天地有情

[LaTeX] widetable --- 指定された幅の表を生成する環境

§1 はじめに

widetableパッケージは,tabularxとは異なり,列間グルーを使って指定された幅のテーブルを
タイプセットするwidetable環境を定義します.

\tabcolsep寸法が計算され,テーブルが適切な幅に調整されます.
セルは必要に応じてすべて伸張(または収縮)します.

(参考)
(1)tabularx について
   e.g. 横位置パラメータ {|l|X|r|} Xは自動計算され,セル内テキストは左寄せとなる.
   
(2)tabular* について
   e.g. 横位置パラメータに \extracolsep{fill}が必要.1列目以外のセル内テキストは右寄せとなる.
   
(3)widetable について
   セル内テキストは \tabcolsep が自動計算され,常にセル内テキストは中央寄せとなる.

1.1 インストール

必要に応じて,CTAN( https://ctan.org/pkg/widetable )から
ダウンロードしてください.

TeXLive/W32TeX などには標準でインストールされています.

1.2 マニュアル

コマンドラインから texdoc widetable を実行するか,
上記に同梱の widetable.pdf をお読み下さい.

§2 使い方

2.1プリアンブルに
  \usepackage {widetable}
  を記述します.

2.2 コマンド

● widetable 環境

  \begin{widetable}{<width>}[<alignment>]{<column descriptors>}~\end{widetable}

  (widetable環境の構文はtabular*環境の構文と同じです)
  
§3 サンプル

widetable01.png


(EOF)
スポンサーサイト
  1. 2017/09/14(木) 10:04:37|
  2. LaTeX Tools

[LaTeX] svg --- LaTeX文書にSVG画像を含める方法

§1 はじめに

svg は "Scalable Vector Graphics" (ベクトル画像)の略称です.
LaTeX標準の \includegraphics では取り込むことができません.

svgパッケージには,svgとsvg-extractの2つのパッケージがバンドルされており,
このうち,svgパッケージは,SVG画像をLaTeX文書に自動統合するためのパッケージです.
自動統合には,Inkscape のインストールが必要です.このため,
インストールパスをオペレーティングシステムに知らせなければなりません.

Inkscape は, https://inkscape.org/en/release/0.91/platforms/ からダウンロードできます.
必ず,PATH を追加設定してください.さらに,コマンドラインで inkscape -V とし,バージョン
を確認してください.こちらでは,Inkscape 0.92.1 r15371 と表示されました.
(Inkscape --help でコマンドオプションが表示されます)

Inkscapeは,グラフィカルユーザーインターフェイスを使用して,SVG画像内のテキストを
別のファイルにエクスポートし,LaTeXによってレンダリングされます.

この目的のために,\includesvgと\includeinkscapeという2つのコマンドが提供されています.
これはgraphicxパッケージの\includegraphicsコマンドに類似しています.

svg-extractパッケージは,これらのグラフィックスを異なるグラフィックフォーマットの
独立したファイルに抽出することを可能にします.


1.1 インストール

必要に応じて,CTAN( https://ctan.org/pkg/svg )から
ダウンロードしてください.

TeXLive/W32TeX などには標準でインストールされています.

1.2 マニュアル

コマンドラインから texdoc svg を実行するか,
上記に同梱の svg.pdf をお読み下さい.

また,詳細については,CTAN( http://www.ctan.org/pkg/svg-inkscape )のsvg-inkscapeのドキュメントも
参照してください.(これには古い情報が含まれており,Enhance されたものが svg.sty です)

§2 使い方

2.1プリアンブルに
  \usepackage {svg}
  を記述します.

2.2 コマンド

主なコマンドは,次の2つです.
● \includesvg [<parameters>] {<svg filename>}
● \includeinkscape [<parameters>] {<graphic filename>}
   {<graphic filename>} 有効なファイル拡張子は(.pdf / .eps / .ps / .png)

(注)オプションやパラメータが多数あります.マニュアルで確認してください.


§3 サンプル

留意事項:
● コンパイルは pdflatex で行い,\includesvg を使った場合には --shell-escape を付けてください.
● クラスファイルは欧文クラスを利用します.日本語には対応していません.
● Inkscape への PATH を追加してください.




3.1 \includesvg コマンドを使う

(1)Inkscape で SVG画像を作成する.

   ユーザ側で作成しますが,ここでは texmf-dist/doc/latex/svg/examples/
   にある以下のような svg-example.svg を利用します.

svg-exmple01.png



Inkscapeを使うと,LaTeXがテキストをタイプセットするドキュメントにSVGを含めることができ,
● 画像内のテキストを含む文書全体にわたって均一なテキストスタイルが得らる.
● 画像のテキストにLaTeXコマンドを使用して,数式や参照などを埋め込むことができる.
などが提供されます

(2)ソースファイル(svg01.tex)の作成

■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■
\documentclass{article} %欧文クラスに限る
\usepackage{svg}
%
\begin{document}
\begin{figure}[!h]
\centering
\includesvg{svg-example.svg}
\caption{svg image}\label{fig:example-tex}
\end{figure}
\end{document}
■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■

(3)コンパイル実行

   pdflatex --shell-escape svg01.tex

(4)結果表示

svg-exmple02.png





3.2 \includeinkscape コマンドを使う

(1)Inkscape で SVG画像を作成する.
   
   3.1(1)と同様に svg-example.svg を利用します.

(2)Inkscape を起動する

   inkscape -D -z --file = svg-example.svg --export-pdf = svg-example.pdf --export-latex
   
   svg-example.svg をカレントディレクトリに置き,この操作で
   svg-example.pdf および svg-example.pdf_tex が生成されます.


(3)ソースファイル(svg02.tex)の作成

■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■
\documentclass{article} %欧文クラスに限る
\usepackage{svg}
%
\begin{document}
\begin{figure}[!h]
\centering
\includeinkscape{svg-example.pdf} %画像拡張子は .pdf
\caption{svg image}\label{fig:example-tex}
\end{figure}
\end{document}
■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■

(4)コンパイル実行

   pdflatex svg02.tex (--shell-escapeは不要)

(5)結果表示

   3.1(4)と同様です.




3.3 svg-example_tex ファイルを使う

(1)3.2 (2)Inkscape を操作して得られる svg-example.pdf_tex を使うこともできます.
   \includeinkscapeの代わりに \input{svg-example.pdf_tex}ととするだけです.

(2)ソースファイル(svg03.tex)の作成

■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■
\documentclass{article} %欧文クラスに限る
\usepackage{svg}
%
\begin{document}
\begin{figure}[!h]
\centering
\input{svg-example.pdf_tex}
\caption{svg image}\label{fig:example-tex}
\end{figure}
\end{document}
■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■

(3)コンパイル実行

   pdflatex svg03.tex (--shell-escapeは不要)
   
(5)結果表示
   
   3.1(4)と同様です.

(EOF)
  1. 2017/09/09(土) 10:05:53|
  2. LaTeX Tools

[LaTeX] boites --- 改ページを許可するボックス環境

§1 はじめに

boites環境では枠付きボックス内で改ページが可能です.ボックスには,
● タイトル付きボックス
● 二重縦棒ボックス
● 網掛けボックス
● ギザギザ線ボックス
があります.

それぞれのボックス環境名はフランス語となっています.

1.1 インストール

必要に応じて,CTAN( https://ctan.org/pkg/boites )から
ダウンロードしてください.

TeXLive/W32TeX などには標準でインストールされています.

1.2 マニュアル

コマンドラインから texdoc boites を実行するか,
上記に同梱の boites.pdf をお読み下さい.

§2 使い方

2.1プリアンブルに
  \usepackage {boites,boites_exemples}
  を記述します.

2.2 環境・コマンド

boites00.png


§3 サンプル

以下のサンプルのコンパイルは " platex + dvips + ps2pdf " で実行しています.

(1)タイトル付きボックスの例

boites01.png


(2)二重縦棒ボックスの例

boites02.png

(3)同上.ただし,Item付き

boites03.png


(4)網掛けボックス

boites04.png


(5)ギザギザ線ボックス

boites05.png


(EOF)
  1. 2017/09/04(月) 08:29:23|
  2. LaTeX Tools

[LaTeX] syntonly --- LaTeX文書の構文チェックを実行する

§1 はじめに

syntonlyパッケージは LaTeX実行 からの出力を抑制するコマンド \syntaxonly を提供します.
出力を生成する オーバーヘッドなし でLaTeXファイルの構文をチェックすることが目的です.
このパッケージはLaTeXディストリビューションの一部です.

1.1 インストール

必要に応じて,CTAN( https://ctan.org/pkg/syntonly )から
ダウンロードしてください.

TeXLive/W32TeX などには標準でインストールされています.

1.2 マニュアル

コマンドラインから texdoc syntonly を実行するか,
上記に同梱の syntonly.pdf をお読み下さい.

§2 使い方

2.1プリアンブルに
  \usepackage {syntonly}
  を記述します.

2.2 コマンド

● \syntaxonly

§3 サンプル

プリアンブル部に以下を記述します.

--------------------------
\usepackage{syntonly}
\syntaxonly

--------------------------

(1)先ず,(p)latex foo.tex を実行する.

   構文チェックの結果が正常であればコンソール上に "No pages of output" が表示される.
   このときは,チェックのみであり,ファイルなど何も出力されない.

(2)次に,プリアンブルに記述した \syntaxonly をコメントアウトして
   (p)latex foo.tex を実行する.結果として,正しい dviファイル,あるいは PDFファイルが出力される.


(3)簡単例

-----------------------------------------
\documentclass{jsarticle}
\usepackage{syntonly}
\syntaxonly
\begin{document}
日本語の組版システムには p\LaTex{}をどうぞ.
\end{document}
-----------------------------------------

■ コンパイルすると
 
 ! Undefined control sequence.
l.5 日本語の組版システムには p\LaTex
{}をどうぞ.

■ p\LaTex 末尾の x を X に修正すると
 
 No pages of output.

(EOF)
  1. 2017/08/31(木) 13:38:37|
  2. LaTeX Tools

[LaTeX] awesomebox --- ドキュメントに警告ブロックを描画

§1 はじめに

Awesomeboxパッケージは,読者に何か特別なことを知らせるために,
テキストの周りに警告ブロックを描くことに関するものです.

このパッケージの具体的な目的は、FontAwesomeアイコンを使用して
これらのボックスの図を簡単にすることです。

なお,類似のパッケージとして,拙著ブログもご一読ください.
● "「警告」などの標識 いろいろ" ( http://konoyonohana.blog.fc2.com/blog-entry-237.html )

1.1 インストール

必要に応じて,CTAN( https://ctan.org/pkg/awesomebox )から
ダウンロードしてください.

TeXLive(2017)/W32TeX などには標準でインストールされています.

1.2 マニュアル

コマンドラインから texdoc awesomebox を実行するか,
上記に同梱の awesomebox.pdf をお読み下さい.

§2 使い方

2.1プリアンブルに
  \usepackage {awesomebox}
  を記述します.

2.2 コマンド


(1)事前定義されたコマンド

● \notebox{<text>}    "infomation"用
● \tipbox{<text>}    "tip"用
● \warningbox{<text>}  "warning"用
● \cautionbox{<text>}  "caution"用
● \importantbox{<text>} "important"用

使い方:
  e.g. \notebox{...}のようにコマンドを指定するだけです.

(2)事前に組み込まれた icon コマンド

使い方:
  \awesomebox{icon}{rulewidth}{color}{your text content}
  e.g. \awesomebox{\abIconCheck}{5pt}{magenta}}{<your text content>}
  
   <icon>名は下記
  
● \abIconCheck
● \abIconInfoCircle
● \abIconFire
● \abIconExclamationCircle
● \abIconTriangle
● \abIconCogs
● \abIconThumbsUp
● \abIconThumbsDown
● \abIconCertificate
● \abIconLightBulb
● \abIconTwitter
● \abIconGithub


(3)新しいアイコンを作成するコマンド

awesomebox.styソースコードを見ると,\def\abIconFire{\symbol{"16進コード}}コマンド
を使ってアイコンが宣言されていることがわかります.

新しいアイコンを追加するには,正しい16進コードが必要ですが,
これらのコードはFontAwesomeのcheatsheet(虎の巻)にあります.
http://fontawesome.io/cheatsheet/

cheatsheetで提供されたHTMLエンティティをTEX互換コードに変換するだけです.
たとえば,"ロケットアイコン"を追加する場合は,[&#xf135;]を「F135」に変換する
必要があります.
\def\abIconRocket{\symbol{"F135}}
なお,\abIconxxx{...}は固定名称で,xxxは可変.この場合は Rocket です.
詳しくは§ サンプル(3.3) を参照ください.


§3 サンプル


3.1 事前定義されたコマンドの例

awesomebox01A.png


awesomebox01B.png



3.2 事前に組み込まれた icon コマンドの例

awesomebox02.png



3.3 新しいアイコンを作成するコマンドの例


awesomebox03.png


(EOF)
  1. 2017/08/28(月) 10:04:23|
  2. LaTeX Tools

[LaTeX] empheq --- amsmathに視覚的なマークアップを施す

§1 はじめに

empheqパッケージは,mathtoolsバンドルの一部であり,それは amsmath に視覚的なマークアップ
の拡張を提供します.
ユーザーフレンドリーなインターフェイスは,ボックス内に方程式のセットを置くことができるので,
amsmath の boxed機能 が強化されます.

1.1 インストール

必要に応じて,CTAN( https://ctan.org/tex-archive/install/macros/latex/contrib )から
ダウンロードしてください.

TeXLive/W32TeX などには標準でインストールされています.

1.2 マニュアル

コマンドラインから texdoc empheq を実行するか,
上記に同梱の empheq.pdf をお読み下さい.

§2 使い方

2.1プリアンブルに
  \usepackage {empheq}
  を記述します.

2.2 コマンド

empheq00.png


§3 サンプル

(注)
・欧文クラスファイル(article,scrartclなど)を使います.
・コンパイルは欧文だけなら pdflatex で行い, 和文が混在するなら
 \usepackage{luatexja}を登録して, luajitlatex(または lualatex) で行います.
・以下のサンプルはすべて,luajitlatex で行っています.

3.1 Basic: [box=\fbox] の指定例

empheq01.png


3.2 Delimiter: [left=\empheqlbrace, right=\empheqrbrace] の指定例

empheq02.png


デリミタはディスプレイ全体に合わせて縮尺が決められる自動スケーリングです.
適用できるデリミタはマニュアルを参照ください.

3.3 Background color: [box=\mybluebox] の指定例

empheq03.png


ボックス内に背景色が指定できます.

3.4 fancybox のサポート


\usepackage{fancybox}を記述します.

(1) [box=\ovalbox] の指定例

empheq04.png



(2) [box=\shadowbox*] の指定例

empheq05.png


(3) shadow color: [box=\shadowbox*] の指定例

empheq06.png

(EOF)
  1. 2017/08/27(日) 08:23:23|
  2. LaTeX Tools

[LaTeX] gradientframe --- オブジェクトの周りの単純なグラデーションフレーム

§1 はじめに

gradientframeパッケージは,図や表などのオブジェクトを囲むシンプルで分かりやすい
四角形のグレースケールグラデーションフレームに\gradientframeというコマンドを用意し,
周囲のテキストと区別して設定します.

1.1 インストール

必要に応じて,CTAN( https://ctan.org/pkg/gradientframe )から
ダウンロードしてください.

1.2 マニュアル

コマンドラインから texdoc gradientframe を実行するか,
上記に同梱の gradientframe.pdf をお読み下さい.

§2 使い方

2.1プリアンブルに
  \usepackage {gradientframe}
  を記述します.

2.2 コマンド

figureやtableなどのオブジェクトをフレームします.

● \gradientframe[<name=value,... >]{<object>}

[options](name=value):
   ・linewidth=0.3px(default) : 線幅を定義
   ・padding=0mm(default) : オブジェクトとフレームの間のスペースを定義


§3 サンプル

gradientframe01.png


(EOF)

  1. 2017/08/23(水) 08:34:42|
  2. LaTeX Tools

[LaTeX] iwona --- サンセリフ・フォント

§1 はじめに

iwona フォントは,近代的なアルファベットをカバーする大幅に拡張された文字セットが含まれます.
フォントは,タイプ1とオープンタイプのフォーマットが用意され,数式にも対応した
サンセリフ・フォントです.

rmdefaultモードとmathversionモードがあり,オプション[regular](default)と[math]
で指定できます.また,ウエイトオプション[light]と[condensed]もあります.

1.1 インストール

必要に応じて,CTAN( https://ctan.org/pkg/iwona )から
ダウンロードしてください.

インストールしたら,mktexlsr を実行し,さらに updmap --add iwona.map も実行してください.

1.2 マニュアル

コマンドラインから texdoc iwona を実行するか,
上記に同梱の iwona.pdf をお読み下さい.

§2 使い方

2.1プリアンブルに
  \usepackage [<options>]{iwona}
  を記述します.

2.2サンプル

iwona01.png


(EOF)

  1. 2017/08/22(火) 08:46:53|
  2. LaTeX Tools

[LaTeX] leading --- テキスト行間の距離(改行幅)を定義する

§1 はじめに

leadingパッケージは,コマンド\leadingを定義します.引数は <length> です.
これは、タイプセットテキストの連続したベースライン間の距離を指定します.
このコマンドは,LaTeXコマンドの \linespread{<ratio>}を置き換えます.

さて,現状の改行幅は \the\baselineskip で知ることができます.たとえば,
14pt であるとすると,これを 17pt に拡げる場合には,\renewcommand\baselinestretch{1.214}
あるいは,\linespread{1.214}などとします.
leadingパッケージを利用すれば \leading{17pt}とするだけで簡単に済みます.

1.1 インストール

必要に応じて,CTAN( https://ctan.org/pkg/leading )から
ダウンロードしてください.

1.2 マニュアル

コマンドラインから texdoc leading を実行するか,
上記に同梱の leading.pdf をお読み下さい.

§2 使い方

2.1プリアンブルに
  \usepackage {leading}
  を記述します.

2.2 コマンド

● \leading{<length>}

<length> = 改行幅(mm,pt,など)を指定する.

§3 サンプル

■ ソースファイル

leading01.png



■ 結果

leading02.png


(EOF)
  1. 2017/08/20(日) 10:06:22|
  2. LaTeX Tools

[LaTeX] fn2end --- footnote を endnote に変換する

§1 はじめに

マクロ\makeendnotesを定義します.これは\footnoteを変換して脚注を生成します.
\theendnotes で指定されたページに出力します.

同類のパッケージとして,拙著ブログ(footnote --- 「脚注」関係パッケージ)もご一読ください.

1.1 インストール

必要に応じて,CTAN( https://ctan.org/pkg/fn2end )から
ダウンロードしてください.

TeXLive/W32TeX などには標準でインストールされています.

1.2 マニュアル

コマンドラインから texdoc fn2end を実行するか,
上記に同梱の fn2end.pdf をお読み下さい.

§2 使い方

2.1プリアンブルに
  \usepackage {fn2end}
  を記述します.

2.2 コマンド

● \makeendnotes :文中の \footnote 指定を endnote に変換する.

● \theendnotes  :このコマンドで指定された位置に出力する.

§3 サンプル

■ ソースファイル

fn2end01.png


■ コンパイルと結果

(注) 欧文クラスを使用し,lualatex(luajitlatex) でコンパイルを2回行います.

fn2end02.png


(EOF)

  1. 2017/08/19(土) 12:55:36|
  2. LaTeX Tools
次のページ