天地有情

wkhtmltopdf の使い方

wkhtmltopdf の使い方

1.概要

wkhtmltopdfはその名の通り,Webkitのレンダリングエンジンを用いて,HTMLをPDFに変換するというソフトウェアです.
ちょっとしたドキュメントを作る際に,手軽に利用出来ます.

※ Webkit とはアップルが中心となって開発されているオープンソースのHTMLレンダリングエンジン群の総称である.
HTML,CSS,JavaScript,SVG,MathMLなどを解釈する.(ウィキペディアより)

2.ダウンロード

次のサイトからOSに合ったものをダウンロードする.

http://code.google.com/p/wkhtmltopdf/


3.使い方

■ 最も簡単な例:

  (1) wkhtmltopdf input.html output.pdf

  (2) wkhtmltopdf index.html sample.html output.pdf

■ WebページもPDFにできる.

   wkhtmltopdf http://www.asahi.com/ output.pdf

■ 用紙サイズの変更(デフォルトはA4サイズ)

   wkhtmltopdf -s B5 input.html output.pdf

■ コマンドオプション

コンソールから次のコマンドを打ち込むとオプションリストが表示される.

   wkhtmltopdf --help

Synopsis:
   wkhtmltopdf [GLOBAL OPTION]... [OBJECT]...

Global Options:
****************************************************************************************
  --collate            Collate when printing multiple copies
                   (default)
  --no-collate           Do not collate when printing multiple
                   copies
  --copies         Number of copies to print into the pdf
                   file (default 1)
-H, --extended-help         Display more extensive help, detailing
                   less common command switches
-g, --grayscale           PDF will be generated in grayscale
-h, --help              Display help
-l, --lowquality           Generates lower quality pdf/ps. Useful to
                    shrink the result document space
-O, --orientation     Set orientation to Landscape or Portrait
                    (default Portrait)
-s, --page-size         Set paper size to: A4, Letter, etc.
                    (default A4)
-q, --quiet              Be less verbose
  --read-args-from-stdin       Read command line arguments from stdin
  --title            The title of the generated pdf file (The
                    title of the first document is used if not
                    specified)
-V, --version             Output version information an exit
****************************************************************************************

EOT





スポンサーサイト
  1. 2014/06/27(金) 09:59:00|
  2. 便利ツール
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

mdframed 入門 ~初歩の初歩~

mdframed 入門 ~初歩の初歩~

§1.まずは特徴から
mdframed package は定義や証明などを強調したい場合などにカラフルなフレーム環境を提供する.

その特徴は
(1) 自動分割フレーム環境である.フレームがページをまたがる場合には自動的にフレームが分割される.
(2) フレームの装飾が多彩である.フレームの枠色や枠線サイズ,背景色や文字色などが自由に設定できる.
(3) tikz や pstricks に対応している.勿論,LaTeX にも対応しており,
(4) framemthod オプションに応じて次がロードされる.---(xcolor tikz pstricks)
(5) mdframed パッケージ自体が必要とする次のパッケージをロードする.---(kvoptions xparse etoolbox color)

§2.自動分割フレーム環境とは
    下図のように,フレームがページをまたがる場合には自動的にフレームが分割される.

page01.png



§3.構文 (Syntax) などの説明

   \usepackage[ < GLOBAL OPTIONS > ]{mdframed}

● GLOBAL OPTIONS

(1) xcolor
    このキーを設定することで,パッケージの xcolor は与えられた値がロードされる.

(2) framemethod = <キー名称>
    =====================================================
    Method         許されるキー名称
    =====================================================
    LATEX-commands  default, tex, latex, none, 0
    TikZ           tikz, pgf          , 1
    PSTricks        pstricks, ps, postscript , 2
    =====================================================

    例: \usepackage[framemethod=tikz]{mdframed}

    ※ framemethod = tikz を指定すると,フレームの表現が豊かになるので,お薦めである.

(3)提供される環境

   次の構文のみ1つの環境を定義している.

   \begin{mdframed} [< LOCAL OPTIONS >]
     < Contents >
   \end{mdframed}

● LOCAL OPTIONS

  よく利用されるものをリストアップする.
  
    linecolor=    枠の色
    linewidth=    枠の太さ
    backgroundcolor= 背景色
    roundcorner=   四つ角の丸み
    fontcolor=    フォントの色
    shadowsize=   フレームの影サイズ
    shadowcolor=   フレームの影の色
    frametitle=   フレームの標題
    frametitlefont= フレームの標題のフォント
    userdefinedwidth= フレームの横幅


§4.基本的な書式例

  ■ lualatex の場合 
    \documentclass{ltjsarticle}
    \usepackage[framemethod=tikz]{mdframed}
    \begin{document}
     \begin{mdframed}[options]
       < Contents >
     \end{mdframed}
    \end{document}

  ■ コンパイル 
    lualatex source-file.tex

§5.サンプルと実行例


mdfsetup でフレーム仕様を指定する例

Syntax: \mdfsetup{ < options > }

-------------------------------------------------
\documentclass{ltjsarticle}
\usepackage[xcolor,framemethod=tikz]{mdframed}
%
\mdfsetup{%
frametitle=星落秋風五丈原,
linecolor=red,linewidth=3pt,
backgroundcolor=red!10,
roundcorner=10pt}
%
\begin{document}
 \begin{mdframed}
  祁山(キザン)悲秋の風更けて 
  陣雲暗し五丈原, 
  零露の文(アヤ)は繁くして 
  草枯れ馬は肥ゆれども 
  蜀軍の旗光無く 
  鼓角の音も今しづか. 
  丞相(ジョウショウ)病あつかりき.
 \end{mdframed}
\end{document}
-------------------------------------------------

md01.png


\begin{mdframed}[default]
[default]を付加すると framemethod=default と同じ.

\mdfsetupのオプションを設定するには,プリアンブルに限定されるものではなく,
環境内の設定は,ローカルに動作する.



mdframed環境オプションでフレーム仕様を指定する例

Syntax: \begin{mdframed} [< LOCAL OPTIONS > ]~\end{mdframed}

-------------------------------------------------
\documentclass{ltjsarticle}
\usepackage[xcolor,framemethod=tikz]{mdframed}
\begin{document}
 \begin{mdframed} [userdefinedwidth=5cm,align=center,linecolor=blue,linewidth=4pt,roundcorner=5pt]
  \includegraphics[width=4cm]{./IMAGE/gardeninglion.jpg}
 \end{mdframed}
\end{document}
-------------------------------------------------

md02.png



\newmdenv 新環境を定義してフレーム仕様を指定する例

Syntax: \newmdenv [ < MDFRAMED OPTIONS > ] {Name of the environment}

-------------------------------------------------
\documentclass{ltjsarticle}
\usepackage[xcolor,framemethod=tikz]{mdframed}
\newmdenv [linecolor=red,linewidth=3pt,frametitle=星落秋風五丈原,fontcolor=red]{infobox}
\begin{document}
 \begin{infobox}[backgroundcolor=yellow]
  祁山(キザン)悲秋の風更けて 
  陣雲暗し五丈原, 
  零露の文(アヤ)は繁くして 
  草枯れ馬は肥ゆれども 
  蜀軍の旗光無く 
  鼓角の音も今しづか. 
  丞相(ジョウショウ)病あつかりき.
 \end{infobox}
\end{document}
-------------------------------------------------

md03.png



Syntax: \renewmdenv [ < MDFRAMED OPTIONS> ] {Name of the renew-environment}
このコマンドを使用することで,\newmdenvによって作成されている環境を再定義することができる.


\mdfdefinestyle スタイルを定義してフレーム仕様を指定する例

Syntax: \mdfdefinestyle {style name}{ < options > }

    \mdfdefinestyle{mystyle}{leftmargin=1cm,linecolor=blue}
    \begin{mdframed}[style=mystyle] ~ \end{mdframed}

-------------------------------------------------
\documentclass{ltjsarticle}
\usepackage[xcolor,framemethod=tikz]{mdframed}
\mdfdefinestyle {mystyle}%
{frametitle=星落秋風五丈原,linecolor=blue,linewidth=3pt,backgroundcolor=yellow}
\begin{document}
 \begin{mdframed}[style=mystyle]
  祁山(キザン)悲秋の風更けて 
  陣雲暗し五丈原, 
  零露の文(アヤ)は繁くして 
  草枯れ馬は肥ゆれども 
  蜀軍の旗光無く 
  鼓角の音も今しづか. 
  丞相(ジョウショウ)病あつかりき.
 \end{mdframed}
\end{document}
-------------------------------------------------

md04.png


\mdfdefinestyleは,ユーザーが style= を経由してmdframedのオプションとして使用することができ,
異なるスタイルを定義することができる.


■ Shadow

フレームを強調表示するにはshadowがあり mdframedパッケージは,基本的なオプションをサポートしている.
framemethod= TikZ のための shadowは \usetikzlibrary{shadow} により,ユーザによりロードされなければならない.

●shadowに関する幾つかのコマンド
  shadowsize= 8 pt (default)
  shadowcolor= black!50 (default)

-------------------------------------------------
\documentclass{ltjsarticle}
\usepackage[framemethod=tikz]{mdframed}
%
\usetikzlibrary{shadows}
\begin{document}
 \begin{mdframed}[shadow=true,roundcorner=8pt,backgroundcolor=red!30]
  吾輩は猫である.名前はまだ無い.

  どこで生れたかとんと見当がつかぬ.
  何でも薄暗いじめじめした所でニャーニャー泣いていた事だけは記憶している.
  吾輩はここで始めて人間というものを見た.
  しかもあとで聞くとそれは書生という人間中で一番獰悪な種族であったそうだ.
  この書生というのは時々我々を捕えて煮て食うという話である.
  しかしその当時は何という考もなかったから別段恐しいとも思わなかった.
  ただ彼の掌に載せられてスーと持ち上げられた時何だかフワフワした感じがあった
ばかりである.
 \end{mdframed}
\end{document}
-------------------------------------------------

md05.png



§6.その他

■ Options with lengths

(1)defaultunit
   ///////////////////////////////////////////////////
   skipabove = 0pt  skipbelow = 0pt
   leftmargin = 0pt  rightmargin = 0pt
   innerleftmargin = 10pt  innerrightmargin = 10pt
   innertopmargin = 5pt  innerbottommargin = 5pt
   ///////////////////////////////////////////////////

(2)line manipulate(default)
   ///////////////////////////////////////////////////
   linewidth = 0.4pt  innerlinewidth = 0pt
   middlelinewidth = 0.4pt
   outerlinewidth = 0pt  roundcorner = 0pt
   ///////////////////////////////////////////////////

■Colored Options(default)

   ///////////////////////////////////////////////////
   linecolor = black  innerlinecolor = black
   middlelinecolor = black  outerlinecolor = black
   backgroundcolor = white  fontcolor = black
   fontcolor =black
   ///////////////////////////////////////////////////

EOT
  1. 2014/06/22(日) 12:05:22|
  2. LaTeX Tools
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

Sphinx で texinfo を生成してみる [Windows対応]

Sphinx で texinfo を生成してみる [Windows対応]

ドキュメントツール Sphinx においては,HTML, latex, epub, pdf, texinfo, などが
生成できます.今回は Windows上で texinfo を生成する手順を説明します.

(注意)
1. Windows に Cygwin がインストールされてない場合の生成手順となります.
2. Sphinx のインストール方法や基本的な使い方は,すでに理解されているものとします.


作業手順

1.Desktop上に作業ディレクトリ[foo]を作成する.
2.[foo]に コマンドプロセッサ cmd.exe のショートカットを置き,次を実行.
  なお,文書ファイル(foo.rst)は予め作成しておく.拡張子は .rst が標準である.
  
  c:\Users\xxx\Desktop\foo> sphinx-quickstart
    ※ 問い合わせに対して,主に[y,n]で答える.project名,author名,version番号の3つは必須.
    ※ 作成済みテキストファイル [foo.rst] を 既存の index.rst に拡張子無しで追記登録する.
  
  c:\Users\xxx\Desktop\foo> make texinfo

  [foo]以下に _build\texinfoディレクトリ が作成され,その中に foo.texi と Makefile の
  2つのファイルができる.この内,Makefile は使用しない.(削除可)

3.上記の [texinfo]ディレクトリに コマンドプロセッサ cmd.exe のショートカットを置く.
  また,既存の LaTeX システムから texmf-dist\tex\texinfo にある texinfo.tex をコピーする.

4.cmd.exe を開いて,次の操作を続けて実行する.

  (1) c:\Users\xxx\Desktop\foo\_build\texinfo> eptex foo.texi
  (2) c:\Users\xxx\Desktop\foo\_build\texinfo> makeindex foo.??
  (3) c:\Users\xxx\Desktop\foo\_build\texinfo> eptex foo.texi
  (4) c:\Users\xxx\Desktop\foo\_build\texinfo> eptex foo.texi(2回以上行う)
  (5) c:\Users\xxx\Desktop\foo\_build\texinfo> dvipdfmx foo.dvi
  (6) c:\Users\xxx\Desktop\foo\_build\texinfo> start foo.pdf(PDFがオープン)

  (参考)もし,Cygwin がインストールされておれば,次の操作だけで完了します.

    c:\Users\xxx\Desktop\foo\_build\texinfo> sh (または ksh)
    $ texi2dvi foo.texi
    $ exit
    c:\Users\xxx\Desktop\foo\_build\texinfo> start foo.pdf(PDFがオープン)

5.出来上がりの用紙サイズは標準サイズ(A4版)ですが,サイズ変更したければ,例えば(A5版)への
  リサイズ例は次のようにすれば良い.

  4.項で述べた(1)~(4)の手順はそのまま実行する.
  次に
  (5) c:\Users\xxx\Desktop\foo\_build\texinfo> dvips foo.dvi (foo.ps が生成される)
  (6) c:\Users\xxx\Desktop\foo\_build\texinfo> psresize -PA4 -pa5 foo.ps temp.ps
  (7) c:\Users\xxx\Desktop\foo\_build\texinfo> ps2pdf -sPAPERSIZE#a5 temp.ps foo.pdf
  (8) c:\Users\xxx\Desktop\foo\_build\texinfo> start foo.pdf

  (注意)(7)の -sPAPERSIZE#a5 は"#" を使います.-sPAPERSIZE=a5 のように "=" を使うとエラーとなります.
      (Windows の場合,パラメータ値の設定には "#" を使います.)


  1. 2014/06/16(月) 13:26:13|
  2. texinfo
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0