(EOF)

  1. 2017/06/19(月) 07:39:14|
  2. LaTeX Tools

[LaTeX] cutwin --- パラグラフ内に窓を開け,その中に素材をタイプセット

§1 はじめに

cutwinパッケージは,段落からウィンドウを切り取り,ウィンドウ内にテキストやその他の素材をタイプセットする
機能があります. ウィンドウは矩形,または任意の形状です.

1.1 インストール

必要に応じて,CTAN( http://www.ctan.org/pkg/cutwin )から
ダウンロードしてください.

1.2 マニュアル

コマンドラインから texdoc cutwin を実行するか,
上記に同梱の cutwin.pdf をお読み下さい.

§2 使い方

2.1プリアンブルに
  \usepackage {cutwin}
  を記述します.

2.2 コマンド

cutwin00.png


§3 サンプル

※ 試行錯誤で繰り返し実行することがあるかもしれません.

(1)cutout環境でテキストを入力した例

cutwin01.png


windowはデフォルトでは center に配置されます.
右側に配置したければ,\opencutright を宣言します.((3)を参照)


(2)cutout環境で図形を入力した例

cutwin02.png


図形は picture環境となります.


(3)cutout環境で\opencutrightを使った例

cutwin03.png


windowの配置は右側になります.このとき, は無視されます.


(4)shapedcutout環境で任意図形を入力した例

cutwin04.png


\mycut で逆三角形になるようにカットアウトしています.


(EOF)
  1. 2017/06/16(金) 12:02:23|
  2. LaTeX Tools
次のページ