天地有情

[LaTeX] graphbox --- graphicxオプションを拡張してグラフィックの配置を改善する

§1 はじめに

Graphboxパッケージは,標準グラフィックスLaTeX2εパッケージの拡張で,
\includegraphicsに追加のオプション引数を付加して"現在の位置"に対する
グラフィックスの配置を改善します.

1.1 インストール

必要に応じて,CTAN( http://www.ctan.org/pkg/graphbox )から
ダウンロードしてください.

1.2 マニュアル

コマンドラインから texdoc graphbox を実行するか,
上記に同梱の graphbox.pdf をお読み下さい.

§2 使い方

2.1プリアンブルに
  \usepackage {graphbox}
  を記述します.

2.2 コマンド

graphbox00.png


§3 サンプル

graphbox01.png


(EOF)
スポンサーサイト
  1. 2017/06/23(金) 09:52:27|
  2. LaTeX Tools

[LaTeX] keyfloat --- floatを生成するためのkey/valueインタフェースを提供する

§1 はじめに

keyfloatパッケージは,image,figures,任意の内容の文章などを作成するための
key/value形式のユーザーインターフェイスを提供します.

なお,LaTeX標準のfigure環境,table環境 を簡素化したもので,多くの修飾パラメータ
が用意されています.

1.1 インストール

必要に応じて,CTAN( http://www.ctan.org/pkg/keyfloat )から
ダウンロードしてください.

TeXLive/W32TeX などには標準でインストールされています.

1.2 マニュアル

コマンドラインから texdoc keyfloat を実行するか,
上記に同梱の keyfloat.pdf をお読み下さい.

§2 使い方

2.1プリアンブルに
  \usepackage {keyfloat}
  を記述します.

2.2 環境・コマンド

keyfloat00.png


§3 サンプル

(1)\keyfig---(1)

keyfloat01.png


(2)\keyfigbox

keyfloat02.png


(3)\keytab

keyfloat03.png


(4)keyfigure環境

keyfloat04.png


(5)keytable環境

keyfloat05.png


(6)\keyfig---(2)

keyfloat06.png


(7)keyflots環境

keyfloat07.png


(EOF)

  1. 2017/06/22(木) 08:48:59|
  2. LaTeX Tools

[LaTeX] bardiag --- 棒グラフを描画するためのLaTeXパッケージ

§1 はじめに

bardiagパッケージの主な目的,LaTeX で棒グラフの描画を可能にし,簡単にすることです.
bardiagパッケージは PSTricks に基づいています.

1.1 インストール

必要に応じて,CTAN( http://www.ctan.org/pkg/bardiag )から
ダウンロードしてください.

1.2 マニュアル

コマンドラインから texdoc bardiag を実行するか,
上記に同梱の bardiag.pdf をお読み下さい.

§2 使い方

2.1プリアンブルに
  \usepackage {bardiag}
  を記述します.

2.2 コマンド

bardiag00.png


§3 サンプル

サンプルのコンパイルは,以下の手順で実行してください.

(a) platex xxx[.tex]
(b) dvips xxx[.dvi]
(c) ps2pdf xxx[.ps] xxx[.pdf]


(1)標準的な棒グラフ

bardiag01.png


  \bardiagrambegin{diagwidth}{diagheight}{bottomheight}{dbar}{dx}{xunit}{yunit}
  
  diagwidth,diagheight,dbar,dx は長さではなく,実数です.
  それらは xunit と yunit を使って自動的に長さに変換されます.(図の拡大縮小が可能となる)
  bottomheight は長さを指定します.
  \bardigramend{xラベル}{yラベル}
  \baritem{caption}{value}{color} 色を使って高さの値のバーを描画し,
  その下にキャプションを表示します.
  \bitweenticks{value} 目盛り間隔を指定します.

  横向きのバーグラフにするには,
  \renewcommand{\bdorientation}{\bdhor} を付加します.
  
  カラーは bardaig.cfg で定義済みのものも利用できます.

(2)凡例を付加した棒グラフ

bardiag02.png


  凡例は
  \diagLegendbegin ~ \diagLegendend の間に \diagLegenditem を利用します.
  Legend の位置は \diagLegendbegin{Xupleft}{Yupleft}{width} の引数で決められます.

(3)項目をグループ化した棒グラフ

bardiag03.png


  グループ化は
  \subbaritem{caption}{value}{color}を使用して行われます.

(4)棒グラフの積み上げ

bardiag04A.png


bardiag04B.png


  \subtopbaritem を利用します.

(5)3Dフレームを作る

bardiag05.png


  フレームは,\frameTD を使用して3次元で行うことができます. ただし、デフォルト値は0ですが,
  \renewcommand{\frameTD}{1}
  で3Dフレームを強制することができます.

(6)棒グラフの3D
bardiag06.png


  \renewcommand{\ ActiveBarPrimitive}{\barTDRect}
  で 棒グラフの3D ができます.


(EOF)

  1. 2017/06/20(火) 09:51:22|
  2. LaTeX Tools

[LaTeX] longfbox --- 標準的なCSS属性を使用して"枠付きボックス"を作成する

§1 はじめに

longfboxパッケージには,標準のCSS属性を使用してカスタマイズできるフレーム付きボックスが
用意されています.

1.1 インストール

必要に応じて,CTAN( http://www.ctan.org/pkg/longfbox )から
ダウンロードしてください.

TeXLive/W32TeX などには標準でインストールされています.

1.2 マニュアル

コマンドラインから texdoc longfbox を実行するか,
上記に同梱の longfbox.pdf をお読み下さい.

§2 使い方

2.1プリアンブルに
  \usepackage {longfbox}
  を記述します.

2.2 コマンド・環境

 ● \lfbox[<options>]{<content>}
 
 ● \begin{longfbox}[<options>]]<content> ~ \end{longfbox}
 
 ● \newfboxstyle{<name>}{<options>}
   使用されるオプションを指定するために使用できる新しいスタイルを定義.
 
 ● \fboxset{<options>}
   現在のスコープに対してオプションを設定できる.
  
 ● <options>] は CSS属性(CSS 2.0対応) を指定する.
  (例)
  border-width=2pt,
  border-radius=15pt,
  border-top-left-radius=30pt,
  border-left-width=8pt,
  border-left-color=teal,
  border-right-style=double,
  border-style=dotted,
  margin-right=6em,
  padding=1.5em,
  background-color=floralwhite,
  background-clip=padding-box,
  

§3 サンプル

以下のサンプルは,次の手順でコンパイルします.

  a) platex filename.tex
  b) dvips filename.dvi
  c) ps2pdf filename.ps filename.pdf


(1)\lfbox の例

longfbox01.png


(2)longfbox環境 の例

longfbox02A.png



(3)CSS属性を利用した例

longfbox02B.png


(EOF)

  1. 2017/06/19(月) 07:39:14|
  2. LaTeX Tools

[LaTeX] cutwin --- パラグラフ内に窓を開け,その中に素材をタイプセット

§1 はじめに

cutwinパッケージは,段落からウィンドウを切り取り,ウィンドウ内にテキストやその他の素材をタイプセットする
機能があります. ウィンドウは矩形,または任意の形状です.

1.1 インストール

必要に応じて,CTAN( http://www.ctan.org/pkg/cutwin )から
ダウンロードしてください.

1.2 マニュアル

コマンドラインから texdoc cutwin を実行するか,
上記に同梱の cutwin.pdf をお読み下さい.

§2 使い方

2.1プリアンブルに
  \usepackage {cutwin}
  を記述します.

2.2 コマンド

cutwin00.png


§3 サンプル

※ 試行錯誤で繰り返し実行することがあるかもしれません.

(1)cutout環境でテキストを入力した例

cutwin01.png


windowはデフォルトでは center に配置されます.
右側に配置したければ,\opencutright を宣言します.((3)を参照)


(2)cutout環境で図形を入力した例

cutwin02.png


図形は picture環境となります.


(3)cutout環境で\opencutrightを使った例

cutwin03.png


windowの配置は右側になります.このとき, は無視されます.


(4)shapedcutout環境で任意図形を入力した例

cutwin04.png


\mycut で逆三角形になるようにカットアウトしています.


(EOF)
  1. 2017/06/16(金) 12:02:23|
  2. LaTeX Tools
次のページ