天地有情

[KarnaughMap] Logic Minimizer によるカルノー図による論理式の簡単化

ブール代数の論理式を簡単化する方法として,いろいろな手法が存在します.
その一つに "カルノー図による論理式の簡単化" があり,これを本編で説明
します.

§1 ツール(フリーソフト)の入手について

下記の名称で検索し, Download してください.

● Logic Minimizer ( http://logic-minimizer.soft112.com/ )


§2 Logic Minimizer の概要

Download し,インストールすると,Desktop上にアイコンが表示され,クリックすると
以下の初期画面が表示されます.

LogicMin00.png


● 操作メニュー画面の説明

メニュー詳細は,"Help" メニュー(F1キー)を参照してください.

§3 いくつかの注意点

● カルノー図上の変数名と配置と座標

変数名:大文字あるいは小文字のアルファベットが一般的に用いられます.
    Logic Minimizer では,A~Z が使われます.

配置:変数名の配置は次の2通りがあります.4変数(A,B,C,D)の例を示します.

LogicMin01.png


第1図は,水平方向に変数 A,B を 垂直方向に C,D を配置しています.
第2図は,水平方向に変数 C,D を 垂直方向に A,B を配置しています.

勿論,いずれを利用しても,結果は同じになります.
Logic Minimizer では 第2図が使われています.

座標:左側あるいは上側から 00 → 01 → 11 → 10 → 00 → 01 → ....のように循環します.
   従って,どの座標から始まっても構いませんが通常, 00 から始まるようにしています.
   
  一般的に n変数のカルノ図表は 2^n 個のマス目からなり,各マス目には座標が付けられ
  隣接するマス目同士はハミング距離 が ``1'' であるように定められます.
  (マス目同士の座標の排他的論理和が ``1'' であればよい)

● Logic Minimizer における "否定" の表示

変数名にダッシュを付けて表示します.
A の否定 は A'  B の否定 は B'  C の否定 は C'  D の否定 は D'

● Logic Minimizer における "演算子"記号

OR(論理和) +
AND(論理積)* (通常は省略可)
XOR(排他的論理和) #

これらは,メニューの "Formula" をクリックすると表示されます.


§4 サンプル

(1)

lm01A.png


lm01B.png


lm01C.png



(2)

lm02A.png


lm02B.png



(3)

lm03A.png


lm03B.png



(4)

lm04A.png


lm04B.png


(EOF)
スポンサーサイト
  1. 2017/01/14(土) 06:24:17|
  2. KarnaughMap