天地有情

[LaTeX] texi-like cover --- TeXinfoのようなカバーページ作成

§1 はじめに

GNU Texinfo (テックインフォ) は,フリーなコンピュータ・プログラム であり,一式のソースコードから
複数の形式で文書を生成します.また,GNUプロジェクトで公式の文書体系として用いられています.(wikipedia)

texi-like coverパッケージは,TeXinfoが生成するようなドキュメントカバーページを作成します.

1.1 インストール

必要に応じて,CTAN( https://ctan.org/pkg/texilikecover )から
ダウンロードしてください.

1.2 マニュアル

特に,ありません.

§2 使い方

2.1プリアンブルに
  \usepackage {texilikecover}
  を記述します.

§3 サンプル

■■■■■■■■■■■■■■■■■■■
\documentclass[a5paper]{jsarticle}
\usepackage[dvipdfmx]{graphicx}
\usepackage{texilikecover}
%
\title{Texi-like cover}
\subtitle{for LaTeX2e}
\date{2017年11月吉日}
\author{天地有情}
%
\begin{document}
\maketitle

\end{document}
■■■■■■■■■■■■■■■■■■■


texilikecover01.png



(EOF)

スポンサーサイト
  1. 2017/11/18(土) 12:40:42|
  2. LaTeX Tools

[LaTeX] termlist --- 任意の種類の項目に連続番号を付ける

§1 はじめに

termlistパッケージは,連続した番号の任意の種類の項目をインデントし,番号ラベル付けする環境を提供します.
項目は,方程式または数式環境の中に現れることがあります.

1.1 インストール

必要に応じて,CTAN( https://ctan.org/pkg/termlist )から
ダウンロードしてください.

TeXLive2017 には標準でインストールされています.

1.2 マニュアル

コマンドラインから texdoc termlist を実行するか,
上記に同梱の termlist.pdf をお読み下さい.

§2 使い方

2.1プリアンブルに
  \usepackage {termlist}
  を記述します.

2.2 コマンド

termlist, term, termlist*, term* の4つの環境が用意されています.

● termlist環境  : \itemコマンドによる項目のリスト
● term環境    : リスト項目が1つのみの項目リスト環境
● termlist*環境  : termlist環境と同じですが,空のラベルとなる
● term*環境    : term環境と同じですが,空のラベルとなる

§3 サンプル

termlist01A.png


(注)
・termlist*環境 と term*環境は空の番号ラベルとなるだけです.

.数式番号はグローバルオプション [leqno] で左側表示となります.

(EOF)

  1. 2017/11/12(日) 14:45:46|
  2. LaTeX Tools

[LaTeX] clock --- TeXおよびLaTeX用のグラフィックおよびテキスト・クロック

§1 はじめに

システム時間やユーザーが望む任意の時間を表示できるグラフィカルな時計(古典的な12時間ダイヤルと2本の手)と
テキスト・クロック(24時間形式)を備えています. TeXとLaTeXの両方で動作します.

1.1 インストール

必要に応じて,CTAN( https://ctan.org/pkg/clock )から
ダウンロードしてください.フォントの配置は適切に行ってください.

TeXLive2017 には標準でインストールされています.

1.2 マニュアル

コマンドラインから texdoc clock を実行するか,
上記に同梱の clock.pdf をお読み下さい.

§2 使い方

2.1プリアンブルに
  \usepackage {clock}
  を記述します.

2.2 コマンド

(1)グラフィカルクロック

● \ClockFrametrue/false : 外周枠を付ける/付けない(default:false)
● \clock{"時"}{"分"} : 2つの引数で時分を指定する.
● \clocktime(何も引数なし): TEXクロックはコンパイル時の現在のシステム時刻をグラフィカルに出力する.


(2)テキストクロック

  シンプルな4桁のデジタルディスプレイです.

● \texttime : コンパイル時のシステム時間をコロンで区切られた24時間形式で表示する.
        1日の時間は\texthours,分は\textminutesとして利用可能です.


§3 サンプル

clock01A.png



§4 昔ながらのテキストクロック

参考までに昔ながらのテキストクロックを挙げておきます.
必要に応じて,CTAN からダウンロードしてください.

骨子のみを記述します.

(1) daytime.sty
\daytime --> hh:mm am/pm

(2) time.sty
\now --> hh:mm am/pm

(3) timeofday.sty
\timeofday --> hh:mm

(4) mickeytime.sty --> \mickeytime

e.g. 現在 pm 13:10 とすると次のように表示されます.

Mickey's little hand is between the one and the two. Micky's big hand is just past the two. Mickey's
eyes are open.

little hand : 短針(時)
big hand :長針(分)
open : PM
close : AM

を表します.


(EOF)

  1. 2017/11/09(木) 09:49:27|
  2. LaTeX Tools

[LaTeX] epsdice --- スケーラブルなサイコロ "フォント"

§1 はじめに

epsdiceパッケージは,数字の引数(1〜6の範囲)を取る1つのコマンド\epsdice{#1}を提供し,
1つのオプション引数[white|black]で白ダイス(デフォルト)と黒ダイスを認識します.
引数には,カウンタ値であっても構いません.
例えば,セクションなら \epsdice{\value{section}}の値が引数になります.("サンプル"の項を参照)
グラフィックファイルは,Encapsulated PostScriptとPDF形式の両方で提供されています.

1.1 インストール

必要に応じて,CTAN( https://ctan.org/pkg/epsdice )から
ダウンロードしてください.

TeXLive2017 には標準でインストールされています.

1.2 マニュアル

コマンドラインから texdoc epsdice を実行するか,
上記に同梱の epsdice.pdf をお読み下さい.

§2 使い方

2.1プリアンブルに
  \usepackage {epsdice}
  を記述します.

2.2 コマンド

  ● \epsdice[white|black]{#1} なお,defaultは[white]

§3 サンプル

(注)コンパイルは latex + dvips または pdflatex(lualatex)で行います.
   以下は lualatex(or luajitlatex)でコンパイルしています.

(1)ソースファイル

■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■
\documentclass{scrartcl} %欧文クラス
\usepackage{luatexja}
\usepackage{graphicx}
\usepackage{epsdice}
\parindent0pt
%
\begin{document}
\section{白黒ダイス}
\Huge
白ダイス:
\epsdice{1} \epsdice{2} \epsdice{3} \epsdice{4} \epsdice{5} \epsdice{6}

黒ダイス:
\epsdice[black]{1} \epsdice[black]{2} \epsdice[black]{3} %
\epsdice[black]{4} \epsdice[black]{5} \epsdice[black]{6}

\section{カウンタ}
ここは 第\epsdice{\value{section}} 節 です.
\end{document}
■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■

(2)結果

epsdice01.png



(EOF)
  1. 2017/11/05(日) 13:38:56|
  2. LaTeX Tools

[LaTeX] phfnote --- article系の \maketitle による書式設定をよりコンパクトにする

phfnoteパッケージは,よりコンパクトなタイトルと,テキストとセクションの見出しのいくつかの書式設定を使って,
デフォルトのノートフォーマットスタイルを導入しています.

§1 はじめに

このパッケージは,特定のトピックに関するメモ,短いドキュメントなどの短いドキュメント
の基本的な書式設定を提供します.
そのような目的のためのすべての基本的なニーズをカバーすることを目指しています.
あまりにも多くのスペースを取らない素敵なタイトルなど柔軟でカスタマイズ可能です。

1.1 インストール

必要に応じて,CTAN( https://ctan.org/pkg/phfnote )から
ダウンロードしてください.

TeXLive には標準でインストールされています.

1.2 マニュアル

コマンドラインから texdoc phfnote を実行するか,
上記に同梱の phfnote.pdf をお読み下さい.

§2 使い方

2.1プリアンブルに
  \usepackage [<options>] {phfnote}
  を記述します.

   [<options>] については,代表的なものを次項の"サンプル"で示します.


§3 サンプル

(注)以下の文書ファイルは lualatex または luajitlatex でコンパイルします.

(1)オプション[title=default]の例

\documentclass{scrartcl} %欧文クラス可
\usepackage{luatexja}
\usepackage{bxjalipsum}
\usepackage[title=default]{phfnote}
%
\begin{document}
\title{吾輩は猫である}
\author{夏目漱石}
\date{2017-10-28}
\maketitle

\section{吾輩は猫である}
\jalipsum[1-2]{wagahai}
\end{document}

phfnote01.png


phfnoteパッケージは,代替のタイトルスタイルのセットを可能にします.
title=defaultでは,デフォルトのタイトルスタイルが使用されます.
title= ...パッケージオプションでこの設定を変更することができます.
デフォルトのarticleタイトルと比較してページのスペースを節約できます.

(2)オプション[title=small,par=skip]の例
phfnote02.png


すべての関連情報を1行に表示する,より小さなタイトルスタイルです.
これは,デフォルトのタイトルスタイルでも大きすぎると思われる場合に便利です.


(3)オプション[title=article]の例

phfnote03.png


articleクラスからデフォルトのタイトルスタイルを模倣しますが,少しスペースを節約します.


(4)オプション[title=]の例

phfnote04.png


タイトルの空の引数は,phfnoteにタイトル定義をオーバーライドしないように指示します.これにより、
デフォルトのクラスタイトルスタイルが保持されます.


(5)オプション[abstract=narrow]の例

\documentclass{scrartcl}
\usepackage{luatexja}
\usepackage{bxjalipsum}
\usepackage[abstract=narrow]{phfnote}
%
\begin{document}
\title{吾輩は猫である}
\author{夏目漱石}
\date{2017-10-28}
\maketitle

\begin{abstract}
夏目 漱石は,日本の小説家,評論家,英文学者.本名、夏目 金之助。江戸の牛込馬場下横町出身.
俳号は愚陀仏.大学時代に正岡子規と出会い,俳句を学ぶ.帝国大学英文科卒業後,松山で愛媛県尋常中学校教師,
熊本で第五高等学校教授などを務めた後,イギリスへ留学.
\end{abstract}

\section{吾輩は猫である}
\jalipsum[1-2]{wagahai}

phfnote05.png


abstract環境は,文書の短い要約を提供することを目指してインデントされたテキストをレンダリングします.
デフォルトでインデントされます.
[abstract=wide]はテキスト幅長となり,インデントされません.


(6)オプション[abstract=narrow] および \inlinetoc の例

\documentclass{scrartcl}
\usepackage{luatexja}
\usepackage{bxjalipsum}
\usepackage[abstract=narrow]{phfnote}
%
\begin{document}
\title{吾輩は猫である}
\author{夏目漱石}
\date{2017-10-28}
\maketitle

\begin{abstract}
夏目 漱石は,日本の小説家,評論家,英文学者.本名、夏目 金之助。江戸の牛込馬場下横町出身.
俳号は愚陀仏.大学時代に正岡子規と出会い,俳句を学ぶ.帝国大学英文科卒業後,松山で愛媛県尋常中学校教師,
熊本で第五高等学校教授などを務めた後,イギリスへ留学.
\end{abstract}

\inlinetoc

\section{吾輩は猫である}
\jalipsum[1-2]{wagahai}
\end{document}

phfnote06.png



\inlinetocコマンドを使用して目次を挿入できます.

(EOF)

  1. 2017/10/30(月) 15:27:34|
  2. LaTeX Tools

[LaTeX] pst-poker --- ポーカーカードを描く

§1 はじめに

このPSTricks関連パッケージは、様々な方法でポーカーカードを作成することができます。

1.1 インストール

必要に応じて,CTAN( https://ctan.org/pkg/pst-poker )から
ダウンロードしてください.

TeXLive/W32TeX などには標準でインストールされています.

1.2 マニュアル

コマンドラインから texdoc pst-poker を実行するか,
上記に同梱の pst-poker.pdf をお読み下さい.

§2 使い方

2.1プリアンブルに
  \usepackage {pst-poker}
  を記述します.


§3 サンプル

(注)以下のサンプルは次の手順でコンパイルします.
   1. platex foo[.tex]
   2. platex foo[.tex]
   3. dvips foo[.dvi]
   4. ps2pdf foo.ps


(1)ポーカーカードの基本的なデザイン(デフォルト仕様)

pst-poker01A.png


\crdxxxコマンドのxxx部分詳細は次の通りです.

pst-poker01B.png



(2)基本的なバリエーション(サイズ)は unit= で設定されます.

pst-poker02.png



(3)カラーセットの選択

pst-poker03.png



(4)オプション引数 framebg

pst-poker04.png


   オプション引数 framebg によって,ここに示すように定義済みの色か,
   または自己定義色を使用して別々に変更できます.


(5)インデックスの配置

pst-poker05.png



   4つのコーナーすべてにインデックスを配置したり,ピークインデックスを使用することもできます.


(6)カードの高度な配置

pst-poker06.png


(7)高度なディスプレイバリエーション

pst-poker07.png



(EOF)
  1. 2017/10/19(木) 10:29:54|
  2. LaTeX Tools

[LaTeX] keycommand --- key-valueの引数をもつコマンドの簡単な作成

§1 はじめに

keycommandパッケージは,オプションのキーを使用してコマンドや環境を簡単に定義する方法を提供します.
パッケージは,\newkeycommand \renewkeycommand \providekeycommand
\newkeyenvironment および \renewkeyenvironmentを提供します.


1.1 インストール

必要に応じて,CTAN( https://ctan.org/pkg/keycommand )から
ダウンロードしてください.

TeXLive2017 には標準でインストールされています.

1.2 マニュアル

コマンドラインから texdoc keycommand を実行するか,
上記に同梱の keycommand.pdf をお読み下さい.

§2 使い方

2.1プリアンブルに
  \usepackage {keycommand}
  を記述します.

2.2 コマンド

● \newkeycommand +[short-unexpand]{<command>}[<keys=defaults>]%
                     [<OptKey>] [<n>]{<definition>}
● \newkeyenvironment +[short-unexpand]{<envir name>}[<keys=defaults>]%
                     [<OptKey>] [<n>]{<begin>}{<end>}


  ・ +形式の定義は実行時に展開.オプションの[\|]引数は,|...| 拡張から保護される.(サンプル(2)参照)
  ・ [keys = defaults]引数は,デフォルト値でキーを定義.
  ・ 使用可能な key のタイプは、boolean、enum、choice(manual: 1.1を参照).
  ・ OptKey引数は,特に定義されていない key = value のペアを取得する場合に使用.
  ・ 0-9の必須引数(省略した場合は0)で指定.

§3 サンプル

(1)\newkeycommand の例

keycommand01.png


(2)\newkeycommand+[\|]の例

keycommand02.png


(3)\newkeyenvironment の例
keycommand03.png

(EOF)
  1. 2017/10/15(日) 07:14:43|
  2. LaTeX Tools

[LaTeX] savetrees --- LaTeXドキュメントの各ページの使用を最適化する

§1 はじめに

savetreesパッケージの目的は,できるだけ多くのテキストをLaTeXドキュメントの各ページにパックすることです.
このため,文書は魅力的ではありませんが文書の草稿の印刷時に用紙を節約する簡単な方法を提供します.
また,厳しいページ長の要件を満たす場合にも役立ちます.

省スペース(単語間のスペース,行間のスペースなどを詰める)機能のテクニックがルール化されており,
3つのオプション(後述)でコントロールできます.


1.1 インストール

必要に応じて,CTAN( https://ctan.org/pkg/savetrees )から
ダウンロードしてください.

TeXLive2017 などには標準でインストールされています.

1.2 マニュアル

コマンドラインから texdoc savetrees を実行するか,
上記に同梱の savetrees.pdf をお読み下さい.

§2 使い方

2.1プリアンブルに
  \usepackage [<options>] {savetrees}
  を記述します.

[<options>] は以下の通りです.

subtle  :すべての文書のレイアウトが保持され,LaTeX は必要なときだけ空白を挿入する.(微妙なスペース調整)
moderate :行間の間隔を減らします.また,段落のインデントも減らす.(中ぐらいのスペース調整)
extreme  :省スペーステクニックを最大限に有効にし,小さなタイトルとセクションフォントの使用,
       小さな書体の書式設定,ページ間のマージンを大幅に削減する.(極端なスペース調整:デフォルト)

§3 サンプル

(1)通常の文書ソースファイル(A.tex)と option[extreme]の文書ソースファイル(B.tex)

savetrees01.png


(2)コンパイル結果
savetrees02.png


●\usepackage[extreme,sections=normal]
 サブオプション sections=normal を付加すれば,セクションフォントはnormalsize となります.

●\usepackage[extreme,lists=normal]
 サブオプション lists=normal を付加すれば,リストは通常配置 となります.

その他のサブオプションはマニュアルを参照してください.

(EOF)
  1. 2017/10/09(月) 11:53:07|
  2. LaTeX Tools

[LaTeX] authoraftertitle --- \maketitle発行後に\authorなどが再利用できる

§1 はじめに

LaTeXコマンドの \author、\title および \dateは,現在の文書の著者,タイトルおよび日付を設定するために
よく使用されます.
設定されると,これらは\titlepageコマンドによってのみ使用され,それ以外の場合はアクセスできません.

authoraftertitleパッケージを使うと,どこでも \MyAuthor,\MyTitle,\MyDate として利用できます.

1.1 インストール

必要に応じて,CTAN( https://ctan.org/pkg/authoraftertitle )から
ダウンロードしてください.

TeXLiveには標準でインストールされています.

1.2 マニュアル

コマンドラインから texdoc authoraftertitle を実行するか,
上記に同梱の authoraftertitle.pdf をお読み下さい.

§2 使い方

2.1プリアンブルに
  \usepackage {authoraftertitle}
  を記述します.

2.2 コマンド

● \MyAuthor{...}
● \MyTitle{...}
● \MyDate{...}


§3 サンプル

authoraftertitle01.png


(EOF)
  1. 2017/10/04(水) 13:00:14|
  2. LaTeX Tools

[LaTeX] pdfreview --- 余白を付けたPDFファイルに注釈を付ける

§1 はじめに

pdfreviewパッケージは,オリジナルPDFを読み込んでコピーし,新しいPDFファイルのページ余白に
コメントを追加したり,例えば 原稿や評点報告書を閲覧するときに使用されます.
コメントなどは,単にテキストとして表示されます.オリジナルPDFには何の影響も与えません.

1.1 インストール

必要に応じて,CTAN( https://ctan.org/pkg/pdfreview )から
ダウンロードしてください.


1.2 マニュアル

コマンドラインから texdoc pdfreview を実行するか,
上記に同梱の pdfreview.pdf をお読み下さい.

§2 使い方

2.1プリアンブルに
  \usepackage {pdfreview}
  を記述します.

2.2 コマンド・環境

pdfreview00.png


§3 サンプル

(1)オリジナルPDFとなるソースファイル(jalip.tex)は次の通りです.
   (lualatex でコンパイルすると,jalip.pdf が得られます.)

■■■■■■■■■■■ jalip.tex ■■■■■■■
\documentclass[twocolumn]{ltjsarticle}
\usepackage{bxjalipsum}
\parindent0pt
%
\begin{document}
\section*{吾輩は猫である}
\jalipsum[1-5]{wagahai}
\end{document}
■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■


(2)上記の jalip.pdf を pdfreview.sty で取り込みコメントなどを書き込みます.
   (lualatex でコンパイルすると,コメント付きの新しいPDF(new.pdf)が得られます. )

■■■■■■■■■■■ new.tex ■■■■■■■■
\documentclass{ltjsarticle}
\usepackage[
sourcedoc=jalip.pdf, % レビュー中のPDF文書を宣言する
grid=true, % マージンノートのヘルプラインを描画する(完成したらfalseに設定する)
bodywidth=0.66, % ソースドキュメントページの幅を\textwidthの倍率として設定する
twocolumn=true, % 両サイドに余白を置く
trim=2cm, % ソース文書のすべてのページマージンをこの量だけトリミングする
]{pdfreview}
%
\begin{document}
\begin{page}{1} % 最初のページをマウントする
\begin{leftnotes} % メモを左の余白に書き込む
\cnote{88}{作者:夏目漱石} % ヘルプラインの中心にノートを配置88
\tnote{86}{what language?} % メモ上部を整列して配置86
\cnote{80}{日本語である} % ノートの中央を配置80
\end{leftnotes} % この点の後のノートは右マージンに入る
\cnote{88}{Title \par Iam a Cat}
\cnote{80}{英語教師 \par 珍野苦沙弥の猫}
\end{page}
% \begin{page}{2} % mount the next page
% \note{...}{...} etc.
\end{document}
■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■


(3)結果

pdfreview01.png



(EOF)
  1. 2017/10/01(日) 10:00:25|
  2. LaTeX Tools
次のページ