天地有情

[LaTeX] Veen --- Venn図で遊ぼう!

§1 はじめに

更新版: 2017/05/11 (全面書き換え・修正)

LaTeX において, Venn図を描くスタイルファイルを2つ紹介します.

(1)venndiagram.sty
(2)venn.sty

§2 venndiagram.sty

venndiagramパッケージは,単純な2集合と3集合のVennダイアグラムの生成を支援します.
パッケージにはTikZパッケージが必要です.

(1) インストール

TeXLive/W32TeX などには標準でインストールされています.

(2) マニュアル

コマンドラインから texdoc venndiagram を実行するか,
上記に同梱の venndiagram.pdf をお読み下さい

(3) 使い方

■ プリアンブルに
  \usepackage {venndiagram}
  を記述します.

■ 環境・コマンド

(a) 2集合の場合

   \begin{venndiagram2sets}[<options>] ~ \end{venndiagram2sets}

(b) 3集合の場合

   \begin{venndiagram3sets}[<options>] ~ \end{venndiagram3sets}

  <options> の指定方法
オプションは key=value の形式です.複数オプションの場合はカンマ(,)で区切って指定します.
(通常は デフォルト設定 のままで利用できます.ラベル名称をユーザ側で設定したいときに使います.)

venn01.png


(c) コマンド

  下記のコマンドが定義されています.
  
cmd01.png
  
cmd02.png
  
(d) 書式のサンプル

  sample.tex

  ■■■■■■■■■■■■■■■■■■■
  %% 文字コード:UTF-8
  \documentclass{scrartcl}
  \usepackage{venndiagram}
  \usepackage{luatexja}
  \begin{document}
   \begin{venndiagram2sets}[<options>] %% または,\begin{venndiagram3sets}
     :
     :
   \end{venndiagram2sets}        %% または,\end{venndiagram3sets}
  \end{document}
  ■■■■■■■■■■■■■■■■■■■

 ★クラスファイルは scrartcl を使っていますが,(js)article でも構いません.
 ★文字コードは UTF-8 としています.

■ コンパイルの仕方(lualatex を使用しています.)
  luajitlatex sample.tex
  または
  lualatex sample.tex

■ コンパイルの結果
  正しくコンパイルできたら sample.pdf が生成されます.

(4) サンプル

オプションの使い方
      例えば,\begin{venndiagram2sets}[オプション指定]\end{venndiagram2sets}のように記述します.

venn02.png


(a) 和集合 の例を示します.

venn03.png

(b) option [tikzoptions={scale=2,thick}] の例を示します.

venn04.png

(c) option [shade=blue] の例を示します.

venn05.png






§3 venn.sty

(1) インストール

必要に応じて, http://www.biwako.shiga-u.ac.jp/sensei/kumazawa/texindex.html#b から
ダウンロードしてください.

(2) マニュアル

特に,ありません.

(3) 使い方

■ プリアンブルに
  \usepackage {venn}
  を記述します

■ コマンド


(a) 1集合の場合
   \vennone{label}

(b) 2集合の場合
   \venntwo[<options>]{label1}{label2}

c) 3集合の場合
   \vennthree[<options>]{label1}{label2}{label{3}

(d) <options> の指定方法
  
  PSTricks のオプションが指定できます.


(4) サンプル

  sample2.tex

  ■■■■■■■■■■■■■■■■■■■
  %% 文字コード:UTF-8
  \documentclass{jsarticle}
  \usepackage{venn}
  \begin{document}
  1集合の場合
  \begin{center}
   \vennone{$A$}
  \end{center}
  %
  2集合の場合(積集合の例)
  \begin{center}
   \venntwo[\rput(.5,.5){\tiny $A\cap B$}]{$A$}{$B$}
  \end{center}
  %
  3集合の場合(積集合の例)
  \begin{center}
   \vennthree[\rput(.5,.5){$A\cap B$}]{$A$}{$B$}{$C$}
  \end{center}
  \end{document}
  ■■■■■■■■■■■■■■■■■■■

■ コンパイルの仕方
  (1) platex-utf8 sample2.tex %%sample2.dvi が生成される
  (2) dvips sample2.dvi    %%sample2.ps が生成される
  (3) ps2pdf sample2.ps    %%sample2.pdf が生成される

venn06.png

スポンサーサイト
  1. 2013/12/25(水) 09:52:05|
  2. LaTeX Tools
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

bclogo.sty の使い方 備忘録

bclogo.sty の使い方 備忘録

§1.概要

このパッケージは,pstricks または TiKz を経由して,タイトル,ロゴや背景色で着色された ボックス の作成を容易にします.
これらのボックスはボックスの内容を強調しながら,LaTeX文書のページを着色することができます.

■ インストール

TeXLive/W32TeX などには標準でインストールされていますので,インストール作業は必要ありません.

小生の場合のインストール先は次の通りでした.

☆ パッケージ :C:\w32tex\share\texmf-dist\tex\latex\bclogo\bclogo.sty
☆ ドキュメント:C:\w32tex\share\texmf-dist\doc\latex\bclogo\bclogo-doc.pdf(フランス語)

§2.LaTeX2e 文書での指定方法

プリアンブルに
   \usepackage[tikz]{bclogo}
   または
   \usepackage[pstricks]{bclogo}

を記述します.

本文での記述形式は,

   \begin{bclogo}[<options>]{Title} ~ \end{bclogo}

となります.<options> については「§3. Options」で説明しますがキーワードは[フランス語]であり,注意が必要です.
{Title}は任意のタイトルが指定できます.サンプルでは{いろは歌}にしています.

■ 書式のサンプル

  以下に列挙するサンプルの書式を示します.
  sample.tex
  ■■■■■■■■■■■■■■■■■■■
  %% 文字コード:UTF-8
  \documentclass{scrartcl}
  \usepackage{luatexja}
  \usepackage[tikz]{bclogo}
  \begin{document}
   \begin{bclogo}[option]{title}
     :
     :
   \end{bclogo}
  \end{document}
  ■■■■■■■■■■■■■■■■■■■

  ★クラスファイルは scrartcl を使っていますが,ltjsarticle や article でも構いません.
  ★文字コードは UTF-8 とします.
  ★以下のサンプルは \begin{bclogo}[option]{title} のみを記述してあります.

■ コンパイルの仕方
  luajitlatex sample.tex
  または
  lualatex sample.tex

■ コンパイルの結果
  正しくコンパイルできたら sample.pdf が生成されます.

§3.Options

  3.1 Background color(背景色)
  
     couleur=<mycolor>
     Ex: \begin{bclogo}[couleur=blue!30]{My Title}
        デフォルトの色は白です.

  ------------------------------------------------------
  \begin {bclogo}[couleur=blue!30]{いろは歌} % {My Title}→{いろは歌}
  色は匂へど散りぬるを 我が世誰ぞ常ならむ
  有為の奥山今日越えて 浅き夢見じ酔ひもせず \dots
  \end{bclogo}
  ------------------------------------------------------

bc01.png


  3.2 Frame color(ラインエッジの色)
  
     couleurBord=<color>
     Ex: \begin{bclogo}[couleur=blue!30 ,couleurBord=red!30]{My Title}

bc02.png


  3.3 Rounded corners(角丸:フレームの四つ角の丸み)
  
     arrondi=<value>
     Ex: \begin{bclogo}[couleur=blue!30 , arrondi=0.1]{My Title}
       デフォルトのarrondi=0.0

bc03.png


  3.4 Title style(タイトルのスタイル)
  
     \renewcommand\bcStyleTitre[1]{\hfill\large\textbf{#1}\hfill}
     Ex: \begin{bclogo}[couleur=blue!30]{My Title}

bc04.png


     cadreTitre=true (frame box type)
     Ex: \begin{bclogo}[couleur=blue!30,cadreTitre= true]{My Title}

bc05.png


  3.5 Sub Title(サブタイトルのスタイル)  
     sousTitre=<My Sub-Title>
     Ex: \begin{bclogo}[couleur=blue!30,sousTitre=Sous-titre]{My Title} %Sous-titre→柿本人麻呂

bc06.png


§4.Logo(ロゴ)

  logo=<command> %下記のコマンドを指定します.

bclogo01.png

bclogo02.png

bclogo03.png

bclogo04.png

bclogo05.png

bclogo06.png


     Ex: \begin{bclogo}[couleur=blue!30,arrondi=0.1,logo=\bcbook]{My Title}

bc07.png


  4.1 Size logos

     \renewcommand\logowidth{<value>pt}
     defaultは17pt

     \renewcommand\logowidth{20pt}
     Ex: \begin{bclogo}[couleur=blue!30,arrondi=0.1]{My Title}

bc08.png


§5. Shadow(陰影)

     フレームにはShadow(陰影)を付けることができます.

     ombre = true
     (default なし)

     Ex: \begin{bclogo}[couleur=blue!30,arrondi=0.1,ombre=true]{My Title}

  5.1 Parameters of the shadow
  
     epOmbre = <value cm>
     影の暑さ: default は 0.125cm

     couleurOmbre = <color>
     色: dafault は black

     Ex: \begin{bclogo}[couleur=blue!30,arrondi=0.1,ombre=true,epOmbre=0.25,couleurOmbre=black!30]{My Title}

bc09.png


  5.2 Blur(ぼかし) parameter

     Ex: \begin{bclogo}[couleur=blue!30,arrondi=0.1,ombre=true,epOmbre=0.25,couleurOmbre=black!30,blur]{My Title}

bc10.png


§6. Bar Style

     垂直棒はアレンジができます.

     barre=<style>

  6.1 The right bar (right → [ragged] right)
  
     barre=line
     default: 垂直線
    
    epBarre = <value pt>
    垂直線のサイズ(厚さ)調整

     Ex: \begin{bclogo}[couleur=blue!30,arrondi=0.1,logo=\bcquestion,epBarre =3.5]{My Title}

bc11.png


  6.2 The "zigzag" bar
  
    barre=zigzag

    Ex: \begin{bclogo}[couleur=blue!30,arrondi=0.1,logo=\bcquestion,barre=zigzag]{My Title}

bc12.png


  6.3 The "snake" bar
  
     barre=snake

     Ex: \begin{bclogo}[couleur=blue!30,arrondi=0.1,logo=\bcquestion,barre=snake]{My Title}

bc13.png


  6.4 Setting for "snake" and "zigzag"  
     tailleOndu = <value pt>
     波形の大きさ(振幅)を設定.default=2.5

     Ex: \begin{bclogo}[couleur=blue!30,arrondi=0.1,logo=\bcquestion,barre=snake,tailleOndu=1.5]{My Title}

bc14.png


  6.5 Repeating a "motif" (pattern の繰り返し)
  
     motifBarre=<pattern>

     Ex: \begin{bclogo}[couleur=blue!30,arrondi=0.1,logo=\bcquestion,barre=motif,motifBarre=$\star$]{My Title}

bc15.png


  6.6 Personal image "extended"

     barre=imageExt
     imageBarre=brace (example brace.mps)

     ftp://ftp3.fr.freebsd.org/pub/TeX/CTAN/graphics/bclogo/.../brace.mps より入手できます.

     Ex: \begin{bclogo}[couleur=blue!30,arrondi=0.1,logo=\bcquestion,barre=imageExt,imageBarre=brace]{My Title}

bc16.png


  6.7 Personal image "clipped"
  
     barre=imageClip
     imageBarre = <My Image>

     Ex: \begin{bclogo}[couleur=blue!30,arrondi=0.1,logo=\bcquestion,barre=imageClip,imageBarre=losanges]{My Title}

     ftp://ftp2.ru.freebsd.org/.0/CTAN/graphics/bclogo/doc/losanges.mps より入手できます.
    
bc17.png


  6.8 Color bar
  
     couleurBarre=<My color>

     Ex: \begin{bclogo}[couleur=blue!30,arrondi=0.1,logo=\bcquestion,couleurBarre=red!60]{My Title}

bc18.png


  6.9 No bar
     barre=none

     Ex: \begin{bclogo}[couleur=blue!30,arrondi=0.1,logo=\bcquestion,barre=none]{My Title}

bc19.png


§7. Edge-thickness (枠線の太さの調整)

     epBord=<value> (単位を入れない)
     default 0.8pt

     Ex: \begin{bclogo}[logo=\bcquestion,epBord =1.0]{My Title}

bc20.png


  7.1 Noborder
  
     noborder=true

     Ex: \begin{bclogo}[logo=\bcquestion,noborder=true]{My Title}

bc21.png


§8. Margins

     marge= <whole> (余白を調整)
     default 3 (pt) (単位を入れない)

     Ex: \begin{bclogo}[logo=\bcquestion,noborder=true,marge=20]{My Title}
      noborder=true のときは,テキスト領域を広げます.

bc22.png


§9. List of boxes

     \listofbclogo
     (\tableofcontents と同じように使われます.)

bc23.png

  1. 2013/12/19(木) 09:42:19|
  2. LaTeX Tools
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

[LaTeX] enumitem --- リスト環境のレイアウトを制御

更新版:2017/04/15 (旧題:enumitem.sty の使い方 備忘録)

§1 はじめに

enumitem パッケージは,3つの基本的なリスト環境(enumerate、itemize、およびdescription)の
レイアウトをユーザーが制御できるようにします.

ここで紹介する enumitem を使うと,これら3つの標準的な環境を統一的に扱うことができ,
リスト番号の書式を変えたり,横に並べたり, description 環境の整列方法を変えたりできます.

また,標準では第5レベルからは ! LaTeX Error: Too deeply nested. というエラーが出ますが,
このパッケージを使うと対処することができます.

1.1 インストール

必要に応じて,CTAN( http://www.ctan.org/pkg/enumitem )から
ダウンロードしてください.

TeXLive/W32TeX などには標準でインストールされています.

1.2 マニュアル

コマンドラインから texdoc enumeitem を実行するか,
上記に同梱の enumeitem.pdf をお読み下さい.

§2 使い方

2.1プリアンブルに
  \usepackage [<options>] {enumitem}
  を記述します.

<options> は以下の通りです.

■ inline
段落内の通常のテキストとして設定された「水平」リスト.

■ ignoredisplayed,
パッケージオプションを無視して表示することができる.

■ shortlabels
A, a, I, i, 1 が \Alph*, \alph*, \Roman*, \roman*, \arabic* を表す列挙型の構文を使用できる.

■ loadonly
パッケージはロードされますが、3つのリストは再定義されない.

2.2 環境・パラメータ

本文での記述形式は,
 a) \begin{enumerate}[key1=value1,key2=value2,...]  ~ \end{enumerate}

 b) \begin{itemize}[key1=value1,key2=value2,...]   ~ \end{itemize}

 c) \begin{description}[key1=value1,key2=value2,...] ~ \end{description}


となります.[key=value] については 後述(§3 新規のパラメータ)します.

従来からの標準環境において,以下のパラメータが用意されていますが,本パッケージにおいても利用できます.

■ Vertical spacing:
  -- topsep
  -- partopsep
  -- parsep
  -- itemsep

■ Horizontal spacing:
  -- leftmargin
  -- rightmargin
  -- listparindent
  -- labelwidth
  -- labelsep
  -- itemindent

§3 新規のパラメータ

上記に加えて,本パッケージでは次のパラメータが利用できます.簡単なパラメータの使い方も示しておきます.

3.1 Label and cross references format

■ label=<commands>

enumitem01.png


現在のレベルで使用されるラベルを設定します.
引数なしの\alph, \Alph, \arabic, \roman, \Romanのスター付きバージョンのセットは、
enumerateの現在のカウンタを表します.

\begin{enumerate}[label=\emph{\alph*})] --- これは,a),b)などとprintする.


■ label*=<commands>

ラベルと同様ですが,その値は親ラベルに追加されます.

enumitem02.png



\newlist{legal}{enumerate}{5}
\setlist[legal]{label*=\arabic*.}とすると,
legal listは, (1., 1.1., 1.1.1.....)となる.


■ ref=<commands>

参照形式を指定します.

enumitem03.png


■ font=<commands>

ラベルフォントを設定します.

enumitem04.png


■ align=left , =right , =parleft
ラベルの配置方法.

enumitem05.png


3.2 Horizontal spacing of labels

■ labelindent=<length>

テキストの余白からラベルボックスの左端までの空白スペース.

■ leftmargin=! itemindent=! labelsep=! labelwidth=! labelindent=!

'!'記号は 値が default であることを示します.

enumitem06.png


パラメータなし.即ち,デフォルト状態を示した例と,
leftmargin=! を指定した例です.いずれもデフォルト状態を示します.


■ leftmargin=* itemindent=* labelsep=* labelwidth=* labelindent=*

'*'記号は 値が 0pt であることを示します.

enumitem07.png


leftmargin=* は,textwidth の左端と箇条書きラベル位置左端が同じで その差は 0pt です.
leftmargin=0pt は,textwidth の左端と箇条書き項目本文の左端と同じで ラベル位置は欄外にあります.


3.3 More on horizontal spacing

■ labelsep*=<length>
■ labelindent*=<length>


3.4 Numbering, stopping, and resuming

■ start=<integer> 最初の item number を設定します.

■ resume    enumerate において,カウンタは前段から再開し継続します.初期値(1)へのリセットはありません.
■ resume*   カウンタは前段から start= で設定された番号で再開します.

resume の サンプルを示します.

enumitem08.png


resume* , start の サンプルを示します.

enumitem09.png


3.5 Series

上記と同様に番号付けを再開させる方法として,series パラメータがあります.

■ series=<series-name> , resume*=<series-name> , resume=<series-name>

series の サンプルを示します.

enumitem10.png


3.6 Compact lists

■ noitemsep  item と paragraph の間のスペースを狭くします。(すなわち、itemsep=0pt)

■ nosep    すべての行間を狭くします。 (itemsep=0pt , parsep=0pt)

enumitem11.png


3.7 Description styles

次のパラメータは description環境で使えます.

■ style=<name> name は以下の通りです.

★ style=standard
LaTeX2e 標準の Description環境 ライクです.(label is boxed.itemindent=!)

★ style=unboxed
standard と同じ.ただし,(label is not boxed.itemindent=!)

enumitem12.png


★ style=nextline
the text continues in the next line(set:labelwidth=!)

★ style=sameline
same as style=unboxed,labelwidth=!

★ style=multiline
same as style=standard,align=parleft,labelwidth=!.

enumitem13.png


labelwidth=3zw を設定しているため,ラベル部分が2行で表示されている.

§4 Inline lists

横並びのリストを生成します.

■ inline (package option)
■ enumerate* itemize* description* (environments)
■ itemjoin=<string> itemjoin*=<string> afterlabel=<string>

★ enumerate + itemjoin=\quad
★ itemize + itemjoin={ ;~ }
★ description + itemjoin={ ) }

enumitem14.png


§5 Global settings

次の \setlist コマンドは,リストの全てに適用されます.

■ \setlist[enumerate,<levels>]{<format>}
■ \setlist[itemize,<levels>]{<format>}
■ \setlist[description,<levels>]{<format>}
■ \setlist[<levels>]{<format>}

いくつかの書式例を示します.

\setlist{noitemsep}
\setlist[1]{\labelindent=\parindent} % < Usually a good idea
\setlist[itemize]{leftmargin=*}
\setlist[itemize,1]{label=$\triangleleft$}
\setlist[enumerate]{labelsep=*, leftmargin=1.5pc}
\setlist[enumerate,1]{label=\arabic*., ref=\arabic*}
\setlist[enumerate,2]{label=\emph{\alph*}),ref=\theenumi.\emph{\alph*}}
\setlist[enumerate,3]{label=\roman*), ref=\theenumii.\roman*}
\setlist[description]{font=\sffamily\bfseries}


enumitem15.png


§6 enumerate-like labels

従来より使われていた enumerate.sty の互換としても,本パッケージは利用できます.
パッケージオプション [shortlabels] を指定します.

第1引数が 本パッケージのオプションでなければ,enumerate.sty のオプションと見なして処理されます.

パッケージオプションの短いラベルでは,A,a,I,i,1が \Alph* ,\alph*, \Roman*, \roman*, \arabic*
を表す列挙型の構文を使用できます。

■ shortlabels (package option)

enumitem16.png


§7 第5レベル以降の処置

標準では第5レベルからは ! LaTeX Error: Too deeply nested. というエラーが出ますが,このパッケージを使うと
対処することができます.[深さ20]の例を示します.

----------------------------------------
\documentclass{jsarticle}
\usepackage{enumitem}
\setlistdepth{20}
\renewlist{itemize}{itemize}{20}
\setlist[itemize]{label=\textbullet}

\begin{document}
..............

\end{document}
----------------------------------------

(EOF)
  1. 2013/12/06(金) 13:53:16|
  2. LaTeX Tools
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0