FC2ブログ

天地有情

[LaTeX] bearwear --- クマをドレスアップ

§1 はじめに

動物や類似の生き物のコレクションです.
類似のパッケージとして,以下の拙著ブログがあります.併せてご参照ください.

● tikzduks     アヒルを使用するための楽しいパッケージ

● tikzmarmots   TikZでモルモットを描く楽しいパッケージ

● TikZlings     かわいい動物や類似の生き物のコレクション


1.1 インストール

必要に応じて,CTAN( https://ctan.org/pkg/bearwear )から
ダウンロードしてください.

TeXLive には標準でインストールされています.

1.2 マニュアル

コマンドラインから texdoc bearwear を実行するか,
上記に同梱の bearwear.pdf をお読み下さい.

§2 使い方

2.1プリアンブルに
  \usepackage {bearwear}
  を記述します.


§3 サンプル

以下のサンプルのコンパイルは,すべて pdflatex xxx.tex とします.

(1)LaTeX文書の”ひな形”を示します.

■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■
\documentclass[a5paper]{scrartcl} %{article}可
\usepackage[T1]{fontenc}
\usepackage[svgnames]{xcolor}
\usepackage{tikzlings}
\usepackage[most]{tcolorbox}
\usepackage{xspace}
\usepackage{bearwear}

\begin{document}
\begin{tcblisting}{%
bicolor,colback=yellow!10,colframe=yellow!50!black,
colbacklower=white,center lower}
  
  ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
  ここに \tikz文 を記述します.
  ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
  
\end{tcblisting}
\end{document}
■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■


【例1】

bearwear01.png




【例2】

bearwear02.png




【例3】

bearwear03.png




【例4】

bearwear04.png




【例5】

bearwear05.png





(EOF)

  1. 2020/03/28(土) 12:40:32|
  2. LaTeX Tools

[LaTeX] pst-geometrictools --- 幾何学的ツールを描画するためのPSTricksパッケージ

§1 はじめに

このPSTricksパッケージ pst-geometrictools は,分度器,定規,コンパス,鉛筆 を
ユーザーの希望に合わせてセットアップするためのカスタマイズ可能なオプションを提供します.

いくつかの幾何学ツールは事前定義されており,すぐに使用できます.
幾何学ツールは,必要に応じて,拡大縮小,回転,配置,色付け,ラベル付けを
行うことができます.

以下の4つの主要なコマンドが用意されています.
● \psProtractor 分度器
● \psRuler    定規
● \psCompass コンパス
● \psPencil   鉛筆


1.1 インストール

必要に応じて,CTAN( https://ctan.org/pkg/pst-geometrictools )から
ダウンロードしてください.

TeXLive/W32TeX などには標準でインストールされています.

1.2 マニュアル

コマンドラインから texdoc pst-geometrictools-doc を実行するか,
上記に同梱の pst-geometrictools-doc .pdf をお読み下さい.

§2 使い方

2.1プリアンブルに
  \usepackage {pst-geometrictools }
  を記述します.

§3 書式例

■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■
\documentclass[
11pt,
DIV12,
oneside,
dvipsnames,
svgnames,
x11names,
]{scrarticle}
\usepackage[T1]{fontenc}
\usepackage{pst-geometrictools}
\usepackage{xcolor}
\usepackage{showexpl}
\lstset{explpreset={pos=t,width=-99pt,overhang=0pt,hsep=\columnsep,%
vsep=\bigskipamount,rframe={}}}
%
\begin{document}
\begin{LTXexample}

===ここに以下に示すサンプルの例題を記述する===

\end{LTXexample}
\end{document}
■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■


§4 サンプル

【コンパイル手順】

(a) platex %1.tex (または latex %1.tex)
(b) platex %1.tex (または latex %1.tex)
(c) dvips %1.dvi
(d) ps2pdf %1.ps %1.pdf

【参考】 バッチファイル(exec.cmd)の記載例を示します.

    --------------------------
    @echo off
    platex %1.tex
    platex %1.tex
    dvips %1.dvi
    call ps2pdf %1.ps %1.pdf
    del %1.log %1.aux %1.dvi %1.tmp %1.ps    (不要と思われるファイルは削除する)
    --------------------------
    (実行は exec ファイル名(%1))

(注)以下のサンプルはマニュアル記載のものに準拠しています.
   コマンドやパラメータなどはマニュアルを参照願います.


(1)例題1

pst-geometry-tools01.png


(2)例題2

pst-geometry-tools02.png


(3)例題3


pst-geometry-tools03.png



(4)例題4


pst-geometry-tools04.png




(EOF)
  1. 2020/03/20(金) 10:59:30|
  2. LaTeX Tools

[LaTeX] breqn --- 表示された方程式の自動改行

§1 はじめに

このパッケージは,表示された方程式の自動改行をサポートします.

類似のパッケージとして,拙著ブログ "autobreak --- 長い数式を自動改行する" もお読み下さい.



1.1 インストール

必要に応じて,CTAN( https://ctan.org/pkg/breqn )から
ダウンロードしてください.

TeXLive/W32TeX などには標準でインストールされています.

1.2 マニュアル

コマンドラインから texdoc breqn を実行するか,
上記に同梱の breqn.pdf をお読み下さい.

§2 使い方

2.1プリアンブルに
  \usepackage {breqn}
  を記述します.
  
  デフォルトでは,breqnはComputer Modernをサポートしてロードしますが,
  別の数学パッケージを使用する場合は,breqnの前にロードする必要があります.
  

2.2 コマンド

● \begin{dmath}[options]~\end{dmath}  自動改行と数式番号をサポートします.
● \begin{dmath*}[options]~\end{dmath*} 自動改行をサポートします.(数式番号なし)
  [options]については,サンプルをご覧下さい.
 
● \begin{dgroup}~\end{dgroup}  dmath, dmath* 環境をラップし,各方程式にはグループ番号が付けられます.
● \begin{dgroup*}~\end{dgroup*} group の番号なしです.

  「subequations」スタイルの番号付け,つまり(3a),(3b),(3c),...のようなものに自動的に切り替わります.

この他にもありますが,現時点では,不完全(未実装)のようです.
一部のオプションはすべての環境で意味がありませんが,オプションが適用できない場所で使用された場合,
エラーとして扱われるのではなく,静かに無視されます.
 
 
§3 サンプル

3.1書式

■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■
\documentclass[a4paper,12pt,dvipdfmx,nomag]{jsarticle}
\usepackage[T1]{fontenc}
\usepackage{newtxmath,newtxtext}
\usepackage{breqn}
%
\begin{document}

  ===ここに以下に示すサンプルの例題を記述する===

\end{document}
■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■

(1)dmath* の例:

breqn01.png



(2)dmath*[frame={2pt},framesep={2pt}]オプション付きの例:

breqn02.png



(3)dmath*[compact]オプション付きの例:

breqn03.png


(4)dgroup, dmath, dsuspend の例:

breqn04.png


(5)複雑な長い式の例:


breqn05.png


(6)単純な長い式の例:

breqn06.png


(EOF)
  1. 2020/03/05(木) 09:47:54|
  2. LaTeX Tools

[LaTeX] voss-mathcol –-- 色付きでの組版数学

§1 はじめに

マニュアルは独語ですが,ほとんどのLaTeXプログラマーは,独語を理解していなくても,
以下の ”サンプル”に示されているLaTeXコーディング例と結果を達成することができます.

なお,類似のパッケージとして,拙著ブログ(hf-tikz --- 数式と数式部分を簡単にハイライトする方法)も
併せて,御一読ください.


1.1 インストール

必要に応じて,CTAN( https://ctan.org/pkg/voss-mathcol )から
ダウンロードしてください.ただし,.sty はありません.mathCol.pdfのみ.


1.2 マニュアル

上記に同梱の mathCol.pdf をお読み下さい.


§2 使い方

基本的に,よく知られているカラーパッケージ以外に必要なものはありません.
これは,黒,赤,緑,青,シアン,マゼンタ,黄色,そしてもちろん白の定義済みの色を提供します.
その他は,\definecolorコマンドを使用して再定義できます.

使用するLaTeXコマンドは,\textcolor, \colorbox, \fcolorbox, \color などです.


§3 サンプル

3.1書式
■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■
\documentclass[a4paper,12pt,dvipdfmx,nomag]{jsarticle}
\usepackage{lmodern}
\usepackage[T1]{fontenc}
\usepackage{newtxmath,newtxtext}
\usepackage{empheq}
\usepackage{amscd}
\usepackage{color}
\usepackage{framed}
\definecolor{shadecolor}{rgb}{1.0, 0.75, 0.0}
\usepackage{calc}
\usepackage{anyfontsize}
%
\begin{document}

  ===ここに以下のサンプルに示す例題を記述する===

\end{document}

■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■

以下に例題を示します.(マニュアル mathCol.pdf 記載の例題に準拠しています)


(1)\textcolorによる数式の個々の部分を着色する例

mathcol01.png
 
--------------------------------------------
\begin{align}
2\int_1^2 \textcolor{red}{\frac{1}{x^2}}\,dx&= 0.5
\end{align}
--------------------------------------------

(2)インラインモードでは、数式全体を簡単な方法で着色する例

mathcol02.png


--------------------------------------------
$\textcolor{magenta}{c^2=a^2+b^2}$
--------------------------------------------

(3)\colorboxおよび\fcolorboxはテキストモードのパラメーターを想定しているため,
   これらのマクロが数学環境で使用される場合は数学モードを再アクティブ化する必要がある.

mathcol03.png


--------------------------------------------
\def\xstrut{\vphantom{\frac{(A)^1}{(B)^1}}}
\begin{equation}
E=%
\colorbox{yellow}{$\xstrut a_vA$} +
\colorbox{magenta}{$\xstrut -a_fA^{2/3}$} +
\colorbox{green}{$\xstrut -a_c\frac{Z(Z-1)}{A^{1/3}}$} +
\colorbox{cyan}{$\xstrut -a_s\frac{(A-2Z)^2}{A}$} +
\colorbox{yellow}{$\xstrut E_p$}
\end{equation}
--------------------------------------------

(4)別の色へのグローバル切り替えは,\color コマンドを使用して行われる.
   このコマンドは,指定された方程式の先頭に単に配置される.

mathcol04A.png



--------------------------------------------
\[
\color{magenta}
\left(\prod^n_{\,j=1}\hat{x}_j\right)H_c=%
\frac{1}{2}\hat{k}_{ij}\det\widehat{\mathbf{K}}(i|i)
\]
--------------------------------------------

mathcol04B.png


--------------------------------------------
\begin{align}
\color{blue}
\begin{CD}
R\times S\times T @>\text{restriction}>>S\times T\\
@VprojVV @VVprojV \\
R\times S @<<\text{\textcolor{red}{inclusion}}< S
\end{CD}
\end{align}
--------------------------------------------

(5)カラーボックス
   \colorboxと\fcolorboxのマクロ
   テキストモードから,\colorboxと\fcolorboxのマクロは既知であり,数学モードにも転送できる.
mathcol05.png


--------------------------------------------
\colorbox{yellow}{$x_{n+1}\leftarrow x_n^2+c$}
--------------------------------------------

\bigskip

--------------------------------------------
\fcolorbox{red}{yellow}{$x_{n+1}\leftarrow x_n^2+c$}
--------------------------------------------



(6)数式番号を含む定式化された数式を色付けする場合
   parboxにパックする必要もあります.

mathcol06.png


--------------------------------------------
\colorbox{magenta}{%
\parbox{\linewidth-2\fboxsep}{%
\begin{align*}
\frac{I(\alpha)}{I_{0}}=%
\begin{cases}
\sqrt{1-\frac{\alpha}{\pi}+\frac{1}{2\pi}\sin 2\alpha}
& \varphi=0 \\[0.4cm]
\sqrt{2\left(1-\frac{\alpha}{\pi}\right)\left(2+%
\cos 2\alpha \right)+\frac{3}{\pi}\sin 2\alpha}
& \varphi=\frac{\pi}{2}
\end{cases}
\end{align*}%
}}
--------------------------------------------

(7)パッケージempheq
   一方,方程式番号がなく,実際に必要な領域の数式のみに色を付けたい場合は,
   現時点では不明であるparboxを定義するときにその幅を知る必要があるという問題があります.
   ここで,ボックスの幅を決定するタスクを実行するパッケージempheq を使用すると,
   方程式番号が表示されるかどうかに関係なく,このパッケージでもこれを実行できます.


mathcol07.png


--------------------------------------------
\begin{empheq}[box=\fcolorbox{blue}{cyan}]{align*}
x(t) & =\frac{a\left(t^{2}-1\right)}{t^2+1}\\
y(t) & =\frac{at\left(t^{2}-1\right)}{t^2+1}
\end{empheq}
--------------------------------------------




(8)framedパッケージ
   framedパッケージは,完全に色付けされた方程式にも使用できます.shadedされた環境を定義します.
   これは数学的な環境を簡単に包含することができます. framedの利点は,改ページをまたいで簡単に機能し,
   複数の異なる数学環境を含めることができることです.
   framedパッケージについては,拙著ブログ( framed --- 改ページ可能なフレームの生成 ) もお読み下さい.


mathcol08.png


--------------------------------------------
\begin{shaded}
\begin{align}
\underset{\mathcal{G}\quad}\iiint\!%
\left[u\nabla^{2}v+\left(\nabla u,\nabla v\right)\right]d^{3}V%
=\underset{\mathcal{S}\quad}\oiint u\frac{\partial v}{\partial n}d^{2}A \\
\underset{{\mathcal{G}\quad}}\iiint\!%
\left[u\nabla^{2}v-v\nabla^{2}u\right]d^{3}V%
=\underset{\mathcal{S}\quad}\oiint%
\left(u\frac{\partial v}{\partial n}-v\frac{\partial u}{\partial n}\right)d^{2}A
\end{align}
\end{shaded}
--------------------------------------------


(EOF)
  1. 2020/02/27(木) 10:08:53|
  2. LaTeX Tools
次のページ