FC2ブログ

天地有情

[LaTeX] clrstrip --- コンテンツを全幅カラーストリップに配置する

§1 はじめに

clrstripパッケージは,カラーストリップ環境を提供し,
そのコンテンツ内容を全ページ幅のカラーストリップに配置します.

tcolorboxのようなパッケージは非常にきれいな出力を提供しますが,
このパッケージは100行以下のコードで単純化された外観になります.

1.1 インストール

必要に応じて,CTAN( https://ctan.org/pkg/clrstrip )から
ダウンロードしてください.

TeXLiveには標準でインストールされています.

1.2 マニュアル

コマンドラインから texdoc clrstrip を実行するか,

上記に同梱の clrstrip.pdf をお読み下さい.

§2 使い方

2.1プリアンブルに
  \usepackage {clrstrip}

  を記述します.

2.2 コマンド

● \begin{colorstrip}[<color model>]{<color>}[<key=value>]

この環境は\vboxの中にそのコンテンツを植字します.これは指定された<color>のストリップで
全ページ幅に渡っています.

<color model>と<color>は\colorに渡される引数です.
2番目のオプション引数<key = value>には,マニュアルに記載されているオプションのいずれかを
指定できます.

§3 サンプル

clrstrip01.png



■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■
\documentclass[a4paper]{jsarticle}
\usepackage{clrstrip}
\usepackage{xcolor}
\usepackage{bxjalipsum}
\usepackage{anyfontsize}
\parindent0pt
%
\begin{document}
\vspace*{-5cm}%
\begin{colorstrip}{blue!15}
[%
inner bot=1cm, outer bot=2cm,
inner top=5cm,
]
\centering
{\HUGE clrstrip package} \\[5mm]
{\Large 天地有情}
\end{colorstrip}

\section{吾輩は猫である}

\begin{colorstrip}{gray!15}[inner bot=2ex, inner top=2ex]
\jalipsum[1,3]{wagahai}
\end{colorstrip}

\jalipsum[4]{wagahai}

\begin{colorstrip}{red!6}
\jalipsum[6]{wagahai}
\end{colorstrip}
\end{document}
■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■


(EOF)
スポンサーサイト
  1. 2019/02/19(火) 14:52:51|
  2. LaTeX Tools

[LaTeX] pst-venn --- ベン図を描画するためのPSTricksパッケージ

§1 はじめに

pst-vennは,3つの円でベン図を描くためのPSTricks関連パッケージです.

拙著ブログ  Veen --- Venn図で遊ぼう! もご一読ください.



1.1 インストール

必要に応じて,CTAN( https://ctan.org/pkg/pst-venn )から
ダウンロードしてください.

TeXLive/W32TeX などには標準でインストールされています.


1.2 マニュアル

コマンドラインから texdoc pst-venn を実行するか,
上記に同梱の pst-venn.pdf をお読み下さい.

§2 使い方

2.1プリアンブルに
  \usepackage {pst-venn}
  を記述します.

2.2 コマンド

● psVenn(#1)(#2)(#3){#4}{#5}
  
  #1,#2,#3 ------- 3つの円の各中心座標
  #4    ------- 3つの円の各半径
  #5    ------- 各エリアの色付け番号

§3 サンプル

(1)基本ベン図

pst-venn01.png


左側のベン図はデフォルトの形状,カラーです.
右側のベン図は bgcircle=false の指定で外周円なし.この他に,以下のオプション引数が指定できます.

・bgcolor=<color>:
・bgradius=<value[unit]>:
・fgcolor=<color>:
・vennfill=<style>:

詳細はマニュアルをご一読ください.


(注1)
以後のサンプルでは 黄染め背景部分 を書き換えください.
プリアンブル部はそのままにしておきます.

(注2)
コンパイルは次の通りです.

(1) latex foo.tex
(2) latex foo.tex
(3) dvips foo.dvi
(4) ps2pdf foo.ps foo.pdf



(2)各エリアを色付けする

3つの円の各領域には番号があります.この番号を指定して色付けできます.

pst-venn02.png



次は "2" および "1,2,3" のエリア番号を指定した例です.

ファイル名/タイトル



(EOF)

  1. 2019/02/12(火) 09:51:27|
  2. LaTeX Tools

[LaTeX] multicolrule --- 列間の縦罫線の装飾

§1 はじめに

multicolruleパッケージを使用すると,multicolumnテキストの列の間に表示される縦罫線の外観を
カスタマイズできます. 標準クラスによって提供されるtwocolumnオプションと\twocolumnマクロ,
さらにbidiパッケージ(XeTeX時)もサポートします.

1.1 インストール

必要に応じて,CTAN( https://ctan.org/pkg/multicolrule )から
ダウンロードしてください.

TeXLive には標準でインストールされています.

1.2 マニュアル

コマンドラインから texdoc muluticolrule を実行するか,
上記に同梱の muluticolrule.pdf をお読み下さい.

§2 使い方

2.1プリアンブルに
  \usepackage {muluticolrule}
  を記述します.

2.2 コマンド

■ \SetMCRule{<key-value list>}

multicolruleのメインユーザーコマンドは\SetMCRuleです。
設定したいすべてのオプションのキーと値のリストを含む1つのパラメータを取ります.
このコマンドは,プリアンブルまたはドキュメント本文で発行できます.

§3 サンプル

● XeLaTeX または Lualatex のいずれかでコンパイルします.
  以下のサンプルは lualatex でコンパイルしています.

● コンパイルは途中で中断されますので,下記の2件をあらかじめ一時的に応急措置しておきます.
  
  (a) ...\texmf-dist\tex\generic\pgf\frontendlayer下の tikz.code.tex の
      10行目をコメントアウトする.すなわち,
      % ProvidesPackageRCS[v\pgfversion] $Heder: ...... $

  (b) ...\texmf-dist\tex\generic\pgf\frontendlayer\libraries下の tikzlibrarytopaths.code の
      10行目をコメントアウトする.すなわち,
      % ProvidesFileRCS[v\pgfversion] $Heder: ...... $





muluticolrule001.png

muluticolrule002.png

muluticolrule003.png

muluticolrule004.png



■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■
\documentclass[lualatex,a5paper,8pt,ja=standard]{bxjsarticle}
\usepackage{fontspec}
\usepackage[tikz]{multicolrule}[2018/12/31]
\usepackage{bxjalipsum}
\usepackage{pgfornament}
\setlength{\columnsep}{24pt}
\setlength{\columnseprule}{.5pt}
\parindent0pt

\begin{document}
\subsection*{Works without Tikz}

\begin{multicols}{2}[Double (+ color)]
\SetMCRule{color=red,double=2pt}
\jalipsum[1-2]{wagahai}
\end{multicols}

\begin{multicols}{2}[Triple (+ color-model)]
\SetMCRule{triple=2pt,color-model=cmy,color={0.7,0.5,0.3}}
\jalipsum[1-2]{wagahai}
\end{multicols}

\newpage

\begin{multicols}{2}[Dots]
\SetMCRule{line-style=dots}
\jalipsum[1-2]{wagahai}
\end{multicols}

\subsection*{Tikz Only}
\begin{multicols}{2}[Circles]
\SetMCRule{width=3pt,line-style=circles}
\jalipsum[1-2]{wagahai}
\end{multicols}

\newpage

\begin{multicols}{2}[Solid Circles]
\SetMCRule{width=3pt,line-style=solid-circles}
\jalipsum[1-2]{wagahai}
\end{multicols}

\begin{multicols}{2}[Dash-Dot-Dot]
\SetMCRule{line-style=dash-dot-dot}
\jalipsum[1-2]{wagahai}
\end{multicols}

\newpage

\begin{multicols}{2}[Custom Line]
\SetMCRule{width=1pt,custom-line={\path (TOP) to [ornament=88] (BOT);}}
\jalipsum[1-2]{wagahai}
\end{multicols}
\end{document}
■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■


(EOF)
  1. 2019/02/02(土) 10:34:49|
  2. LaTeX Tools

[LaTeX] ducksay --- 指定されたメッセージから動物のASCIIアートを描く

§1 はじめに

ducksayパッケージは指定されたメッセージを言って動物のASCIIアートを描きます.

1.1 インストール

必要に応じて,CTAN から以下の3つをダウンロードしてください.

(1) ducksay  https://ctan.org/pkg/ducksay

(2)duckuments   https://ctan.org/pkg/duckuments

(3) grabbox   https://ctan.org/pkg/grabbox

TeXLive には標準でインストールされています.


1.2 マニュアル

コマンドラインから texdoc ducksay を実行するか,
上記に同梱の ducksay.pdf をお読み下さい.

§2 使い方

2.1プリアンブルに
  \usepackage {ducksay}
  \usepackage {duckuments}
  を記述します.

2.2 コマンド

以下のマクロが利用可能です.

- \ducksay [<オプション>] {<メッセージ>}
- \duckthink [<オプション>] {<メッセージ>}
- \DefaultAnimal {<animal>}
- \DucksayOptions {<オプション>}
- \AddAnimal(*){<name>} <ascii-art>


§3 サンプル

(注)ASCIIアートのサンプルがマニュアルに同梱の ducksay.aniamals.tex にあります.
   コピーして利用してください.
   ※ ASCIIアート(線画)はブログソース上では乱れて表示されますが,問題ありません.

(1)flog
   
ducksay01.png


■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■
\documentclass[border=2mm,preview]{standalone}
\usepackage{luatexja}
\usepackage{ducksay}[2018/09/21]
\DucksayOptions
{
,arg=box
,vpad=1
}

\usepackage{duckuments}
\usepackage{graphicx}

\AddAnimal{flog}%>>> マニュアルに同梱の ducksay.aniamals.tex からコピーする
{ \
\ (.)_(.)
_ ( _ ) _
/ \/`-----'\/ \
__\ ( ( ) ) /__
) /\ \._./ /\ (
)_/ /|\ /|\ \_(}%<<<

\begin{document}
\duckthink[flog]{げろげろ}
\end{document}
■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■

 
 
 
 

(2)yoda
   
ducksay02.png


■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■
\documentclass[border=2mm,preview]{standalone}
\usepackage{luatexja}
\usepackage{ducksay}[2018/09/21]
\DucksayOptions
{
,arg=box
,vpad=1
}

\usepackage{duckuments}
\usepackage{graphicx}

\AddAnimal[tail-count=3]{yoda-head}%>>> ducksay.aniamals.tex からコピーする
{ \
\ ____
\ _.' : `._
.-.'`. ; .'`.-.
__ / : ___\ ; /___ ; \ __
,'_ ""--.:__;".-.";: :".-.":__;.--"" _`,
:' `.t""--.. '<@.`;_ ',@>` ..--""j.' `;
`:-.._J '-.-'L__ `-- ' L_..-;'
"-.__ ; .-" "-. : __.-"
L ' /.------.\ ' J
"-. "--" .-"
__.l"-:_JL_;-";.__
.-j/'.; ;"""" / .'\"-.
.' /:`. : : /.".''; `.
.-" / ;`.". : ."." : "-.
.+"-. : : ".".". ."." ;-._ \}%<<<



\begin{document}
\duckthink[yoda-head]{Patience you must have my young padawan.}
\end{document}
■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■

 
 
 
 
(3)rabbit
   
ducksay03.png


■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■
\documentclass[border=2mm,preview]{standalone}
\usepackage{luatexja}
\usepackage{ducksay}[2018/09/21]
\DucksayOptions
{
,arg=box
,vpad=1
}

\usepackage{duckuments}
\usepackage{graphicx}

\AddAnimal[tail-symbol=s,tail-count=3]{rabbit}%ducksay.aniamals.tex からコピー
{ s / \`\ __
s | \ `\ /`/ \
s \_/`\ \-"-/` /\ \
| | \ |
(d b) \_/
/ \
,".|.'.\_/.'.|.",
/ /\' _|_ '/\ \
| / '-`"`-' \ |
| | | |
| \ \ / / |
\ \ \ / / /
`"`\ : /'"`
`""`""`}%<<<


\begin{document}
\duckthink[rabbit]{\includegraphics{rabbit}}
\ducksay[wd=10,msg-align=j,msg=\normalfont]{油断大敵\\カメに負けた}
\end{document}
■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■


コンパイルは lualatex で行います.


(EOF)

  1. 2019/01/21(月) 13:41:01|
  2. LaTeX Tools

[LaTeX] binarytree --- 二分木を描く

§1 はじめに

二分木(binary tree; 二進木、バイナリツリー)は,データ構造の1つです.根付き木構造の中で,
あるノード(節点 node)がもつ子の数が高々2であるものをいいます.
典型的には2つの子はそれぞれ「左」「右」と呼ばれます.たとえば、二分探索や二分ヒープを実装するために使われます.
 
binarytreeパッケージはTikZを使って二分木を描くための簡単だが柔軟なインターフェースを提供します.
これは,<l/r 移動>:<label>:<color>:<anchor>!という形式の「パス指定」を使用します.
パス指定とさまざまなオプションの設定によって,ツリーの各エッジのスタイルが決まります.

1.1 インストール

必要に応じて,CTAN( https://ctan.org/pkg/binarytree )から
ダウンロードしてください.

TeXLive/W32TeX には標準でインストールされています.

1.2 マニュアル

コマンドラインから texdoc binarytree を実行するか,
上記に同梱の binarytree.pdf をお読み下さい.

§2 使い方

2.1プリアンブルに
  \usepackage {binarytree}
  を記述します.

2.2 コマンド

\BinaryTree[<ローカルオプション>] {<パス指定>} {<深さ>}

\BinaryTreeは「パス指定」と最大ツリー「深さ」を表す数を受け入れます.


  ● <local options>は,オプションを設定する <key = value> の組をカンマで区切ったリストです.

  ● <パス指定>は
    <l/r 移動>:<ラベル>:<色>:<アンカー>!<l/r 移動>:<ラベル>:<色>:<アンカー>!    ....の形式です.
    複数のそのようなパスを,コンマで区切って指定できます.

  ● <l/r 移動>は,現在のノードの対応する(左または右の)子を訪問し,<色>でエッジを描画します.

  ● <label>は,サブパスの最初またはすべての子の、指定されたアンカーに配置されます。

    感嘆符の後のパスは最後の子から続きますが、コンマの後のパスは再びルートから始まります。

  ● <深さ>は,ツリーが描画される最大の深さです.この深さで止まります.
    この深さを超えて広がる移動はすべてエラーなしで無視されます.


§3 サンプル

簡単な例

オプションなしで(大きさ 11, 深さ 3)の例です.

binarytree.png


■■■■■■■■■■■■■■■■■■
\documentclass{standalone}
\usepackage{binarytree}
\begin{document}
\btreeset{math labels}
\begin{tikzpicture}
\BinaryTree{
:root!l:x!l:y!
l:\alpha,ll!r:\beta,lr!r:\gamma,
r:a!r:b!r:r,rr!l:s,rl!l:t}{3}
\end{tikzpicture}
\end{document}
■■■■■■■■■■■■■■■■■■

コンパイルは, pdflatex あるいは lualatex で実行します.


(EOF)
  1. 2019/01/13(日) 09:07:42|
  2. LaTeX Tools

[LaTeX] TikZlings --- かわいい動物や類似の生き物のコレクション

§1 はじめに

TikZlingsパッケージは,同一作者による TikZmarmotsパッケージ(http://konoyonohana.blog.fc2.com/blog-entry-488.html) の次の進化段階で,
さらなる動物とともにそれを拡張したものになっています.このパッケージは進行中です.

1.1 インストール

必要に応じて,CTAN( https://ctan.org/pkg/tikzlings )から
ダウンロードしてください.

TeXLive/W32TeX などには標準でインストールされています.

1.2 マニュアル

コマンドラインから texdoc tikzlings を実行するか,
上記に同梱の tikzlings.pdf をお読み下さい.

§2 使い方

2.1プリアンブルに
  \usepackage {tikzlings}
  を記述します.

2.2 コマンド

次のTikZlingsコマンドが含まれています.

\bear %(クマ), \coati %(ハナグマ), \koala %(コアラ), \marmot %(マーモット), \moles %(モグラ)
\mouse %(マウス), \owl %(フクロウ), \penguin %(ペンギン), \sloth %(ナマケモノ), \snowman %(雪だるま)

§3 サンプル

オプションで着色,着替え,3D,サイズ,などの付加ができます.
以下はオプションなしのデフォルトのサンプルです.

(1)ソースコード (main.tex)

■■■■■■■■■■■■■■■■■■■
\documentclass[a5paper]{ltjsarticle}
\input{preamble.tex}
%
\begin{document}
\begin{tcblisting}{title={Basic Bear:クマ}}
\begin{tikzpicture}
\bear
\end{tikzpicture}
\end{tcblisting}

\bigskip

\begin{tcblisting}{title={Basic Coati:ハナグマ}}
\begin{tikzpicture}
\coati
\end{tikzpicture}
\end{tcblisting}

\bigskip

\begin{tcblisting}{title={Basic Koala:コアラ}}
\begin{tikzpicture}
\koala
\end{tikzpicture}
\end{tcblisting}

\bigskip

\begin{tcblisting}{title={Basic Marmot:マーモット}}
\begin{tikzpicture}
\marmot
\end{tikzpicture}
\end{tcblisting}

\bigskip

\begin{tcblisting}{title={Basic Moles:モグラ}}
\begin{tikzpicture}
\moles
\end{tikzpicture}
\end{tcblisting}

\bigskip

\begin{tcblisting}{title={Basic Mouse:マウス}}
\begin{tikzpicture}
\mouse
\end{tikzpicture}
\end{tcblisting}

\bigskip

\begin{tcblisting}{title={Basic Owl:フクロウ}}
\begin{tikzpicture}
\owl
\end{tikzpicture}
\end{tcblisting}

\bigskip

\begin{tcblisting}{title={Basic Penguin:ペンギン}}
\begin{tikzpicture}
\penguin
\end{tikzpicture}
\end{tcblisting}

\bigskip

\begin{tcblisting}{title={Basic Sloth:ナマケモノ}}
\begin{tikzpicture}
\sloth
\end{tikzpicture}
\end{tcblisting}

\bigskip

\begin{tcblisting}{title={Basic Snowman:雪だるま}}
\begin{tikzpicture}
\snowman
\end{tikzpicture}
\end{tcblisting}
\end{document}
■■■■■■■■■■■■■■■■■■■
 
 
 
(2)preamble.tex

■■■■■■■■■■■■■■■■■■■
\usepackage{tikzlings}
\usepackage[most]{tcolorbox}
%
\usepackage{tikzlings-bears} %クマ
\usepackage{tikzlings-coatis} %ハナグマ
\usepackage{tikzlings-koalas} %コアラ
\usepackage{tikzlings-marmots} %マーモット(モルモット)
\usepackage{tikzlings-moles} %モグラ
\usepackage{tikzlings-mice} %マウス
\usepackage{tikzlings-owls} %フクロウ
\usepackage{tikzlings-penguins}%ペンギン
\usepackage{tikzlings-sloths} %ナマケモノ
\usepackage{tikzlings-snowmans}%雪だるま
%
\definecolor{duckblue}{RGB}{0,70,140}
\definecolor{marmotred}{RGB}{140,20,40}
%
\lstdefinestyle{marmotstyle}{%
language={[latex]TeX},
tabsize=2,
breaklines,
basicstyle=\footnotesize\ttfamily,
columns=fullflexible,
texcsstyle=*\color{duckblue}\bfseries,
keywordstyle=\color{red!60!black}\bfseries,
morekeywords={tikzpicture,scope,patterns,calc,pgfinterruptboundingbox},
moretexcs={marmot,path,definecolor,scalebox,foreach,node,draw,PassOptionsToPackage,%
usetikzlibrary,selectcolormodel,colorlet,includegraphics,tikzset,shade,duck},
}
%
\tcbset{%
colframe=marmotred,
arc=2mm,
fonttitle=\bfseries,
sidebyside,
listing options={style=marmotstyle},
center lower,
righthand width=5.5cm,
bottom=0pt,
top=0pt,
before lower={%
\setlength{\parskip}{0.5cm}%
\spaceskip=5\fontdimen2\font},
}
■■■■■■■■■■■■■■■■■■■


(3)コンパイル

   luajitlatex main.tex


(4)結果

tikzrings01A.png


tikzrings01B.png


tikzrings01C.png

 
 
(EOF)

  1. 2018/12/09(日) 09:49:50|
  2. LaTeX Tools

[LaTeX] topiclongtable --- 階層的にマージするセルでロングテーブルを拡張する

§1 はじめに

topiclongtableパッケージは,longtableを拡張してtopiclongtableを実装しています.
これは垂直に隣接するセルが同じ内容をもち,左側のセルがマージされている場合にのみマージされます.

典型的な使用例は,複数のページにまたがる表であり,階層的に構成されたトピックのリスト
(したがってパッケージ名)を含んでいます.

例:
topiclongtableマクロを使用するには,最初のカラム指定に "F"を,他のカラム指定に "T"を付加する
必要があります.プレフィックスは,topiclongtableマクロを含む最後の列に続く列でのみ省略できます.

topiclongtable01.png



1.1 インストール

必要に応じて,CTAN( https://ctan.org/pkg/topiclongtable )から
ダウンロードしてください.

TeXLiveには標準でインストールされています.

1.2 マニュアル

コマンドラインから texdoc topiclongtable を実行するか,
上記に同梱の topiclongtable.pdf をお読み下さい.

§2 使い方

2.1プリアンブルに
  \usepackage {topiclongtable}
  を記述します.

2.2 コマンド

● topiclongtable環境
 \begin{topiclongtable}{<column specification>}
  <cells specification>
 \end{topiclongtable}

   longtable の全ての機能が利用可能です.

● \Topic[<content>]
 これはパッケージのメインマクロです.セルのオプションの<content>をラップして、
 隣接するセルとマージできるようにすることができます.

● \TopicLine
 行の先頭で使用して,水平線を自動的に描画しマージされたセルを正しく考慮します.
 デフォルトでは,上部と下部に水平線が描画されません.longtableフッターとヘッダーを使用して
 簡単に描画することができます

● \TopicSetVPos{<vertical position specification>}
 \Topicセルの垂直位置を設定できます。
 水平位置指定は、 "b"(下)、 "c"(中央)、およびデフォルト "t"(上)です.

● \TopicSetWidth{<cell width specification>}
 \Topicセルの幅を設定できます.
 <cell>幅の指定は, "="(列の幅に適合する)とデフォルトの "*"(自然な内容の幅に適合)です.

§3 サンプル

topiclongtable02.png


(EOF)

  1. 2018/11/25(日) 09:25:08|
  2. LaTeX Tools

[LaTeX] cmdtrack --- 使用されているコマンドのチェック

§1 はじめに

cmdtrackパッケージは,ドキュメントプリアンブルで定義されたコマンドが実際にドキュメントのどこで
使用されているかどうかを支援します.

cmdtrackパッケージがドキュメントのプリアンブルにロードされた後,そのポイントとドキュメントの先頭との間の
すべての \newcommand がログに記録されます.同時に,コンソール画面にも表示されます.

\newcommand,\newenvironment,\newtheorem,\DeclareMathSymbol,\DeclareMathOperator
およびその変種で定義されたコマンドだけが記録されます.

\newcommandではなく \def で定義されている場合はコマンドは記録されません.

1.1 インストール

必要に応じて,CTAN( https://ctan.org/pkg/cmdtrack )から
ダウンロードしてください.

TeXLive には標準でインストールされています.

1.2 マニュアル

コマンドラインから texdoc cmdtrack を実行するか,
上記に同梱の cmdtrack.pdf をお読み下さい.

§2 使い方

2.1プリアンブルに
  \usepackage {cmdtrack}
  を記述します.

§3 サンプル

cmdtrack01.png


コンソール画面

=========================================
"年賀" was never used      ---\年賀は定義されているが使われていない
"whele" was used on line 11   ---\wheleはソース11行目で使用されている
"mipX" was used on line 16   ----mip環境はソース16行目で使用されている
"THE" was used on line 26    ---THE環境はソース26行目で使用されている
=========================================

(注) .logファイルにも同上が記録されます.


(EOF)

  1. 2018/11/07(水) 09:52:02|
  2. LaTeX Tools

[LaTeX] kvmap --- Karnaughマップを作成する

§1 はじめに

kvmapは,隣接する"1"のグルーピング化を含むKarnaughマップをタイプセットするための
ユーザフレンドリーな方法を提供しています.
このパッケージは,xparse(expl3),tikz,およびenvironに依存します.

Karnaughマップを描くのは珍しいことではなく,CTANですでにタイプされているパッケージを利用できるように
なっています.

拙著ブログでも,次が公開されています.

askmaps --- カルノー図を描く
karnaugh-map --- カルノーマップを最大6変数まで描画する
kvmacros --- カルノー図を描く

今回,提供される kvmap が最もやり易いと思われます.


1.1 インストール

必要に応じて,CTAN( https://ctan.org/pkg/kvmap )から
ダウンロードしてください.

TeXLive/W32TeX などには標準でインストールされています.

1.2 マニュアル

コマンドラインから texdoc kvmap を実行するか,
上記に同梱の kvmap.pdf をお読み下さい.

§2 使い方

2.1プリアンブルに
  \usepackage {kvmap}
  を記述します.

2.2 簡単な例

(1)\kvlist による方法

\kvlist{<width>}{<height>}{<1,0[,…]>}{<a,b[,…].>}

行列の幅と高さを指定し,要素を行単位で入力します.
最後の引数は,コンマで区切られた変数名のリストで構成されます.
それらは数式モードでタイプセットされています.

kvmap-HH01.png



(2)kvmatrix環境による方法

\begin{kvmatrix}{<a,b,c[,…]>}
<environment content>
\end{kvmatrix}


この環境は,表形式の環境と同様に行と列を入力する構造化された方法を
提供します.こちらの方が,推奨されています.


kvmap-HH02.png



(3)バンドル(グルーピング)

\bundle[<key-value pairs>]{<x1>}{<y1>}{<x2>}{<y2>}

このパッケージのもう1つの特徴は,少なくとも隣接する1または0(インプリカントとも呼ばれます)を視覚化する
長方形(グルーピング)を描く方法を \bundleコマンドで行います.

kvmap-HH03.png


\bundle は,2つのコーナーで指定された領域の周囲に矩形を描画します. オプションの invert はバンドルを
外側に開き、overlapmarginsは,エッジがマージンにどれだけ引き込まれるかを長さで指定します.
color を使用すると,境界線の色を変更することができ,reducepace によって,bumdle の幅を狭くするか広げるかを
指定できます.オプションの使い方については,下記のサンプルをご覧ください.


§3 サンプル

kvmap-HH04.png



\begin{kvmap}[<key-value pairs>]
<environment content>
\end{kvmap}

この環境は,最初の子要素としてkvmatrixまたは\kvlistをもつべきtikzpicutreへのインタフェースです.



(EOF)
  1. 2018/10/21(日) 17:02:27|
  2. LaTeX Tools

[LaTeX] bxtexlogo --- TeXファミィリの Logo 追加

§1 はじめに

hologoパッケージは,一般的なTeXファミリソフトウェアの多くの有用なロゴを出力することを可能にします.
しかし, \BibTeX の代わりに \hologo{BibTeX} と入力する必要があるので,そのインターフェースはちょっと
面倒です.(hologo.sty に関しては割愛)

bxtexlogoパッケージは,\BibTeXのような簡潔なコマンドとして,hologoが提供するいくつかの logo をインポート
することを可能にします.

さらに、bxtexlogoパッケージにはTeXファミリソフトウェアの logo が追加されていますが、そのほとんどが日本を中心に
人気があります.これらの logo は、hologoで提供されたものと同じ方法でインポートされます.

なお,同類のパッケージとして,拙著ブログ 「mflogo と metalogo -- TeX ロゴマーク」もご一読ください.
 


■ システム要件
・ TeX format: LaTeX.
・ TeX engine: Anything.

1.1 インストール

必要に応じて,CTAN( https://ctan.org/pkg/bxtexlogo )から
ダウンロードしてください.

TeXLive/W32TeX などには標準でインストールされています.

1.2 マニュアル

コマンドラインから texdoc bxtexlogo を実行するか,

上記に同梱の bxtexlogo.pdf をお読み下さい.


§2 使い方

2.1プリアンブルに
  \usepackage {bxtexlogo}

  を記述します.

2.2 インポート・コマンド

bxtexlogo でサポートされている logo の名前は、
「Primary Logos」(一般的なソフトウェア)と「Secondary Logos」(その他すべて)の
2つのクラスに分かれています.logo の分類と種類は マニュアルをご参照ください.

● Primary Logos
  Primary Logos を \bxtexlogoimport{*} で一括インポートすることができます.

● Secondary Logos
  Secondary Logos を \bxtexlogoimport{**} で一括インポートできます.

● Primary と Secondary の logo を使いたい場合は,\bxtexlogoimport{*,**} で一括インポートできます.


§3 サンプル

(logo はマニュアルからの抜粋です)

bxtexlogo01.png




\documentclass[uplatex,dvipdfmx,a4paper]{jsarticle}
\usepackage{graphicx}
\usepackage{bxtexlogo}
\bxtexlogoimport{*,**}
%
\begin{document}
\begin{tabular}{lllll}
\multicolumn{5}{l}{\bf “Primary” Logos} \\
\hline
\multicolumn{5}{l}{\bf (1-1) Logos provided by hologo} \\
\hline
\BibTeX & \ConTeXt & \LaTeXe & \LuaLaTeX & \pdfLaTeX \\
\XeLaTeX & \METAFONT & METAPOST & \TeX & \LyX \\
\hline\hline
\multicolumn{5}{l}{\bf (1-2) Logos provided by bxtexlogo} \\
\hline
\eupTeX & \pBibTeX & \JBibTeX & \upTeX & \upLaTeX \\
\pLaTeX & \pTeX & \TikZ & \upBibTeX & \upLaTeXe \\
\hline
\multicolumn{5}{l}{} \\[1cm]
\multicolumn{5}{l}{\bf “Secondary” Logos} \\
\hline
\multicolumn{5}{l}{\bf (2-1) Logos provided by hologo} \\
\hline
\LaTeXTeX & \PiCTeX & \SageTeX & \SLiTeX & \teTeX \\
\HanTheThanh & \KOMAScript & \NTS & \TTH & \\
\hline\hline
\multicolumn{5}{l}{\bf (2-2) Logos provided by bxtexlogo} \\
\hline
\HeVeA & \JLaTeX & \KaTeX & \KETpic & \LaTeXML \\
\logoLambda & \logoLamed & \logoOmega & \XyMTeX & \DVIPDFMx \\
\hline
\end{tabular}
\end{document}


(EOF)
  1. 2018/10/16(火) 14:24:32|
  2. LaTeX Tools
次のページ