天地有情

[pTeX-ng] 新しくエンジン "platex-ng" が加わった

§1 はじめに

ZRさんの マクロツイーター ( http://d.hatena.ne.jp/zrbabbler/20170325/1490455648 )で
"BXjscls の新しいやつ(v1.5a)" がリリースされました.(最新はv1.5b)
詳細は,そちらをお読みください.

今回は,新しくエンジン "platex-ng" が加わったことの話題です.

§2 使い方

(1)ソースファイル(foo.tex)

■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■
\documentclass[platex-ng,a5paper,9pt,ja=standard,nomag]{bxjsarticle}
\usepackage{graphicx}
\usepackage{lxfonts}
\usepackage{okumacro}
\parindent0pt
\begin{document}
\section{漢字など--直接入力}

{\LARGE
森鷗外 内田百閒  髙島屋\\
草彅剛 新日鐵住金 盥 蓋\\
繁體  筐体 ①②③☀☁☂\\
吉野家}

\section{数式}
\[ \left( \int_0^\infty \frac{\sin x}{\sqrt{x}} dx \right)^2=
\sum_{k=0}^\infty \frac{(2k)!}{2^{2k}(k!)^2} \frac{1}{2k+1}=
\prod_{k=1}^\infty \frac{4k^2}{4k^2 -1}= \frac{\pi}{2} \]

\section{画像}
\includegraphics[width=3cm,bb=0 0 550 568]{tiger.pdf}

\section{okumacroで遊んでみる}
\ruby{組}{くみ}\ruby{版}{はん}、\ruby{等}{とう}\ruby{幅}{はば}、
\keytop{Ctrl}+\keytop{A} \keytop{Del}
\keytop{Ctrl}+\keytop{S} \return、
\MARU{1}\MARU{2}\MARU{3}
\par\bigskip
\begin{shadebox}
\挨拶 それでは。敬具
\end{shadebox}
\end{document}
■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■

(2)コンパイル

platex-ng foo.tex

(3)結果

bxjsart.png



§3 参考

platex-ng が利用できるクラスファイルは次の3種があります.
a5paper,9ptの例で示すと,

===========================================================
(a) \documentclass[uplatex,a5paper,9pt,...]{jsarticle}

(b) \documentclass[a5paper,9pt,...]{ujarticle}

(c) \documentclass[platex-ng,a5paper,9pt,ja=standard]{bxjsarticle}
===========================================================

(a),(b)の場合は,出力されるPDFサイズを指定する必要があります..
a5paper なら,プリアンブルに

\pdfpagewidth=148mm
\pdfpageheight=210mm

を記述します.

(c)の新しい bxjscls ではその必要がありません.
それは,papersize オプションは既定で有効になっており,
出力用紙サイズはクラスオプションで指定したものに自動的に設定されます.
(papersize オプションの処理はgeometry パッケージの機能により行われる)

(EOF)
スポンサーサイト
  1. 2017/04/22(土) 10:24:21|
  2. pTeX-ng

[LaTeX] minidocument --- 他ドキュメント内にミニドキュメントを作成

§1 はじめに

minidocument はminidocument環境で作成されます.
ページカウンタは,minidocumentの最初に1に設定されます.
この環境は外部垂直モードに置かれることが重要です.

1.1 インストール

必要に応じて,CTAN( http://www.ctan.org/pkg/minidocument )から
ダウンロードしてください.

1.2 マニュアル

コマンドラインから texdoc minidocument を実行するか,
上記に同梱の minidocument.pdf をお読み下さい.

§2 使い方

2.1プリアンブルに
  \usepackage {minidocument}
  を記述します.

2.2 コマンド

minidocument00.png


§3 サンプル

minidocument01.png



■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■
\documentclass[a5paper]{jsarticle}
\usepackage[dvipdfmx]{graphicx}
\usepackage{minidocument}

\begin{document}
(長谷川健 withnews編集部 著作)\\
1981年に発売された中公新書『理科系の作文技術』(木下是雄著)が今月の増刷で累計100万部を
突破しました。実に81刷。ネット通販のアマゾンでは中公新書の中で最も売れている一冊で、
文理問わず学生や社会人に読まれ続けています。この本の魅力と誕生秘話に迫りました。
ユニークな文章読本。

\bigskip

\begin{minidocument}
\title{理科系の作文技術}
\date{}
\author{木下是雄}
\maketitle
\vspace{8cm}
\centerline{中公新書 624}
\end{minidocument}
%

\centerline{\lastminidocument}

\bigskip

100万3千部――。物理学者で学習院大学学長を務めた木下是雄氏(きのした・これお、1917-2014)
の著作『理科系の作文技術』の今月(2016年03月)15日時点での累計発行部数です。

刊行点数は2300を超える中公新書シリーズですが、ミリオンセラーを達成したのは、
102万3千部の『「超」整理法』(1993年発売、野口悠紀雄著)に次ぐ2冊目。
どんな内容の本なのでしょうか。
\end{document}
■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■


(EOF)

  1. 2017/04/19(水) 13:26:18|
  2. LaTeX Tools

[XeLaTeX] 『源ノ明朝』を使ってみた

§1 はじめに

GoogleとAdobeの共同開発で日本語・中国語・韓国語に使えるオープンソースのフォント
「Noto Sans CJK」 あるいは 「源ノ角ゴシック」がすでに公開されています.

これと対をなす『源ノ明朝』が新たに公開されました.この記事は『源ノ明朝』の情報です.

1.1 インストール

必要に応じて,https://github.com/adobe-fonts/source-han-serif/tree/release などから
以下の 7ウエイト がダウンロードできます.

源ノ明朝 特細 SourceHanSerif-ExtraLight_0.otf
源ノ明朝 細字 SourceHanSerif-Light_0.otf
源ノ明朝 標準 SourceHanSerif-Regular.otf
源ノ明朝 中  SourceHanSerif-Medium_0.otf
源ノ明朝 中太 SourceHanSerif-SemiBold.otf
源ノ明朝 太字 SourceHanSerif-Bold.otf
源ノ明朝 極太 SourceHanSerif-Heavy.otf

ダウンロードしたら, Windowsの場合,C:\Windows\Fonts にインストールします.


§2 サンプル

フォントの確認は拙著ブログ:”『源ノ角ゴシック』を使ってみた”
http://konoyonohana.blog.fc2.com/blog-entry-117.html )も一読ください.

2.1 ソースファイル sample.tex

■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■
\documentclass[xelatex,a4paper,21pt,ja=standard,nomag]{bxjsarticle}
\usepackage{optional}
\newcommand{\ExplainOptions}{1=ExtraLt,2=Light,3=Regular,4=Medium,5=SemiBld,6=Bold,7=Heavy}
\AskOption
\opt{1}{\setjamainfont{SourceHanSerif-ExtraLight_0.otf}}
\opt{2}{\setjamainfont{SourceHanSerif-Light_0.otf}}
\opt{3}{\setjamainfont{SourceHanSerif-Regular.otf}}
\opt{4}{\setjamainfont{SourceHanSerif-Medium_0.otf}}
\opt{5}{\setjamainfont{SourceHanSerif-SemiBold.otf}}
\opt{6}{\setjamainfont{SourceHanSerif-Bold.otf}}
\opt{7}{\setjamainfont{SourceHanSerif-Heavy.otf}}
%
\begin{document}
吾輩は猫である.名前はまだ無い.
\end{document}
■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■

2.2 コンパイル(エンジンが xelatex の場合)

xelatex sample

【注意】コンパイル途中において,次のようにフォントを選択する必要があります.
    \UseOption= に 1~7のいずれか一つの番号を入力してリターンキーを押してください

コンソール画面:
====================================================================
1=ExtraLt,2=Light,3=Regular,4=Medium,5=SemiBld,6=Bold,7=Heavy
Specify which optional text to process:

\UseOption= 1~7を選択
====================================================================

2.3 コンパイルの結果
  正しくコンパイルできたら sample.pdf が生成されます.

  ここでは,1~7 を個々に実行し,それを一つにまとめ挙げたものを示します.

源ノ明朝



(EOF)
  1. 2017/04/06(木) 09:38:31|
  2. XeLaTeX