天地有情

[XeLaTeX] 『源ノ明朝』を使ってみた

§1 はじめに

GoogleとAdobeの共同開発で日本語・中国語・韓国語に使えるオープンソースのフォント
「Noto Sans CJK」 あるいは 「源ノ角ゴシック」がすでに公開されています.

これと対をなす『源ノ明朝』が新たに公開されました.この記事は『源ノ明朝』の情報です.

1.1 インストール

必要に応じて,https://github.com/adobe-fonts/source-han-serif/tree/release などから
以下の 7ウエイト がダウンロードできます.

源ノ明朝 特細 SourceHanSerif-ExtraLight_0.otf
源ノ明朝 細字 SourceHanSerif-Light_0.otf
源ノ明朝 標準 SourceHanSerif-Regular.otf
源ノ明朝 中  SourceHanSerif-Medium_0.otf
源ノ明朝 中太 SourceHanSerif-SemiBold.otf
源ノ明朝 太字 SourceHanSerif-Bold.otf
源ノ明朝 極太 SourceHanSerif-Heavy.otf

ダウンロードしたら, Windowsの場合,C:\Windows\Fonts にインストールします.


§2 サンプル

フォントの確認は拙著ブログ:”『源ノ角ゴシック』を使ってみた”
http://konoyonohana.blog.fc2.com/blog-entry-117.html )も一読ください.

2.1 ソースファイル sample.tex

■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■
\documentclass[xelatex,a4paper,21pt,ja=standard,nomag]{bxjsarticle}
\usepackage{optional}
\newcommand{\ExplainOptions}{1=ExtraLt,2=Light,3=Regular,4=Medium,5=SemiBld,6=Bold,7=Heavy}
\AskOption
\opt{1}{\setjamainfont{SourceHanSerif-ExtraLight_0.otf}}
\opt{2}{\setjamainfont{SourceHanSerif-Light_0.otf}}
\opt{3}{\setjamainfont{SourceHanSerif-Regular.otf}}
\opt{4}{\setjamainfont{SourceHanSerif-Medium_0.otf}}
\opt{5}{\setjamainfont{SourceHanSerif-SemiBold.otf}}
\opt{6}{\setjamainfont{SourceHanSerif-Bold.otf}}
\opt{7}{\setjamainfont{SourceHanSerif-Heavy.otf}}
%
\begin{document}
吾輩は猫である.名前はまだ無い.
\end{document}
■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■

2.2 コンパイル(エンジンが xelatex の場合)

xelatex sample

【注意】コンパイル途中において,次のようにフォントを選択する必要があります.
    \UseOption= に 1~7のいずれか一つの番号を入力してリターンキーを押してください

コンソール画面:
====================================================================
1=ExtraLt,2=Light,3=Regular,4=Medium,5=SemiBld,6=Bold,7=Heavy
Specify which optional text to process:

\UseOption= 1~7を選択
====================================================================

2.3 コンパイルの結果
  正しくコンパイルできたら sample.pdf が生成されます.

  ここでは,1~7 を個々に実行し,それを一つにまとめ挙げたものを示します.

源ノ明朝



(EOF)
スポンサーサイト
  1. 2017/04/06(木) 09:38:31|
  2. XeLaTeX