FC2ブログ

天地有情

[LaTeX] bearwear --- クマをドレスアップ

§1 はじめに

動物や類似の生き物のコレクションです.
類似のパッケージとして,以下の拙著ブログがあります.併せてご参照ください.

● tikzduks     アヒルを使用するための楽しいパッケージ

● tikzmarmots   TikZでモルモットを描く楽しいパッケージ

● TikZlings     かわいい動物や類似の生き物のコレクション


1.1 インストール

必要に応じて,CTAN( https://ctan.org/pkg/bearwear )から
ダウンロードしてください.

TeXLive には標準でインストールされています.

1.2 マニュアル

コマンドラインから texdoc bearwear を実行するか,
上記に同梱の bearwear.pdf をお読み下さい.

§2 使い方

2.1プリアンブルに
  \usepackage {bearwear}
  を記述します.


§3 サンプル

以下のサンプルのコンパイルは,すべて pdflatex xxx.tex とします.

(1)LaTeX文書の”ひな形”を示します.

■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■
\documentclass[a5paper]{scrartcl} %{article}可
\usepackage[T1]{fontenc}
\usepackage[svgnames]{xcolor}
\usepackage{tikzlings}
\usepackage[most]{tcolorbox}
\usepackage{xspace}
\usepackage{bearwear}

\begin{document}
\begin{tcblisting}{%
bicolor,colback=yellow!10,colframe=yellow!50!black,
colbacklower=white,center lower}
  
  ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
  ここに \tikz文 を記述します.
  ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
  
\end{tcblisting}
\end{document}
■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■


【例1】

bearwear01.png




【例2】

bearwear02.png




【例3】

bearwear03.png




【例4】

bearwear04.png




【例5】

bearwear05.png





(EOF)

スポンサーサイト



  1. 2020/03/28(土) 12:40:32|
  2. LaTeX Tools

[LaTeX] pst-geometrictools --- 幾何学的ツールを描画するためのPSTricksパッケージ

§1 はじめに

このPSTricksパッケージ pst-geometrictools は,分度器,定規,コンパス,鉛筆 を
ユーザーの希望に合わせてセットアップするためのカスタマイズ可能なオプションを提供します.

いくつかの幾何学ツールは事前定義されており,すぐに使用できます.
幾何学ツールは,必要に応じて,拡大縮小,回転,配置,色付け,ラベル付けを
行うことができます.

以下の4つの主要なコマンドが用意されています.
● \psProtractor 分度器
● \psRuler    定規
● \psCompass コンパス
● \psPencil   鉛筆


1.1 インストール

必要に応じて,CTAN( https://ctan.org/pkg/pst-geometrictools )から
ダウンロードしてください.

TeXLive/W32TeX などには標準でインストールされています.

1.2 マニュアル

コマンドラインから texdoc pst-geometrictools-doc を実行するか,
上記に同梱の pst-geometrictools-doc .pdf をお読み下さい.

§2 使い方

2.1プリアンブルに
  \usepackage {pst-geometrictools }
  を記述します.

§3 書式例

■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■
\documentclass[
11pt,
DIV12,
oneside,
dvipsnames,
svgnames,
x11names,
]{scrarticle}
\usepackage[T1]{fontenc}
\usepackage{pst-geometrictools}
\usepackage{xcolor}
\usepackage{showexpl}
\lstset{explpreset={pos=t,width=-99pt,overhang=0pt,hsep=\columnsep,%
vsep=\bigskipamount,rframe={}}}
%
\begin{document}
\begin{LTXexample}

===ここに以下に示すサンプルの例題を記述する===

\end{LTXexample}
\end{document}
■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■


§4 サンプル

【コンパイル手順】

(a) platex %1.tex (または latex %1.tex)
(b) platex %1.tex (または latex %1.tex)
(c) dvips %1.dvi
(d) ps2pdf %1.ps %1.pdf

【参考】 バッチファイル(exec.cmd)の記載例を示します.

    --------------------------
    @echo off
    platex %1.tex
    platex %1.tex
    dvips %1.dvi
    call ps2pdf %1.ps %1.pdf
    del %1.log %1.aux %1.dvi %1.tmp %1.ps    (不要と思われるファイルは削除する)
    --------------------------
    (実行は exec ファイル名(%1))

(注)以下のサンプルはマニュアル記載のものに準拠しています.
   コマンドやパラメータなどはマニュアルを参照願います.


(1)例題1

pst-geometry-tools01.png


(2)例題2

pst-geometry-tools02.png


(3)例題3


pst-geometry-tools03.png



(4)例題4


pst-geometry-tools04.png




(EOF)
  1. 2020/03/20(金) 10:59:30|
  2. LaTeX Tools

[LaTeX] breqn --- 表示された方程式の自動改行

§1 はじめに

このパッケージは,表示された方程式の自動改行をサポートします.

類似のパッケージとして,拙著ブログ "autobreak --- 長い数式を自動改行する" もお読み下さい.



1.1 インストール

必要に応じて,CTAN( https://ctan.org/pkg/breqn )から
ダウンロードしてください.

TeXLive/W32TeX などには標準でインストールされています.

1.2 マニュアル

コマンドラインから texdoc breqn を実行するか,
上記に同梱の breqn.pdf をお読み下さい.

§2 使い方

2.1プリアンブルに
  \usepackage {breqn}
  を記述します.
  
  デフォルトでは,breqnはComputer Modernをサポートしてロードしますが,
  別の数学パッケージを使用する場合は,breqnの前にロードする必要があります.
  

2.2 コマンド

● \begin{dmath}[options]~\end{dmath}  自動改行と数式番号をサポートします.
● \begin{dmath*}[options]~\end{dmath*} 自動改行をサポートします.(数式番号なし)
  [options]については,サンプルをご覧下さい.
 
● \begin{dgroup}~\end{dgroup}  dmath, dmath* 環境をラップし,各方程式にはグループ番号が付けられます.
● \begin{dgroup*}~\end{dgroup*} group の番号なしです.

  「subequations」スタイルの番号付け,つまり(3a),(3b),(3c),...のようなものに自動的に切り替わります.

この他にもありますが,現時点では,不完全(未実装)のようです.
一部のオプションはすべての環境で意味がありませんが,オプションが適用できない場所で使用された場合,
エラーとして扱われるのではなく,静かに無視されます.
 
 
§3 サンプル

3.1書式

■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■
\documentclass[a4paper,12pt,dvipdfmx,nomag]{jsarticle}
\usepackage[T1]{fontenc}
\usepackage{newtxmath,newtxtext}
\usepackage{breqn}
%
\begin{document}

  ===ここに以下に示すサンプルの例題を記述する===

\end{document}
■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■

(1)dmath* の例:

breqn01.png



(2)dmath*[frame={2pt},framesep={2pt}]オプション付きの例:

breqn02.png



(3)dmath*[compact]オプション付きの例:

breqn03.png


(4)dgroup, dmath, dsuspend の例:

breqn04.png


(5)複雑な長い式の例:


breqn05.png


(6)単純な長い式の例:

breqn06.png


(EOF)
  1. 2020/03/05(木) 09:47:54|
  2. LaTeX Tools

[LaTeX] voss-mathcol –-- 色付きでの組版数学

§1 はじめに

マニュアルは独語ですが,ほとんどのLaTeXプログラマーは,独語を理解していなくても,
以下の ”サンプル”に示されているLaTeXコーディング例と結果を達成することができます.

なお,類似のパッケージとして,拙著ブログ(hf-tikz --- 数式と数式部分を簡単にハイライトする方法)も
併せて,御一読ください.


1.1 インストール

必要に応じて,CTAN( https://ctan.org/pkg/voss-mathcol )から
ダウンロードしてください.ただし,.sty はありません.mathCol.pdfのみ.


1.2 マニュアル

上記に同梱の mathCol.pdf をお読み下さい.


§2 使い方

基本的に,よく知られているカラーパッケージ以外に必要なものはありません.
これは,黒,赤,緑,青,シアン,マゼンタ,黄色,そしてもちろん白の定義済みの色を提供します.
その他は,\definecolorコマンドを使用して再定義できます.

使用するLaTeXコマンドは,\textcolor, \colorbox, \fcolorbox, \color などです.


§3 サンプル

3.1書式
■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■
\documentclass[a4paper,12pt,dvipdfmx,nomag]{jsarticle}
\usepackage{lmodern}
\usepackage[T1]{fontenc}
\usepackage{newtxmath,newtxtext}
\usepackage{empheq}
\usepackage{amscd}
\usepackage{color}
\usepackage{framed}
\definecolor{shadecolor}{rgb}{1.0, 0.75, 0.0}
\usepackage{calc}
\usepackage{anyfontsize}
%
\begin{document}

  ===ここに以下のサンプルに示す例題を記述する===

\end{document}

■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■

以下に例題を示します.(マニュアル mathCol.pdf 記載の例題に準拠しています)


(1)\textcolorによる数式の個々の部分を着色する例

mathcol01.png
 
--------------------------------------------
\begin{align}
2\int_1^2 \textcolor{red}{\frac{1}{x^2}}\,dx&= 0.5
\end{align}
--------------------------------------------

(2)インラインモードでは、数式全体を簡単な方法で着色する例

mathcol02.png


--------------------------------------------
$\textcolor{magenta}{c^2=a^2+b^2}$
--------------------------------------------

(3)\colorboxおよび\fcolorboxはテキストモードのパラメーターを想定しているため,
   これらのマクロが数学環境で使用される場合は数学モードを再アクティブ化する必要がある.

mathcol03.png


--------------------------------------------
\def\xstrut{\vphantom{\frac{(A)^1}{(B)^1}}}
\begin{equation}
E=%
\colorbox{yellow}{$\xstrut a_vA$} +
\colorbox{magenta}{$\xstrut -a_fA^{2/3}$} +
\colorbox{green}{$\xstrut -a_c\frac{Z(Z-1)}{A^{1/3}}$} +
\colorbox{cyan}{$\xstrut -a_s\frac{(A-2Z)^2}{A}$} +
\colorbox{yellow}{$\xstrut E_p$}
\end{equation}
--------------------------------------------

(4)別の色へのグローバル切り替えは,\color コマンドを使用して行われる.
   このコマンドは,指定された方程式の先頭に単に配置される.

mathcol04A.png



--------------------------------------------
\[
\color{magenta}
\left(\prod^n_{\,j=1}\hat{x}_j\right)H_c=%
\frac{1}{2}\hat{k}_{ij}\det\widehat{\mathbf{K}}(i|i)
\]
--------------------------------------------

mathcol04B.png


--------------------------------------------
\begin{align}
\color{blue}
\begin{CD}
R\times S\times T @>\text{restriction}>>S\times T\\
@VprojVV @VVprojV \\
R\times S @<<\text{\textcolor{red}{inclusion}}< S
\end{CD}
\end{align}
--------------------------------------------

(5)カラーボックス
   \colorboxと\fcolorboxのマクロ
   テキストモードから,\colorboxと\fcolorboxのマクロは既知であり,数学モードにも転送できる.
mathcol05.png


--------------------------------------------
\colorbox{yellow}{$x_{n+1}\leftarrow x_n^2+c$}
--------------------------------------------

\bigskip

--------------------------------------------
\fcolorbox{red}{yellow}{$x_{n+1}\leftarrow x_n^2+c$}
--------------------------------------------



(6)数式番号を含む定式化された数式を色付けする場合
   parboxにパックする必要もあります.

mathcol06.png


--------------------------------------------
\colorbox{magenta}{%
\parbox{\linewidth-2\fboxsep}{%
\begin{align*}
\frac{I(\alpha)}{I_{0}}=%
\begin{cases}
\sqrt{1-\frac{\alpha}{\pi}+\frac{1}{2\pi}\sin 2\alpha}
& \varphi=0 \\[0.4cm]
\sqrt{2\left(1-\frac{\alpha}{\pi}\right)\left(2+%
\cos 2\alpha \right)+\frac{3}{\pi}\sin 2\alpha}
& \varphi=\frac{\pi}{2}
\end{cases}
\end{align*}%
}}
--------------------------------------------

(7)パッケージempheq
   一方,方程式番号がなく,実際に必要な領域の数式のみに色を付けたい場合は,
   現時点では不明であるparboxを定義するときにその幅を知る必要があるという問題があります.
   ここで,ボックスの幅を決定するタスクを実行するパッケージempheq を使用すると,
   方程式番号が表示されるかどうかに関係なく,このパッケージでもこれを実行できます.


mathcol07.png


--------------------------------------------
\begin{empheq}[box=\fcolorbox{blue}{cyan}]{align*}
x(t) & =\frac{a\left(t^{2}-1\right)}{t^2+1}\\
y(t) & =\frac{at\left(t^{2}-1\right)}{t^2+1}
\end{empheq}
--------------------------------------------




(8)framedパッケージ
   framedパッケージは,完全に色付けされた方程式にも使用できます.shadedされた環境を定義します.
   これは数学的な環境を簡単に包含することができます. framedの利点は,改ページをまたいで簡単に機能し,
   複数の異なる数学環境を含めることができることです.
   framedパッケージについては,拙著ブログ( framed --- 改ページ可能なフレームの生成 ) もお読み下さい.


mathcol08.png


--------------------------------------------
\begin{shaded}
\begin{align}
\underset{\mathcal{G}\quad}\iiint\!%
\left[u\nabla^{2}v+\left(\nabla u,\nabla v\right)\right]d^{3}V%
=\underset{\mathcal{S}\quad}\oiint u\frac{\partial v}{\partial n}d^{2}A \\
\underset{{\mathcal{G}\quad}}\iiint\!%
\left[u\nabla^{2}v-v\nabla^{2}u\right]d^{3}V%
=\underset{\mathcal{S}\quad}\oiint%
\left(u\frac{\partial v}{\partial n}-v\frac{\partial u}{\partial n}\right)d^{2}A
\end{align}
\end{shaded}
--------------------------------------------


(EOF)
  1. 2020/02/27(木) 10:08:53|
  2. LaTeX Tools

[LaTeX] dashundergaps --- 下線,点線,または破線の問答用のギャップを生成する

§1 はじめに

dashundergapsパッケージを使用すると,テキストの素材を空白で置き換えることができます.

デフォルトでは,ギャップに下線が引かれ,その後に括弧内のギャップ番号が続きますが,
下線の代わりにダッシュまたはドット,ギャップ番号なし,またはそれらの異なる形式もあります.
また,通常は非表示のテキストを特別な形式で表示する『教師用モード』もあります.

1.1 インストール

必要に応じて,CTAN( https://ctan.org/pkg/dashundergaps )から
ダウンロードしてください.

TeXLiveには標準でインストールされています.

1.2 マニュアル

コマンドラインから texdoc dashundergaps を実行するか,
上記に同梱の dashundergaps.pdf をお読み下さい.

§2 使い方

2.1プリアンブルに
  \usepackage {dashundergaps}
  を記述します.

§3 サンプル

■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■
\documentclass{jsarticle}
\usepackage[T1]{fontenc}
\usepackage{dashundergaps}
\parindent0pt
%
\begin{document}
%\TeacherModeOn
作者は誰か\gap[w]{夏目漱石} 吾輩は猫である\\
\TeX の生みの親は\gap[u]{Donald.E.Knuth(クヌース)} 組版処理システム\\
\LaTeX の入門本\gap[-]{奥村 晴彦} 『\LaTeXe 美文書作成入門』\\
相対性理論を唱えた\gap[d]{アインシュタイン} $E=mc^2$
\end{document}
■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■

【説明】
 (1)\gap[<style>]{<text>} ....<text>....

    パッケージによって提供されるメインコマンドは\gapで,ギャップを生成するために使用されます.
    \gap*コマンドはギャップ番号は付きません.
    マテリアルを含む必須の<text>引数が必要です.
    デフォルトでは、ギャップに下線が引かれていますが,変更できます.
    オプションの<style>引数は,特定の種類の下線を明示的に定義します.
     u = \uline, d = \uuline, w = \uwave, b = blank, - = \dashuline, . = \dotuline

 (2)『ファントムモード』と『教師用モード』
 
   ●『ファントムモード』では,下線(どのような形式のものでも)が
    評価シートの「記入ブロック」として機能します.
    
   ●サンプルファイルの実行結果
   
dashundergaps01.png


   
   ●『教師用モード』
    \TeacherModeOn, \TeacherModeOff
    ギャップの素材が表示される教師モードもサポートされています.
    これは,\gapが使用される場合に予想される回答を表示したり,
    フォームのサンプル入力を表示したりするために使用できます.
    
    教師モードは、\TeacherModeOnまたは\TeacherModeOffを使用して,
    ドキュメント内の任意の場所でオンまたはオフにできます。
    
   ●サンプルファイルの実行結果
      8行目の %\TeacherModeOn のコメント記号%を外して,コンパイルします.
   
   
dashundergaps02.png




(EOF)

  1. 2020/02/22(土) 09:07:34|
  2. LaTeX Tools

[LaTeX] jkmath --- コードを読みやすくする数学用マクロ

§1 はじめに

このパッケージは,コードを読みやすくしたり,組版資料の柔軟性を高めたりする
数学表記用のいくつかの簡単なマクロを定義されています.

1.1 インストール

必要に応じて,CTAN( https://ctan.org/pkg/jkmath )から
ダウンロードしてください.

TeXLive には標準でインストールされています.

1.2 マニュアル

コマンドラインから texdoc jkmath を実行するか,
上記に同梱の jkmath.pdf をお読み下さい.

§2 使い方

2.1プリアンブルに
  \usepackage {jkmath}
  を記述します.


§3 サンプル

(1)配列を持つコマンド

■方程式系
このパッケージは,array-package を使用して,便利な数学の配置を定義します.1 つ目はsystem 環境です.
演算子の周囲の間隔を正しくするために、2 つの新しい列タイプ(e およびo)があります.
これにより,正しい間隔を保ちながら,方程式系のアライメントを細かく制御できます.
列タイプ(e) は等号を自動的に挿入することに注意してください.

jkmath01A.png


jkmath01B.png



■拡張マトリックス
次のコマンドは,拡張マトリックスです.
augmentedmatrix 環境拡張マトリックスは、2 つの引数n とm を取り、n 番目の列の後に垂直線の規則を持
つ(n + m) 列のマトリックスを作成し,マトリックス形式で右側をもつシステムの組版を可能にします.

jkmath01C.png



(2)2 つのオプション:bbsets とbfsets

自然数のための数学記号(N)・整数(Z)・有理数(Q)・実数(R)・複素数(C) などを組版する数値システムの
表示に関する2 つのオプション、bbsets とbfsets があります.

■ \usepackage[bbsets またはbfsets]{jkmath} を指定した場合.

jkmath01D.png


(EOF)

  1. 2020/02/16(日) 08:40:16|
  2. LaTeX Tools

[LaTeX] tabularht --- 高さが指定された表環境

§1 はじめに

tabularhtパッケージは,表および配列環境に高さの仕様を追加するいくつかの環境を定義します.
新しい環境のデフォルトセットは,最初の引数で高さの値を取ります.
定義された環境は,tabularht、tabularht *、arrayhtです.

1.1 インストール

必要に応じて,CTAN( https://ctan.org/pkg/tabularht )から
ダウンロードしてください.

TeXLive/W32TeX などには標準でインストールされています.

1.2 マニュアル

コマンドラインから texdoc tabularht を実行するか,
上記に同梱の tabularht.pdf をお読み下さい.

§2 使い方

2.1プリアンブルに
  \usepackage {tabularht}
  を記述します.
  パッケージは,最初の引数として高さの指定によって表/配列環境を拡張します.

2.2 コマンド

高さ引数は長さの指定を許可します.パッケージcalcが使用されている場合はサポートされます.
これは、表形式が指定された高さを持つことを意味します.
プレフィックスto =およびspread =を使用することもできます. to =がデフォルトです.
spread=は、表形式ボックスの自然な高さがspread =の後の長さによって変更されることを意味します.

例:

● \begin{tabularht}{1in} 高さは1in
● \begin{tabularht}{to = 1in} 高さは1in
● \begin{tabularht}{spread = 0pt} 自然な高さ、\begin{tabular}と同じ
● \begin{tabularht}{spread = 1in} 自然な高さが1インチ増加

§3 サンプル

(注意)コンパイルは以下のように行います.
    (1)platex foo.tex
    (2)dvips foo.dvi
    (3)ps2pdf foo.ps foo.pdf
    
    ソースコードが欧文の場合は,2回行います.
    (1) pdflatex foo.tex
    (2) pdflatex foo.tex

tabularht01.png


【説明】
  表の高さ50mmで\interrowfillで中空となっています.





tabularht02.png


【説明】
  \usepackage[dvips,vlines]{tabularht}
   vlinesオプションで中空となっている部分に垂直線が付加されています.





tabularht03.png


【説明】
  \begin{tabularht}{spread=0pt}(|l|l|}
   spread=0pt で標準の\begin{tabular}と同じになります.
   \interrowfillの機能は無視されます.



(EOF)


  1. 2020/02/07(金) 13:16:29|
  2. LaTeX Tools

[LaTeX] calctab --- 数値テーブルの言語

§1 はじめに

calctabパッケージは,請求書,費用メモ,など経済表の表形式の資料をタイプセットするのに,
2つの calctab環境(品名ー価格)と xcalctab環境(品名ー単価ー数量ー価格)の使用について説明します.

1.1 インストール

必要に応じて,CTAN( https://ctan.org/pkg/calctab )から
ダウンロードしてください.なお,fltpointパッケージも要求されますので
CTAN( https://ctan.org/pkg/fltpoint )から併せてダウンロードしてください.

TeXLive には標準でインストールされています.

1.2 マニュアル

コマンドラインから texdoc calctab を実行するか,
上記に同梱の calctab.pdf をお読み下さい.

§2 使い方

2.1プリアンブルに
  \usepackage {calctab}
  を記述します.

2.2 コマンド

● calctab環境
  \begin{calctab}[<caption>]
    <calctab commands list>
  \end{calctab}

● xcalctab環境
  \begin{xcalctab}[<caption>]
    <xcalctab commands list>
  \end{xcalctab}

使い方は,下記の「サンプル」を参照ください.

§3 サンプル

(1)calctab環境

calctab01.png

■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■
\documentclass[a4paper,12pt]{jsarticle}
\usepackage{lmodern}
\usepackage[T1]{fontenc}
\usepackage{calctab}
\input{fltpoint}

%
\begin{document}
\begin{calctab}[買い物一覧表] %Caption

\ctdescription{品名}(単価*個数)}
\ctcurrency{価格(円)}
\amount{りんご}{100*3}   %単価100*個数3
\amount{みかん}{50*10}   %単価50*個数10
\amount{マンゴ}{300*8}   %単価300*個数8
\add{小計}           %自動的に計算
\perc{消費税}{10}       %税率 10%
\add{合計}          %自動的に計算

\end{calctab}
\end{document}
■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■

・ \ctdescriptionと\ctcurrencyコマンド
  デフォルトは"英語テキスト"と "ユーロ通貨"であるため,"日本語テキスト"と"円(Yen)"に
  再設定するためのコマンドです.

・ \amountコマンド
  例:\amount{りんご}{100*3} "品名"と"価格"の2つの必須引数を必要とします.
    四則演算機能があるため,品名の直後に{100*3}を記述可能です.
    そうでなければ,
    \amount{りんご}{300}と"価格"を記述します.

・ \percコマンド
  例:\perc{消費税}{10} 第1引数は"消費税"でも"税率"でもよい.第2引数はパーセント(%)です.

・ \addコマンド
  例:\add{合計}はそれ以前の数値を自動的に合計(または 小計)します.

(注意)\amountコマンドは, "xcalctab環境" では引数が異なります.

 


 
(2)xcalctab環境
calctab02.png



■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■
\documentclass[a4paper,12pt]{jsarticle}
\usepackage{lmodern}
\usepackage[T1]{fontenc}
\usepackage{calctab}
\input{fltpoint}

%
\begin{document}
\begin{xcalctab}[買い物一覧表]  %Caption

\ctdescription{品名}
\ctcurrency{価格(円)}
\ctheaderone{単価}
\ctheadertwo{数量}
\amount{りんご}{100}{3}   %単価100*個数3
\amount{みかん}{50}{10}   %単価50*個数10
\amount{マンゴ}{300}{8}   %単価300*個数8
\add{小計}           %自動的に計算
\perc{消費税}{10}       %税率 10%
\add{合計}           %自動的に計算

\end{xcalctab}
\end{document}
■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■

\amountコマンドを除いて,calctab環境で説明したものと同じです.
xcalctab環境での\amountコマンドは"品名と""単価"と"数量"の3つの引数をもつことができ,
"単価"x "数量"="価格"の自動的に計算します.\amountコマンドは次のようになっています.

・ \amountコマンド
    \amount{品名}{単価}{個数}

  例:\amount{りんご}{100}{3} 100*3=300が自動的に計算されます.

(EOF)
  1. 2020/02/01(土) 10:27:39|
  2. LaTeX Tools

[LaTeX] unicode-math --- XeTeXおよびLuaTeXのUnicode数学サポート   ~入門~

§1 はじめに

unicode-mathパッケージは,XeTeX および LuaTeX エンジンを使用した
LaTeXのUnicode数学の完全な実装を提供します.

Unicode数学は現在,次の自由に利用可能なフォント(OpenType)でサポートされています.

 ●texgyrepagella-math
 ●Asana-Math
 ●STIX
 ●Libertinus Math
 ●Fira Math
  など

unicode-mathを通常のLATEXパッケージとしてロードします.他の数学または
フォント関連のパッケージの後にロードする必要があります.

ファイル名構文を使用してt exgyrepagella-mathフォント を読み込む[例]を次に示します.

  \usepackage{amsmath}
  \usepackage{unicode-math}
  \setmathfont{texgyrepagella-math.otf}

パッケージがロードされると,従来のTFMベースの数学フォントはサポートされなくなります.
\setmathfontコマンドを使用してのみ,別のOpenType数学フォントに切り替えることができます.


1.1 インストール

必要に応じて,CTAN( https://ctan.org/pkg/unicode-math )から
ダウンロードしてください.

TeXLive/W32TeX などには標準でインストールされています.

1.2 マニュアル

コマンドラインから texdoc unicode-math を実行するか,
上記に同梱の unicode-math.pdf をお読み下さい.

§2 使い方

2.1プリアンブルに
  \usepackage {unicode-math}
  を記述します.


§3 サンプル

以下の例では lualatex でコンパイルします.

(1)フォント:texgyrepagella-math.otf を使用した例

unicode-math01.png


■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■
\documentclass[a4paper,12pt]{ltjsarticle}
\usepackage[mathrm=sym]{unicode-math}
\setmathfont{texgyrepagella-math.otf}
%
\begin{document}
\[ \left(\int_0^\infty \frac{\sin x}{\sqrt{x}} dx \right)^2 =
\sum_{k=0}^\infty \frac{(2k)!}{2^{2k}(k!)^2} \frac{1}{2k+1} =
\prod_{k=1}^\infty \frac{4k^2}{4k^2 -1} = \frac{\pi}{2} \]
\end{document}
■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■
 
  
   (a) texgyrepagella-math.otf の所在確認

     C:\Users\デスクトップ> kpsewhich --all texgyrepagella-math.otf
     c:/w32tex/share/texmf-dist/fonts/opentype/public/tex-gyre-math/texgyrepagella-math.otf

  存在しない場合には,CTAN( https://ctan.org/pkg/tex-gyre-math-pagella )からダウンロードし,
  
  (b) mktexlsr を実行します.

  (c) 次いで,luaotfload-tool --update   更にデータベースへ登録されたかを確認します.

  (d) luaotfload-tool --fuzzy --find="texgyrepagella-math"

 luaotfload | resolve : Font "texgyrepagella-math" found!
 luaotfload | resolve : Resolved file name "c:/w32tex/share/texmf-dist/fonts/opentype/public/tex-gyre-math/texgyrepagella-math.otf"
 
 
 
(2)フォント:FiraMath-Regular.otf を使用した例

unicode-math02.png


■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■
\documentclass[a4paper,12pt]{ltjsarticle}
\usepackage[mathrm=sym]{unicode-math}
\setmathfont{FiraMath-Regular.otf}
%
\begin{document}
\[ \left(\int_0^\infty \frac{\sin x}{\sqrt{x}} dx \right)^2 =
\sum_{k=0}^\infty \frac{(2k)!}{2^{2k}(k!)^2} \frac{1}{2k+1} =
\prod_{k=1}^\infty \frac{4k^2}{4k^2 -1} = \frac{\pi}{2} \]
\end{document}
■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■

フォントが無ければ,新たにフォントをインストールします.CTAN( https://ctan.org/pkg/firamath )からダウンロードします.
そして,上記(1)に準拠して (a)~(d)の手順を実行します.
 
 
(3)フォント:Asana-Math.otf を使用した例

unicode-math02.png


■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■
\documentclass[a4paper,12pt]{ltjsarticle}
\usepackage[mathrm=sym]{unicode-math}
\setmathfont{Asana-Math.otf}
%
\begin{document}
\[ \left(\int_0^\infty \frac{\sin x}{\sqrt{x}} dx \right)^2 =
\sum_{k=0}^\infty \frac{(2k)!}{2^{2k}(k!)^2} \frac{1}{2k+1} =
\prod_{k=1}^\infty \frac{4k^2}{4k^2 -1} = \frac{\pi}{2} \]
\end{document}
■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■
 
 
フォントが無ければ,新たにフォントをインストールします.CTAN( https://ctan.org/pkg/asana-math )からダウンロードします.
そして,上記(1)に準拠して (a)~(d)の手順を実行します.

(EOF)

  1. 2020/01/26(日) 12:07:56|
  2. LaTeX Tools

[LaTeX] shadow --- Shadow boxes

§1 はじめに

Command \shabox は LaTeX Command \fbox と同じ意味を持ちますが、「shadow」がボックスの下部と右側に追加されます.
類似のパッケージとして,拙著ブログ「fancybox --- 文章を影枠や楕円枠などで囲む」もご参照ください.

1.1 インストール

必要に応じて,CTAN( https://ctan.org/pkg/shadow )から
ダウンロードしてください.

TeXLive/W32TeX などには標準でインストールされています.

1.2 マニュアル

コマンドラインから texdoc shadow を実行するか,
上記に同梱の shadow.pdf をお読み下さい.

§2 使い方

2.1プリアンブルに
  \usepackage {shadow}
  を記述します.

2.2 コマンド

■ \shabox{<text>}

  ここで,<text> はフレーム付きボックスに入れるテキストです.
  テキストが複数行にわたる場合でも,ボックスの適切な寸法を計算します.

ボックス仕様を支配する3つのパラメーターがあります.
 1. box外枠線幅:\ sboxruleを区切る線の幅(default 0.4pt)
 2. boxの端とその内容の分離:\sboxsep(default 10pt)
 3. 影の寸法:\sdim(default 4pt)


§3 サンプル

shadow001.png


■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■
\documentclass[a5paper,9pt,papersize]{jsarticle}
\usepackage[T1]{fontenc}
\usepackage{shadow}
\usepackage{bxjalipsum}
\parindent0pt
%
\begin{document}
\shabox{\jalipsum[1]{wagahai}}

sboxrule=\the\sboxrule(default),
sboxsep=\the\sboxsep(default),
sdim=\the\sdim(default)

\bigskip

\sdim10pt \sboxsep20pt \sboxrule3pt
\shabox{%
\jalipsum[2]{wagahai}
}

sboxrule=\the\sboxrule,
sboxsep=\the\sboxsep,
sdim=\the\sdim
\end{document}
■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■

(EOF)

  1. 2020/01/19(日) 08:19:34|
  2. LaTeX Tools
次のページ