FC2ブログ

天地有情

[LaTeX] pst-vectorian - 装飾品を描画する

§1 はじめに

パッケージはPSTricksを使用して装飾品を描画します.
psvectorian.styパッケージで提供される196個の装飾品の一覧はマニュアル示されています.
 
 
類似のパッケージとして,「pgfornament --- PGF/TikZによるベクトル装飾の描画」があります.ご一読ください.


1.1 インストール

必要に応じて,CTAN( https://ctan.org/pkg/pst-vectorian )から
ダウンロードしてください.

TeXLiveには標準でインストールされています.

1.2 マニュアル

コマンドラインから texdoc psvectorian を実行するか,
上記に同梱の psvectorian.pdf をお読み下さい.

§2 使い方

2.1プリアンブルに
  \usepackage {psvectorian}
  を記述します.

2.2 コマンド

点(x,y)でのパターン(装飾品)の表示は,次のようにpstricksのマクロ \rput を使って行われます.

● \rput[refpoint]{angle}(x,y){\psvectorian[options]{number}}

  マクロ \psvectorian[options]{number} は要求された number に対応するパターンを描きます.
  numberは1から196の間でなければなりません.
 
● options

・scale=<スケール>  0から1の間の数値(デフォルトは1)
・opacity=<番号>  不透明度は,0から1の間の数値(デフォルトは1)
・width = <数値+単位> 幅を指定.高さが指定されていない場合は,比率が保持される.
・height= <数値+単位> 高さを指定.幅が指定されていない場合,比率は保持される.
・color = <色> パターンの色を設定する.
        デフォルトでは,色は\psvectorianDefaultColorマクロで定義されている.
        このマクロはユーザーが再定義できます.パッケージをロードするときには黒色.
・flip=<真/偽> 実際には,パターンは軸対称であり、軸は水平で,バウンディングボックスの中心を通る.
        デフォルト値はfalse.
・mirror=<真/偽> 実際には,パターンは軸対称であり、軸は垂直で、境界ボックスの中心を通る.
         デフォルト値はfalseです。

§3 サンプル

コンパイル:
(a) platex foo.tex
(b) dvips foo.dvi
(c) ps2pdf foo.ps foo.pdf



(1)

psvectorian01.png




(2)

psvectorian02.png




(3)

psvectorian03.png





(EOF)
スポンサーサイト
  1. 2019/06/15(土) 08:54:06|
  2. LaTeX Tools

[LaTeX] intopdf --- ハイパーリンクを使用してPDF以外のファイルをPDFに埋込む

§1 はじめに

intopdfパッケージは,あなたのPDF文書に任意のファイルを添付して本文から
それにリンクすることを可能にするコマンド \attachandlink を定義します.
エンジンpdflatex と lualatex がサポートされています.


1.1 インストール

必要に応じて,CTAN( https://ctan.org/pkg/intopdf )から
ダウンロードしてください.

TeXLiveには標準でインストールされています.

1.2 マニュアル

コマンドラインから texdoc intopdf を実行するか,
上記に同梱の intopdf.pdf をお読み下さい.

§2 使い方

2.1プリアンブルに
  \usepackage {intopdf}
  を記述します.

2.2 コマンド

● \attachandlink [<filespec>] {<filename>} [<mime-type>] %
         {<Description>} {<link text>}


  テキスト<link text>が挿入され、ドキュメントに添付されているファイル<filename>にリンクします.

  * <Description>はファイルの説明である必要があり,添付ファイルのセクション
   および場合によってはマウスオーバーツールチップにPDFビューアによって表示されます.

  * <MIMEタイプ>は<ファイル名>のMIMEタイプである必要があります.


  * <filespec>を使用して,PDFビューアに表示されるファイル名を指定することができます.
   これが指定されていない場合は,デフォルトの<ファイル名>になります.


§3 サンプル

(1)ソースファイル (intopdf01.tex)

■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■
\documentclass[a4paper,12pt]{ltjsarticle}
\usepackage{intopdf}
\begin{document}
jsclasses.pdfのマニュアルは,
\attachandlink{C:/w32tex/share/texmf-dist/tex/platex/jsclasses/jsclasses.pdf}[jsclasses]%
{Japanese new document class}{ここに}添付されています.
\end{document}
■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■

(2)コンパイル

luajitlatex intopdf01.tex (2回繰り返す)

(3)結果

   コンパイル結果,intopdf01.pdf が生成され,
   Acrobat Reader DC で開いた結果です.(PDFビュアーによっては,表示が異なる場合があります.)

===============================================
intopdf01.png
===============================================


● {ここに}にマウスオーバーすると,{Japanese new document class}が表示されます.

● {ここに}をダブルクリックすると,jsclasses.pdfのマニュアルが表示されます.(表示は割愛します)


(EOF)

  1. 2019/06/07(金) 11:45:13|
  2. LaTeX Tools

[LaTeX] adigraph --- 有向グラフの作成

§1 はじめに

adigraphパッケージは,拡張有向グラフを簡単に描く手段を提供します.

類似のパッケージとして,"graphviz --- LaTeX文書の中にgraphviz(dot / neato)グラフを描く" もお読みください.


1.1 インストール

必要に応じて,CTAN( https://ctan.org/pkg/adigraph )から
ダウンロードしてください.

TeXLive/W32TeX などには標準でインストールされています.

1.2 マニュアル

コマンドラインから texdoc adigraph を実行するか,
上記に同梱の adigraph.pdf をお読み下さい.

§2 使い方

2.1プリアンブルに
  \usepackage {adigraph}
  を記述します.

2.2 コマンド

● グラフ生成宣言

  \NewAdigraph{グラフ名}{
    ノード名と配置仕様(x,y指定);}{
    ノード間接続仕様;
    }
  
● グラフ出力宣言

  \グラフ名{ }

● 簡単な例

adigraph00.png



§3 サンプル

例1:

adigraph01.png



例2:

adigraph02.png




例3:

adigraph03.png




例4:

adigraph04.png



(EOF)

  1. 2019/06/01(土) 08:52:00|
  2. LaTeX Tools

[LaTeX] stabular --- Multipage tabular

§1 はじめに

目的:改ページを許可して表形式環境を改善します.

類似のパッケージとして,「bigtabular --- ページ境界で分割可能」もご一読ください.



1.1 インストール

必要に応じて,CTAN( https://ctan.org/pkg/stabular )から
ダウンロードしてください.

stabularパッケージはsttoolsバンドルの一部です.
TeXLive/W32TeX などには標準でインストールされています.

1.2 マニュアル

コマンドラインから texdoc stabular を実行するか,
上記に同梱の stabular.pdf をお読み下さい.

§2 使い方

2.1プリアンブルに
  \usepackage {stabular}
  を記述します.

2.2 コマンド

改ページを行うには、\\コマンドの後に \noalign{\eject} を挿入するだけです.


§3 サンプル

stabular01.png


 
 
■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■
\documentclass[a4paper]{jsarticle}
\usepackage{stabular}
\pagestyle{empty}
%
\begin{document}
\vspace*{14cm}
\begin{stabular}{|l|l|l|l|}
\hline
001 & 神武天皇 & 002 & 綏靖天皇 \\
003 & 安寧天皇 & 004 & 懿徳天皇 \\
005 & 孝昭天皇 & 006 & 孝安天皇 \\
007 & 孝霊天皇 & 008 & 孝元天皇 \\
009 & 開化天皇 & 010 & 崇神天皇 \\
011 & 垂仁天皇 & 012 & 景行天皇 \\
013 & 成務天皇 & 014 & 仲哀天皇 \\
015 & 応神天皇 & 016 & 仁徳天皇 \\
017 & 履中天皇 & 018 & 反正天皇 \\
019 & 允恭天皇 & 020 & 安康天皇 \\
021 & 雄略天皇 & 022 & 清寧天皇 \\
023 & 顕宗天皇 & 024 & 仁賢天皇 \\
025 & 武烈天皇 & 026 & 継体天皇 \\
\noalign{\eject} % 改頁コマンド
027 & 安閑天皇 & 028 & 宣化天皇 \\
029 & 欽明天皇 & 030 & 敏達天皇 \\
031 & 用明天皇 & 032 & 崇峻天皇 \\
033 & 推古天皇 & 034 & 舒明天皇 \\
035 & 皇極天皇 & 036 & 孝徳天皇 \\
037 & 斉明天皇 & 038 & 天智天皇 \\
039 & 弘文天皇 & 040 & 天武天皇 \\
041 & 持統天皇 & 042 & 文武天皇 \\
043 & 元明天皇 & 044 & 元正天皇 \\
045 & 聖武天皇 & 046 & 孝謙天皇 \\
047 & 淳仁天皇 & 048 & 称徳天皇 \\
049 & 光仁天皇 & 050 & 桓武天皇 \\
051 & 平城天皇 & 052 & 嵯峨天皇 \\
053 & 淳和天皇 & 054 & 仁明天皇 \\
055 & 文徳天皇 & 056 & 清和天皇 \\
057 & 陽成天皇 & 058 & 光孝天皇 \\
\hline
\end{stabular}
\end{document}
■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■


(EOF)

  1. 2019/05/19(日) 13:45:13|
  2. LaTeX Tools

[LaTeX] rulerbox - 箱の周りに定規を描く

§1 はじめに

rulerboxは箱の周りに定規を描くためのLaTeXパッケージです.マクロ \rulerbox を提供します.
これは,電子文書で何かの絶対サイズを表示したり,印刷物で相対的な縮尺を指定したりするときに便利です.

1.1 インストール

必要に応じて,CTAN( https://ctan.org/pkg/rulerbox )から
ダウンロードしてください.

TeXLive には標準でインストールされています.


1.2 マニュアル

コマンドラインから texdoc rulerbox を実行するか,
上記に同梱の rulerbox.pdf をお読み下さい.

§2 使い方

2.1プリアンブルに
  \usepackage {rulerbox}
  を記述します.

2.2 コマンド

● \rulerbox [<edges>] {<content>}
はオプションのパラメータも受け付け,ルーラで装飾するエッジを指定します.
  「<edges>」は,それぞれ上端,下端,左端,右端を制御する,t, b, l, r の任意のサブセットです.

・ \rulerunit:定規の最小数,つまり定規内の隣接する目盛り間の距離.デフォルトは1mm.
・ \rulersep:ボックスの端と定規の間の距離.デフォルトは3pt.
・ \rulerwidth:定規の最長 tickの長さ. デフォルトは7pt.
・ \rtickrule:定規の tick lines の幅.デフォルトは0.4pt.



§3 サンプル
rulerbox01.png


(EOF)
  1. 2019/05/14(火) 05:55:27|
  2. LaTeX Tools
次のページ